SecureZIP - ZIP ベースのデータセキュリティ ソリューション
データの通信路、保存などあらゆる局面でデータを強力に保護
メインフレームからサーバー、デスクトップまで主要なプラットフォームに対応

Smartcrypt

Secure ZIP

PKZIP

開発ツール

SecureZIP® for z/OS®

メインフレーム向け暗号化ソフトウェア

SecureZIP for z/OS は、ZIP の容易な運用に強度なセキュリティを統合し、企業内外でセンシティブな情報を保護します。

IBM zIIP サポートを追加した SecureZIP for z/OS v15 リリース!

データ センターで、SecureZIP for z/OS を使用して、データセットを保護し、EBCDIC から ASCII への自動変換で、メインフレームから IBM ミッドレンジ、UNIX、Linux、Windows サーバーおよび Windows デスクトップ間でシームレスにセキュアなファイル転送を実現できます。
SecureZIP for z/OS には、クリティカルな操作を迅速にするためのデータ センター向けのタイム セービング機能が含まれます。


主要なエンタープライズ向けのすべての OS 間でデータ交換が可能

Windows® Desktop、Windows および UNIX® /Linux® サーバー、IBM i® および IBM zSeries® を含む主要なエンタープライズ向けのすべての OS 間で圧縮および暗号化したデータの交換が可能です。


FIPS 140 準拠の暗号化

FIPS 140-2 準拠の暗号化ライブラリを使用して、コンプライアンスに対応。


拡張テープ処理

テープ メディアへのファイルの書き込みとテープ メディアからのファイルの展開に必要な時間を大幅に短縮します。ファイルを最初にディスクへ確保せずに、ファイルを直接テープ メディアへ書き込みます。


zIIP サポート

IBM zIIP (z Integrated Information Processors) へ処理をオフロードし、一般的な計算能力を開放し、選択したワークロードに対する計算処理の全体的なトータル コストを抑えることができます。


自己解凍形式の ZIP アーカイブ (SFX) の作成

自己解凍形式の ZIP アーカイブ (SFX) を作成して、Windows デスクトップでソフトウェアをインストールせずにファイルを開くことができます。

注意:

SFX (自己解凍) ファイルの作成機能は、社内使用に限られています。生成した SFX ファイルを商用で社外へ配布する場合には、別途、SFX 配布ライセンスが必要です。


システム統合

z/OSR 環境で、Windows または UNIX サーバー上の ZIP アーカイブ ファイルを読み書きするダイレクト アクセスを提供します。


ICSF 統合

ICSF (IBM Cryptographic Services Facility) を利用して、短時間でセンシティブなデータを保護し、一方で、ZIP 標準が持つクロス プラットフォームのデータ互換性を確保します。


最大 95% ファイル サイズを縮小

ZIP 圧縮で最大 95% ファイル サイズを縮小し、処理速度を短縮し、貴重なリソースを節約します。


IBM Protected Key 処理のサポート

クリア鍵暗号のパフォーマンス プロファイルとセキュア鍵の優れた秘密鍵保護を融合します。


SecureZIP for z/OS Standard Edition のすべての機能に加え、以下の特長があります。

証明書ベースの暗号化

X.509 デジタル証明書を使用してデータを暗号化; デジタル署名のサポートを活用します。


OpenPGP サポート

ビジネス パートナーが利用しているデータ セキュリティやコンピューティング プラットフォームに関わらず、パートナーと簡単にデータを共有できます。


アプリケーション統合

データをディスクに保存せずにアプリケーションから、またはアプリケーションへデータを直接ストリーム処理します。


データ コントロール

マスター キー機能で、管理者はメインフレーム環境内で処理したデータにアクセスできます。


SAF Enhanced Key Stores
  • 保護を署名 & 復号に使用、および Security Server Key Rings に配置した Private Key の保護。
  • IBM の SAF-controlled ICSF CKDS (Cryptographic Key Data Set) の Private Key の管理と使用をサポート。
  • 鍵の管理を改良 - 業界標準のキー ストアから複数のエンタープライズ アプリケーションで鍵を共有。ビジネス パートナーが利用しているデータ セキュリティやコンピューティング プラットフォームに関わらず、パートナーと簡単にデータを共有できます。

SAF-Secured Passphrase Management
  • 攻撃を受けた暗号パスワードを排除して、操作上のセキュリティを改良。
  • インストールした暗号コプロセッサでサポートするアルゴリズム用に SecureKey を操作。
  • Job の実行とは別にパスワードを管理。

Hardened Policy Lockdown
  • SAF を使用して厳格なセキュリティ コントロールを確立。
  • 製品のインストールと Job の実行でリソース コントロールを分離。
  • 暗号化したデータの復元および管理のためにマスター キー (Contingency Key) 処理の SAF を施行。
  • Security audit trail with SMF (System Management Facility) レコードでセキュリティ監査を試行。

アプリケーション統合

SecureZIP for z/OS のアプリケーション統合で、データをディスクに保存せずにアプリケーションから、またはアプリケーションへセンシティブなデータを直接処理します。アプリケーションが処理を終了すると、暗号化のためにデータを SecureZIP へストリームします - 繰り返しになりますが、保護されていないデータはディスクに保存されません。

他の多くの Job 処理は、SecureZIP のアプリケーション統合と異なり、必要に応じて、アプリケーションがアクセスできるようにデータを復号して保存し、保護されていない状態になる場合があります。データ処理が終了すると、アプリケーションは再度データをディスクに保存し、保護されていない状態のままになります。


アプリケーション統合の動作を確認してください »
zDiagram-web

入札案件、ご提案、製品選定のご相談はこちら