消費者向け健康管理アプリ用の大気質データと花粉データ

ALK ケーススタディ

世界中の人々の生活環境向上の支援を行っている BreezoMeter にとって、「健康」への取り組みは、BreezoMeter が企業として活動するモチベーションの一つとなっています。

BreezoMeter のパートナーは、その目的を果たすための知識、技術、製品を兼ね備えており、それらと大気質データ/花粉データを組み合わせることにより、人々の生活に大きな影響を与えるものとのなります。

このケーススタディでは、デンマークの製薬会社の ALK-Abelló A/S と BreezoMeter が、一般消費者向けの健康管理アプリに直感的で適切な独自のユーザー エクスペリエンスを提供することで、空気に敏感な人々の生活に、どの様な効果が得られたかを紹介します。

ALK-Abelló A/S とは
ALK は、アレルギーとアレルギー性喘息を専門とする世界的な製薬会社で、アレルギーの免疫療法やアレルギーを持つ人々のためにだけでなく、アレルギー専門医のための製品やサービスを提供しています。ALK はデンマークのヘルスホルムに本社を置き、世界中に約2,300人の従業員がおり、NASDAQに上場しています。

ALK 傘下の消費者向け製品を専門とするスタートアップ企業の klarify.me では、「アレルギーと共にある生活を可能な限り自由で単純にすること」を企業としての使命としています。

Klarify.me は、ALK の一員として、花粉症の人々に向けて、花粉だけの情報を提供するのではなく、大気汚染も健康に悪影響を与えることも認識しています。「Klara」というモバイルアプリを使って、人々がアレルギーと健康をよりよく管理できるように支援したいと ALK は考えています。

大気質データと花粉データを専門とする BreezoMeter は、リアルタイム、ロケーションベース、直感的で有益な情報などを用いて、ALK の顧客に向けた教育を支援できるデータと経験を持っています。同時に、ALK は、ユーザーエンゲージメントの増加による利益を得られることを把握していました。

「利用可能な最良のデータを提供するために、ALK は BreezoMeter と提携しました。使用者として、有効で分かりやすい花粉と大気質データを見つけることは大切です。」
―Louise Kristine Hjernø, Global Head of Digital Projects, Consumer Division, ALK.

消費者向けヘルスケアでの課題:大気汚染
大気質を分かりやすく実用的にすることは容易ではありません。そのため、klarify.me は、使用者が分かりやすく実用的な大気質データを提供していることを確認するために、継続的にKlara のテストを使用者と行っています。大気汚染は、呼吸器系やアレルギー、その他の器官に短期的または長期的な健康面への影響を与える可能性があるため、特にアレルギーや喘息などの呼吸器過敏性のある人は、自分の呼吸する空気に何が含まれていることを理解することが重要です。また、使用者は、継続的に健康状態を改善するために役立つ情報を提供しているアプリを求めています。

BreezoMeter 製品の詳細は、弊社 Web サイトをご確認ください。


記事参照:
© 2019 BreezoMeter

2019 年 5 月 21 日

Air Quality and Pollen Data for Consumer Health App – ALK Case Study