PCI DSS 事例

Smartcrypt

Secure ZIP

PKZIP

開発ツール

PCI DSS 事例

PCI DSS 対策に SecureZIP を使用した米国での事例紹介

PCI DSS とは、クレジットカード業界におけるカード情報セキュリティの国際基準ですが、米国ではクレジットカード業界に限らず多くの企業が PCI DSS を情報セキュリティ基準に採用しています。また、日本でも最近、PCI DSS への関心が高まっています。

この特集では、PCI DSS 対策に SecureZIP を使用した米国での事例を紹介します。

1. 金融サービス業の事例 - #1

RSA のデジタル証明書を使用して、PKI を実装し、セキュアな Email のやり取りを実現してセキュリティの強度を図る。 PCI DSS のコンプライアンスに準拠し、クレジット カード データを送信、処理および保存など、社内で複数の処理を行う際に、クレジット カード データを保護します。社内および社外の両方の複数のエンドポイントに対して、セキュアなデータ転送を実現します。記事全文はこちら

2. 小売業の事例 - #2

PCI DSS のコンプライアンスに準拠し、複数のサーバー間でセキュアなデータ転送を実現します。 一般的な ZIP データの互換性を持ち、パスワード ベースの暗号化とデジタル証明書ベースの暗号化の両方を一つのソリューションで実現します。記事全文はこちら

3. 金融サービス業の事例 - #3

PCI DSS のコンプライアンスに準拠し、サーバー上、バックアップ用のメディアのデータを暗号化することで、クレジット カード情報の漏洩のリスクを軽減します。ポリシー マネージャを使用して、全社的に統一した暗号化ポリシーの策定を実現します。記事全文はこちら

SecureZIP はフル機能を備えた無料体験版を提供しています。是非、評価版にてお試しください。 SecureZIPの評価版は、ここから無償でダウンロード可能です。



入札案件、ご提案、製品選定のご相談はこちら