Altair : 店舗の売上状況を見える化 (動画あり)

Altair のデータストリーム分析とデータ可視化ツール製品『Altair Panopticon』を利用することで小売業では欠かせない、在庫管理や、売上状況の管理を見える化し、最適化を図ることができます。

このツールで、どの商品が、どの地域・店舗で、何時頃の売れ行きが良いのか悪いのかリアルタイムで把握できます。

そのため、適切なタイミングで効果的なプロモーションを打つことや、エリア内の在庫管理を最適化が可能となります。

さらには、毎日のように実施している特売やタイムセール、試飲試食、サンプリングなどの店頭プロモーションがどの程度売上に貢献しているのかもチェックできます。

今回は、実際のイメージを持っていただけるよう、動画を使いながら、Altair Panopticon をご紹介していきます。

動画のシナリオ
・ 関東地方を基盤に展開している仮想のスーパーマーケット
・ 商品カテゴリは、酒類、冷蔵冷凍、その他

各店舗の売上、収益、目標達成率などを、商品カテゴリや地域グループ別に確認できます。データはリアルタイムに変化し、ビューの変更はクリックするだけです。そのままレポートとして保存しエクスポートできます。

リアルタイムデータだけでなく、月次や年次など過去のデータも同様に見える化し、数々の切り口から分析できます。

店舗の売上データを見える化することで、傾向を把握したり、中長期的な戦略立案の場面で役立ちます。Altair Panopticon はツリーマップ、ヒートマップ、ブレットグラフ、ローソク足 / OHLC グラフ、価格帯、ウォーターフォールチャートなど、多彩な情報可視化機能を備えています。課題によって見え方を変えてみると、これまで見えていなかった新たな傾向を掴めることもあります。

Altair Panopticon 製品についての詳細はこちら

またはお気軽に弊社までお問い合わせください。

*本記事は、アルテアエンジニアリング株式会社のブログ投稿文を抜粋・転載したものです。