TestComplete - 技術情報

 

各機能の設定方法の紹介

 

No 機能/目的 カテゴリー 内容
1 Region Checkpoint の利用方法について チェックポイント 操作中のスクリーンショットを取得して、画像による比較検証を行う機能の設定 ( 詳細はこちら )
2 Property Checkpoint の利用方法について チェックポイント 操作中のコントロールの情報を取得して、プロパティ値による比較検証を行う機能の設定 ( 詳細はこちら )
3 Data-Driven-Loop の利用方法について データドリブン 外部のデータソースから情報を取得して、テスト内で利用する機能の設定 ( 詳細はこちら )
4 変数の使用について 変数 テスト内で利用する変数の設定 ( 詳細はこちら )
5 再生時のプロパティの設定 プロパティ設定 再生時の動作の設定 ( 詳細はこちら )
6 変数の活用方法 変数 テストの再生時に取得した値を変数に格納し、テスト内で使用する設定 ( 詳細はこちら )
7 Name Mapping について Name Mapping テスト対象のオブジェクトを自動認識する機能に関する説明 ( 詳細はこちら )
8 Name Mapping テンプレート Name Mapping NameMapping に割り当てる情報の設定 ( 詳細はこちら )
9 Distributed Test(分散テスト) 分散テスト リモートデスクトップ経由で別のマシンに接続し、ホストマシンからテストを実行させる設定 ( 詳細はこちら )
10 If Object オペレーション 条件分岐 オブジェクトの状態(存在する場合など)によってシナリオの条件分岐を行う設定 ( 詳細はこちら )
11 Text Recognition (文字認識) オブジェクト認識 サポートされていないオブジェクト内のテキストを認識するための設定 ( 詳細はこちら )
12 エラー発生時の停止条件を設定 Event Handlers 指定したエラーが発生した場合にのみテストを終了させるための設定 (New) ( 詳細はこちら )
13 テストで使用する画像の更新 プロパティ設定 テストの記録時に取得される画像やテスト実行時の画像を更新するための設定 (New) ( 詳細はこちら )

テスト作成のヒントとなる有用な情報を随時追加して掲載していく予定です。

 

「SmartBear 製品ブログ」では、最新情報のほかに技術情報も紹介しています。(投稿ブログの一部)

投稿日 カテゴリー 内容
2017/11/21 待機処理 オブジェクトのプロパティ値が変化するまで待機する設定 ( 詳細はこちら )
2017/6/12 画像比較 Web ページ全体の画像の比較方法について ( 詳細はこちら )
2017/5/31 座標の取得 オブジェクトの座標を右側から指定する方法について ( 詳細はこちら )
2017/5/29 Low level procedure Low-Level Procedure 機能について ( 詳細はこちら )
2017/2/3 Name Mapping Search for a Mapped Object Took Too Much Time の警告について ( 詳細はこちら )
2017/1/27 データドリブン データドリブン処理内で Null 値を扱う方法 ( 詳細はこちら )
2017/1/23 条件分岐 ループ内でのラジオボタンの使用方法 ( 詳細はこちら )

「SmartBear 製品ブログ」は、こちら。

 

ページ トップに戻る