セルフサービス型データ準備ツールで強化する、社内のデータガバナンス

前回の記事「データ分析に欠かせない『データ プレパレーション』の効率的な進め方とは?」では、データ活用における最大の難所、データ準備&データ プレパレーションについて、効率的に進めるヒントをご紹介しました。

データ準備に特化したセルフサービス型データ プレパレーション ツールを使用することで、IT 部門がデータをまとめてくれるまで待つことなく、ビジネスユーザーがいつでも自由にデータにアクセスし準備を行えるようになります。その一方で、誰でもアクセスができるがゆえ、重要な機密情報が誤って漏洩するリスクが高まる側面があることに不安を覚える方もいらっしゃるのではないでしょうか。

データ準備に特化したセルフサービス型データ プレパレーション ツールを使用することで、IT 部門がデータをまとめてくれるまで待つことなく、ビジネスユーザーがいつでも自由にデータにアクセスし準備を行えるようになります。その一方で、誰でもアクセスができるがゆえ、重要な機密情報が誤って漏洩するリスクが高まる側面があることに不安を覚える方もいらっしゃるのではないでしょうか。

データガバナンスとは

ガバナンスとは、日本語で「統治」を意味する言葉で、コーポレート ガバナンスや IT ガバナンスなど今では日常的に使用されるようになりました。デジタル トランスフォーメーション (DX) が推進される今日では、データを適切にマネジメントするための体制強化「データ ガバナンス」が求められるようになりました。データ ガバナンスとは、企業内のデータへのアクセス性、透明性、使いやすさ、信頼性、セキュリティなどを含めた包括的な管理基盤を指します。データ分析を円滑に行い、ビジネスに活用できている日系企業はまだまだ多くありませんが、同じくデータ ガバナンスへの取り組みが十分行われている企業も少ないのではないでしょうか。

データ準備ツールを使用した環境整備もこのデータ ガバナンス強化の取り組みのひとつです。

BIツールに必要なガバナンス機能

セルフサービス型分析ソリューションを導入するメリットの 1 つは、様々なソースからのデータを迅速に結合および分析できる点にありますが、ガバナンス的には非常に悩ましい問題です。分析に使うデータの約半分は、取引システムから抽出した CSV やテキスト データ、個人のスプレッドシート、他社からのレポート、半構造化データなどであり、IT 部門の管理が及ばないソースが起源となっているためです。そのため、バージョン管理、データ漏洩、突合、監査などに関する問題を避けては通れません。コンテンツ リポジトリを構築して管轄外のデータを管理する他、以下のようなガバナンス機能が必要になります。

  • データ リテンション
  • データ マスキング
  • データ系列
  • データ キュレーション
  • ロールベースのアクセス制御
  • 監査

Altair Monarch で実現する安全でストレス フリーな環境

セルフサービスを使用する最大の目的は、ビジネス ユーザーが簡単に、かつ素早くデータを分析できるようにするためです。ガバナンスの強化は必要ですが、データ プレパレーションで扱うデータの大半が CSV の抽出データや PDF 形式のレポート、社外からのデータであることを踏まえたうえで、ストレス フリーなガバナンスを実現しなければなりません。

データ準備に特化したプレパレーション ツールである Altair Monarch を使用すれば、必要なガバナンス機能を整備、強化できるだけでなく、作業工数を大幅に削減できデータ分析や意思決定など、時間をかけるべき業務に集中することができます。

現在、30日間の試用版を無償で提供しています。この機会にぜひお試しください。

このブログの詳細は、開発元であるアルテア エンジニアリング社のブログをご参照ください。

関連記事: データ分析に欠かせない「データプレパレーション」の効率的な進め方とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする