.NET チャート コンポーネント最新バージョン LightningChart v.8.4.1 リリース

WPF および Windows Forms アプリケーション向けに、幅広い専門分野で使用される 10 億以上のデータ ポイントを瞬時にチャート化し、データの可視性を向上する LightningChart 製品から、最新バージョンとなる 8.4.1 がリリースされました。

demanding-developers-chart-code

最新バージョンでは、ビュー全体の統一された動作、ズーム機能の改善、および 3D における方向や回転の動作の変更を中心とした改善が適用されました。また、さまざまな座標空間に対応する新しいコンバーターの導入、全体的なパフォーマンスの向上、およびシステムから情報を収集可能な新しいツールを使用したサポート依頼の簡易化など、多数の新機能もご利用いただけます。

LightningChart v.8.4.1 の新機能

  • ビューに対して ZoomToFit 操作を実行するための自動ワンタイム ツール

    ChartTools には、ビューをズームするための ZoomToFit メソッドがあります。このメソッドを呼び出すことにより、ZoomToFit 操作が非同期的かつ迅速に実行されます。これにより、チャート作成時にズーム操作を実行し、構築時にどんなデータが入力されても、ビューが正しくズームされた状態で初期化されます。このツールは必要に応じて後で使用することもできます。

  • ZoomPadding に従ってビューの円形領域へのズームを実現する Polar および Smith ビュー向けの ZoomToFit 操作

    ViewSmith と ViewPolar には、旧 Zoom メソッドを組み合わせた新しい ZoomToFit メソッドがあります。入力パラメーターに ZoomAreaRound.LabelsArea を指定することで、円形ビューの外側の端が新しい ZoomPadding と Margins で制限された領域を埋めるようにビューが拡大されます。この機能は、新しい 3D ZoomToFit 機能とよく似ています。

    この機能は、RightToLeftMouseAction のデフォルトアクションでもあり、RightToLeftMouseActionRound.ZoomToLabelsAndArea からアクセスできます。

  • Polar、Smith、3DPie、3D ビューにおける ZoomPadding システムの導入

    ZoomPadding は、特定のズーム操作を行う際、一定の画面領域をビュー領域の端に確保するための値です。これにより、ズーム操作後にもチャートの見やすさを保持します。

    ZoomPadding は、ZoomPanOptions プロパティで制御されます。ZoomPanOptionsRound と ZoomPanOptions3D の両方が、ZoomPadding プロパティをサポートします。

  • ボーダーの可視性を制御してすべてのビューでボーダーをサポートする新機能の追加

    Border の可視性は、Border プロパティの Visible プロパティで管理できるようになり、すべてのビューでボーダーがサポートされるようになりました。Border プロパティには、デフォルト値が true に設定された RenderBehindSeries プロパティが追加されました。これは、ViewXY の GraphBorderOverSeries プロパティに代わるものです。

  • 3D 円筒および球面座標空間のコンバーターの追加

    円筒座標空間のコンバーターは、デカルト 3D 座標および円柱 3D 座標間の変換を行うクラスです。円柱の点は、以下のフィールドを含む CylindricalPoint オブジェクトによって定義されます。

    球面座標空間のコンバーターは、デカルト 3D 座標と球面 3D 座標間の変換を行います。球面の点は、以下のフィールドを含む SphericalPoint オブジェクトによって定義されます。

  • サポートの問い合わせ向けにシステム情報をエクスポートするためのツールの追加

    GatherApplicationInformation メソッドが ChartTools に追加されました。これは、ユーザーのシステムと LightningChart インスタンスからデータを収集し、サポートの問い合わせで使用できます。

  • その他、多数の新機能および修正など……。

最新バージョンの新機能に関する詳細は、こちらのページをご確認ください。

LightningChart 製品に関する詳細は、こちらの製品概要ページをご確認ください。

パフォーマンスがさらに最適化された最新バージョン LightningChart v.8.4.1 は、30 日間無償評価版でもお試しいただけます。