花粉のお悩みは、花粉 API の実用的なデータがお助けします

多くの人々にとって、春が来たということは、花粉の季節という嬉しくないお知らせでもあります。そして他の汚染物質と同様に、花粉は健康に深刻な影響を及ぼす可能性があります。 それは、花粉の危険性がいつどこで起こるのかを理解することがすべての人の健康にとって非常に重要であることを意味します。

そのため、BreezoMeter の大気質 API では、多くの国々の花粉データに対応しています。 BreezoMeter の大気質および花粉 API をさまざまな製品、アプリ、およびマーケティングキャンペーンに統合することで、ブランドはユーザーに花粉リスクに関する正確なロケーションベースの最新情報を提供できます。

 

花粉とは何ですか?

花粉粒は植物から、特に春先に空気中に放出される一般的なアレルゲンであり、季節的な刺激物となっています。吸入されるのには十分に小さく、鼻腔の炎症や刺激を引き起こす可能性があります。症状は次のとおりです。

  • かゆみ、涙目
  • 鼻水
  • のどのかゆみ
  • じんましん
  • 疲労

花粉症などの、他の健康問題も花粉吸入の一般的な副作用であり、花粉の認識をすることは大気質データの重要なポイントです。 埼玉大学の王青躍教授の研究では、花粉が他の大気汚染と混ざるとさらに危険になることを発見しました。

花粉 API:世界中からのデータ

BreezoMeter は世界中の国々のために花粉データを開発することに取り組んでいます。すでに67か国に大気質データを提供しており、ヨーロッパと日本のための花粉データも含まれています。

日本における花粉と花粉症について

日本では、大量の花粉によるの健康のリスクに直面しているため、日本は常に花粉データを追跡する動きに先立っています。

その結果、BreezoMeter は日本各地の信頼できるデータセンターからデータを取得することができ、東京では 4つの主な情報源から花粉データを追跡します。

  • 樹木
  • 雑草
  • 一般(その他日本でのすべての花粉源を含む)

季節も花粉にとって重要な要素です。 東京では、最も高い花粉数は冬の終わり始まり、3月下旬頃にピークに達します。

日本における花粉数の測定方法は次のとおりです。

花粉レベル 比率 (/m3)
低い < 4
やや高い 4 – 11
高い 12 – 19
すごく高い 20 – 39
非常に高い >= 40 

BreezoMeter の花粉 API は、シンプルなスケールを使用して安定した最新情報を提供し、どの種類の花粉が最も多く存在するかをユーザーに知らせ、いつどこで花粉数が最も多いかをユーザーに伝えます。

ヨーロッパと花粉のデータ

花粉の測定はヨーロッパ全域で利用可能ですが、今現在、ヨーロッパのすべての国が国内での花粉指数を定義しているわけではありません。

その結果、BreezoMeter では、ヨーロッパ圏のドイツ、イタリア、スペイン、スイスのような花粉指数を持っている国々からの標準を組み合わせた、花粉レベルを報告するためのユニークな指数を作成しました。

ヨーロッパでは花粉の測定方法が多少異なり、芝と樹木別のカテゴリーがあります。

花粉レベル (/m3) 樹木 (/m3)
低い < 10 < 10
10 – 29 10 – 49
高い 30 – 49 50 – 79
すごく高い >= 50 >= 80

花粉レベルは季節によって大きく異なる可能性があるため、特定の花粉が季節外になったことをユーザーに通知するので、心配せず外出できます。

製薬、空気清浄機などの花粉データ

BreezoMeter の花粉 API を利用する企業は、以下のようなさまざまな方法で統合から利益を得ることができます。

  • 現在の花粉レベルをユーザーにお知らせ
  • アレルギーリスクに関するアラートを作成
  • いつどこで屋外での楽しい時間を過ごすべきかの提案を提供
  • アレルギー対応の旅程を作成
  • 高花粉レベルに対応するための空気清浄機や冷暖房空調設備 (HVAC) などの製品の教育
  • 臨床試験中の花粉およびアレルギー薬の有効性の監視
  • 「花粉スマート」オンライン マーケティング キャンペーンの実施

花粉に関する最新情報

花粉は多くの国にとって大気質の要因ですが、これまでのところヨーロッパと日本が最も正確なデータ収集を提供しています。 これにより、BreezoMeter は 1時間ごとの正確な花粉の更新を簡単でわかりやすいアドバイスと一緒に提供し、ユーザーと患者の健康を守ることができます。

花粉 API についての詳細はこちら


記事参照:
© 2019 BreezoMeter

2018 年 4 月 23 日
Concerns About Pollen Grow, But Pollen API Offers Actionable Data