C# で PDF からページを抽出

今回は、ActivePDF Toolkit を使って、既存する PDF にセキュリティを追加する方法をご案内したいと思います。

要件

ActivePDF Toolkit : 評価版はここからダウンロードできます。

使い方

ActivePDF Toolkit は、クラスライブラリで、機能を利用するには、Toolkit のインスタンスを作成し、必要なプロパティ、メソッドを設定して、PDF ファイルを出力する形になります。基本的な使い方は、こちらのページをご覧ください。

今回のゴール

今回は、既存の PDF から指定したページを抽出するコードを紹介します。

処理の流れ

処理は非常にシンプルです。

  1. 新規の PDF ファイルを作ります。
  2. 既存の PDF ファイルと抽出するページ番号を指定します。
  3. 抽出したページを新規の PDF に貼り付けます。
ステップ 1

オブジェクトをインスタンス化して、新しい PDF ファイルを作成します。

ステップ 2

抽出元のファイルと抽出するページ番号 (開始ページと終了ページ) を指定します。

MergeFile メソッドの最初のパラメーターは、抽出元となる既存の PDF ファイルを指定します。

2 つ目と 3 つ目のパラメーターで、抽出するページの範囲を指定します。今回の例では、抽出元のファイルの 3 ~ 4 ページを抽出するので、3 と 4 を指定しています。

なお、2 つ目のパラメーターに、0 を設定するとファイルの 1 ページ目になります。
3 つ目のパラメーターに、0 を設定するとファイルの最後のページとなります。

ステップ 3

最後に今回新しく作成した PDF ファイルを閉じれば完了です。

コンパイルして動作を確認してみてください。

ActivePDF Toolkit の製品ページ:

https://www.xlsoft.com/jp/products/activepdf/toolkit/index.html

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする