強力なコマンドライン インターフェースで、バッチやスクリプトから
サーバー上のファイルの圧縮/暗号、解凍/復号処理を自動化して、
安全なファイルの転送と保存を実現

Smartcrypt

Secure ZIP

PKZIP

開発ツール

SecureZIP® for Linux on System z

Linux On System z 向けデータ セキュリティ ソフトウェア

コスト削減のために、多くの企業がメインフレーム上の Linux にワークロードを移行しています。SecureZIP for Linux on System Z は、LPAR で直接インストールした Linux で、または z/VM 下で起動する Linux で機密情報を圧縮し、保護します。実績ある ZIP 技術を使用して、企業内外を問わず、対応する OS 間で効果的にデータを移動できる相互運用性を確保します。

SecureZIP for Linux on System Z には、Standard Edition と Enterprise Edition があります。


主要なエンタープライズ向けのすべての OS 間でデータ交換が可能

Windows Desktop、Windows および UNIX/Linux サーバー、IBM i5/OS、および IBM z/OS を含む主要なエンタープライズ向けのすべての OS 間で圧縮および暗号化したデータの交換が可能です。


パスワード暗号、X.509 デジタル証明書または両方を使用してファイルを暗号化

アプリケーション統合

アプリケーション統合で、データを直接ストリーミングすることで、セキュアで効果的にデータ処理を向上します。


最大 95% ファイル サイズを縮小

ZIP 圧縮で、ファイルサイズを最大 95% 縮小し、処理時間、貴重なリソースおよびハードウェア ストレージのコストを削減できます。


SecureZIP Server Standard Edition のすべての機能に加え、以下の特長があります。

データ コントロール

マスター キー機能で、管理者はサーバー環境内で処理したデータにアクセスできます。


LDAP ディレクトリのサポート

LDAP ディレクトリのサポートで、Sun® Directory Server、Novell eDirectory® および Microsoft Active Directory® などの主要なディレクトリに保存したキーを自動的に検出、取得および使用します。


アプリケーション統合

アプリケーション統合でセキュリティと処理効率を改良し、データを直接アプリケーションの中と外へストリーム処理します。 暗号化したデータは、復号化したデータをディスクへ書き込まずに処理できます。処理後、データをストリーム処理し、ディスクへ書き込みをせずに暗号化ファイルへ戻すことができます。


入札案件、ご提案、製品選定のご相談はこちら