Kudan AR SDK で AR Android アプリを作ってみよう〜マーカー上に動画を表示

こんにちは。エクセルソフトの田淵です。

弊社取り扱いの Kudan AR SDK のエントリーです。

SDK のダウンロードは こちら からお申込みください。SDK を使った開発と、個人開発者のリリースは無料でご利用いただけます。企業の方は有料になりますので、@ytabuchi までご連絡ください。

前回の Android のエントリー ではマーカーの上に 3D モデルを表示させるところまでをやりました。

今回は動画を表示してみたいと思います。

現時点でのサンプルコードは ytabuchi の Github にアップしてあります。この後もコミット追加していくのでスナップショットです。

Asset の準備

Finder で waves.mp4 をコピーして、Android Studio の assets フォルダでペーストします。

プロジェクト配下にコピーするか聞かれますので、「OK」をクリックします。

waves.mp4 が 25MB ほどあるので、GitHub にアップする際には注意してください。また、この waves.mp4 が変化が小さくとても見づらいので、ロイヤリティフリーの こんな動画 を使うのも良いかもしれません。

画面(activity_main.xml)の編集

前回同様、動画を表示するボタンを追加します。以下のボタンを ConstraintLayout の最後に追加します。

コード(MainActivity.kt)の編集

ボタンクリック時のメソッドで videoNode を操作するので、MainActivity のクラス変数に以下を追加します。

addModelNode の下に addVideoNode を作り、以下のコードを追加します。

以下の showVideoButtonClicked のイベントハンドラを追加します。

最後まで再生すると動画が止まってしまうので、ボタンクリック時にストップスタートしています。。

最後に setup メソッドの最後に addVideoNode() を追加します。以下のようになります。

これで完了です。ビルドして動かしてみましょう。

サンプルの waves.mp4 が波が地味にザザーンと動くだけなので動いているか良くみてあげてくださいw

以下のように表示されれば成功です。

この後は

次は遂にマーカーレスにチャレンジしてみたいと思います。

Kudan AR SDK エントリー一覧

Kudan AR SDK チュートリアル記事まとめ | エクセルソフト ブログ

をご覧ください。

以上です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする