Kong Gateway 2.5 が GA になりました!

Kong Gateway 2.5 の GA 版 (一般提供) のリリースを発表できることを嬉しく思います。

このブログ記事では Kong Gateway 2.5 の新しい機能をいくつか紹介していきます。是非、アップグレードまたはダウンロードして新機能をお試しください。
また、2.5 に対応したリリースは、SaaS プラットフォームである Konnect でも間もなく利用可能になります。

Event Hooks

Kong Gateway 2.5 には非常にエキサイティングな Event Hooks という新機能が追加されています。この新機能を使用すると、Kong Gateway の管理者は、Kong 内で発生する特定のイベントを仮想的に「監視」することができ、それらのイベントを使用していくつかの種類の統合をトリガーすることができます。 たとえば、以下が可能になります。

  1. Slack や Microsoft Teams にメッセージをあげることができます。
  2. セキュリティ プラグインが削除されたときに、プロジェクト管理ツールにチケットを発行することも可能です。
  3. 新しいルートが追加されたときに、API ゲートウェイでパフォーマンス テストや自動セキュリティ テストを実行するようにサード パーティ システムに通知することができます。

Event Hooks の仕組みが気になりますか?Kong Gateway では、ルート、サービス、コンシューマー、証明書、プラグイン、ワークスペース、ロールベースのアクセス制御(RBAC) などの作成、更新、削除など、さまざまなイベントを監視しています。API を介して (英語) これらのイベントにフックすることができ、これらのイベントの 1 つがトリガーされると、イベントをログアウト (英語) するか、Webhook アクションを介して (英語) リクエストを起動するか、任意のコードを実行するかを選択できます。

その他の追加機能

Kong Gateway 2.5 では、他の機能も向上しています。

  • Kong Manager の UI をアップデート (Kong Gateway を設定するための UI をより使いやすくアップデート)
  • Prometheus plugin (英語) に新たなメトリックス (data_plane_last_seen、data_plane_config_hash および data_plane_version_compatible) を追加
  • Syslog plugin (英語) を使用して同様なメッセージをグループ化 
  • Hybrid mode でのバージョンの互換性が大幅に向上

上記は、今回のリリースの大きな改善点や機能の一部に過ぎません。変更点の全リストは、Kong Gateway 2.5 Changelog (英語) をご覧ください。

今すぐお試しください

Kong Gateway 2.5 のリリースを皆様と共有できることを大変嬉しく思います。また、Kong の社員、素晴らしいお客様、そして素晴らしいコミュニティの貢献を誇りに思います。是非、Kong Gateway 2.5 をダウンロードして、すべての新機能をお試しください。


Kong Enterprise の概要、価格、およびライセンス体系などの詳細は、こちらを参照してください。


記事参照: 2021 年 8 月 3 日
Shane Connelly
© Kong Inc. 2021
Kong Gateway Enterprise 2.5 Now Generally Available!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする