BreezoMeter が「History Plus」を発売開始: 過去を忘れず、過去から学ぼう

BreezoMeter の History Plus は、大気質、花粉、天気など、API と同じ正確で高解像度な環境データ形式を用いた履歴データを、歴史的な視点で提供するものです。どのようなテーマであっても、最善の意思決定技術は高品質で信頼性の高いデータの利用に基づいているというのが、時代を超えた一つの真理です。

過去データのクリエイティブな活用

ガートナー社の最近の調査によると、今日の意思決定の 65% は、ほんの 2 年前よりも複雑になっていることがわかりました。この複雑さは、正確で信頼できるグローバルな大気質、花粉、気象データを入手することが困難であったため、環境データに関するものであればなおさらです。

BreezoMeter の環境過去データの紹介!

現在、気候変動は私たちの社会に大きな脅威を与えています。大気汚染や気温の上昇、花粉症やアレルギーの増加、山火事による人命・財産・生態系の破壊など、地球の未来のために環境に関するより良い意思決定を行うには、過去のデータを収集し活用することが重要です。これまで、企業は質の高い環境データにアクセスすることが困難でしたが、BreezoMeter は、大気質、花粉、気象を含む高解像度かつグローバルな過去データを幅広く提供するようになりました。

環境データによるビジネス課題の解決方法

過去の環境データを見ることで、パターンを可視化し、重要な問題を解決するために環境データをどのように利用できるかを理解し、ビジネスの意思決定を形成するための分析的洞察を支援するような情報を集めることが可能となります。

多くのお客様が、過去の環境データをビジネスや臨床研究に利用したり、リスク指標を構築したり、広告のインサイトに過去のデータを利用したりすることを始めています。

ビジネス&臨床研究

環境は絶えず変化しており、臨床研究やビジネスにおいても、その変化が個々のビジネスにとってどのような意味を持つのかを把握する必要性が生じています。

History Plus を利用することで、お客様の売上やビジネスデータを環境の変化と比較し、パターンを探し出すことで、どの場所でどのようなサービスを提供する必要があるのか、その時々の状況をよりよく理解することができます。

このように、データアナリストがデータソースを比較することで、企業は分析結果を検証し、それを基にサービスを提供することができます。例えば、製薬会社が自社のデータと BreezoMeter の過去データを比較し、過去の環境データが患者に与えた影響について洞察を得たり、企業が売上予測を立てるために使用したりすることができます。この分析は、生産、商品ロケーション、その他様々な要因に関連する意思決定に利用することができます。

リスク指標の構築と予測評価

リスク指標や予測評価は、リスクを算出するための指標を調べ、過去に発生した事象から将来の傾向を把握しようとするものです。これらは、医療、製薬、保険業界において、医薬品、保険料率、健康問題の予測によく利用されています。大気質、花粉、気象データは、様々な健康状態に対するリスク指標を構築するための基礎となるものです。リスク指標は、特定の結果の可能性を理解するのに役立ち、パーセンテージで表されます。

過去のデータを利用したリスク指標には、複数の利点があります。これまで、過去の環境データは入手が困難でしたが、リスク指標や予測指標として利用できるようになりました。予測指標のメリットには、以下のようなものがあります。

  • リスクやハザードに対する認識の向上
  • 特定のリスクを認識し、コントロールするための支援
  • より適切な洞察やベストプラクティスの追及が可能
  • 健康やビジネスリスクの改善
  • 後手に回るのではなく、先手を打つよう促すことによるコスト削減

広告のインサイトを得る

History Plus は、広告主がいつどこで広告を出すのが最適なのかを洞察するためによく利用されます。広告主は、過去データを使って、最も汚染された都市、山火事の影響を受けた過去の地域、または商品やサービスを宣伝する場所や時期を決定するために使用できるあらゆる過去の環境データを調査して場所を見つけます。

例えば、空気清浄機を販売する会社は、空気の悪い時期に広告を出すために、大気質が最も悪い都市を見つけたいと思うかもしれません。また、製薬会社では、アレルギー製品の販売促進を行う特定の都市と時間を特定するために、History Plus が必要になるかもしれません。意思決定者は、さまざまな過去データを使って、過去の出来事や傾向を総合的に把握し、広告戦略の基礎とすることが可能となります。

過去の環境データを活用することで、広告主やそのデータアナリストは、顧客がどこにいて、いつ広告を出すのが最適なのかを判断することができるようになります。環境関連商品を販売する多くのお客様は、大気質、天候、花粉などの過去のデータを入手できないため、過去のパターンやトレンドから学ぶことが困難です。過去のデータを活用することで、広告を出稿するセグメントをどのように特定するか、データに基づいた意思決定が可能になり、お客様が直面していた多くのメディアの課題を解決することができます。

History Plus を試す準備はできましたか?

History Plus は、世界 90 カ国以上の 1 時間ごとの大気質データ、汚染物質リスト、毎日の花粉や気象データなどのフルセットが含まれています。BreezoMeter の多くのお客様は、BreezoMeter が提供する最新のリアルタイムおよび予測環境情報データと洞察に加え、History Plus へのアクセスを開始できることを喜ばれています。

History Plus 製品ページこちら

BreezoMeter が提供する API についてはこちら

BreezoMeter 製品の詳細は、弊社 Web サイトをご確認ください。

記事参照:
© 2022 BreezoMeter
2022 年 2 月 16 日

BreezoMeter Launches History Plus: Don’t Forget the Past, Learn from It!