高速データ処理で JavaScript チャートを瞬時に生成する LightningChart JS を選ぶ理由とは?

専門性に特化した高精度なチャート生成を支援する LightningChart 製品から、JavaScript および TypeScript において、最大で数百万におよぶデータ ポイントをリアルタイムに視覚化できるチャート ライブラリ LightningChart JS を販売開始いたしました。

LightningChart JS の優れた点とは?

JavaScript 向けのチャート ライブラリをお求めの方は、数多くの商用およびオープンソースのライブラリの中で、LightningChart JS がどのように優れているのかという点を理解することが重要になるかと思います。

この記事では、今後のソリューションとして LightningChart JS を採用すべき 5 つの理由をご紹介します。

パフォーマンス

Arction 社では、過去 10 年間において、製品のパフォーマンスを極限まで追求してきました。これは、まさに Arction 社の神髄であるといっても過言ではありません。

近年では、高性能なチャート コントロールに対する需要が急激に増加すると同時に、処理が必要なデータ量も増加しています。いくつかのデータ ポイントのみを描画する必要がある場合、高度なソリューションは必要ないかもしれません。しかし、数百万におよぶデータ ポイントを表示する必要がある場合、保存された 1 秒足らずの時間が、最終的にアプリケーションに大きな影響を及ぼすため、パフォーマンスが重要視されます。Arction 社では、これを十分に理解しています。

Arction 社の目標は、業界で最高のパフォーマンスを提供し、イノベーションを通して、結果を維持するだけでなく、日々改善していくことです。実績のある専門知識と最先端の技術を活用して、リアルタイムでのデータのストリーミングに比類のないレンダリング速度を備えた JavaScript 用のチャート ライブラリが開発されました。

最大で数百万におよぶデータ ポイントのリアルタイムでの視覚化が確認されています。

パフォーマンス テスターのライブ編集モードを使用して、話題のパフォーマンスをお試しください。

カスタマイズ性

多くの開発者にとって、これは最大の決定要因の 1 つです。 Arction 社では、以下の質問について考えました。

Arction 社のチャート ライブラリは、ユーザーの要望に応えられるほどの柔軟性はあるだろうか? または、デフォルトでは見栄えが良いものの、カスタマイズをするほど複雑になり、処理が非常に非効率になっていないだろうか?

一般的に、優れたカスタマイズ性には大きな複雑さが伴います。LightningChart JS の目標は、使いやすさを犠牲にすることなく柔軟性を確保することでした。LightningChart JS は、さまざまな機能や系列とともに、チャートを変更およびカスタマイズするための適切なツールを提供します。LightningChart JS を使用することにより、労力を最小限に抑えながら、プロジェクトのニーズに基づいてチャートを自由にカスタマイズできます。ライブラリの使用により、効率と柔軟性を同時に実現できます。

クロスブラウザーの互換性

古いブラウザーまたは最新のブラウザーと互換性のあるチャート ライブラリが必要かどうかは、プロジェクトの目標によって異なります。Arction 社では、ブラウザー間おける互換性の問題を処理するのは大変な作業であると認識しているため、世界中で最も人気のあるブラウザーをサポートすることで、クライアント側でのこのような手間を最小限に抑えています。LightningChart JS は互換性テストを受けており、結果は以下の表の通りになります。
  ブラウザーの種類 互換性
世界中で使用されているブラウザー Google Chrome
Mozilla Firefox
Microsoft Edge
Safari
Opera
一部の国で人気のブラウザー Baidu
Maxthon
Sogou
360 chrome
QQ
Liebao/Cheetah
Yandex browser

充実したサポート

技術サポートは必ずしもすべてのお客様が必要であるわけではありませんが、プロジェクトにおいて専用のサポートに頼る必要がある人にとっては不可欠です。特に、チャートがプロジェクトにとってクリティカルであり、潜在的なすべての問題が深刻な影響を引き起こす可能性がある場合、コミュニティなどの外部サポートに依存することは大きなリスクとなります。
Arction 社は、2007 年からサポートにおける信頼を築いてきました。予期せぬ問題により引き起こされる非効率的な作業は、お客様側でさらなる負担が掛かるだけでなく、開発プロセス全体が遅れてしまいます。Arction 社では、これらを踏まえたうえで技術サポートの重要性を非常に重視しています。
サポート チケットに関する詳細は、LightningChart JS 製品価格ページをご参照ください。

コミュニティ

 
LightningChart JS 製品に関する詳細は、こちらからご確認ください。
インタラクティブなサンプル チャート一覧もご用意しています。ぜひ、ご活用ください。

この記事は、Arction 社で公開されている「Why LightningChart® JS?」の日本語参考訳です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする