GUI テスト 自動化ツール TestComplete 12.20 リリース

SmartBear 製品営業部です。

GUI テスト自動化ツールの TestComplete の最新版 12.20 が 2017/1/17 にリリースされましたので、変更点を紹介いたします。

・CrossBrowserTesting.com との統合

CrossBrowserTesting.com は、仮想のデスクトップマシンや、モバイル デバイスの環境を提供するオンラインのテストサービスです。
Web アプリの機能テストに活用いただけます。
TestComplete の新機能では、このサービスと統合し、OS とブラウザー、解像度の種類を選択して、Web アプリのテストを実行できます。
ユーザー側でテスト環境を用意する必要がありませんので、環境を用意するコストや、メンテナンスの工数を削減できます。
また、複数の環境に対してテストの並列実行が行えますので、テストの所要時間の短縮にもつながります。

CrossBrowserTesting.com と統合するには、今回のバージョンから新しく追加された
Environment Manager を利用します。

設定方法などの詳細は別途紹介する予定ですが、設定画面は以下のようになります。

実行中の動作は確認できませんが、実行中のスクリーンキャストが取得されますので、テストの終了後にビデオで動作確認が行えます。

・モバイルテストの強化

– Android 7 のサポート
– iOS 10.1 と 10.2 のサポート
– Xcode 8.1 アプリケーションのサポート
– Xamarin Studio 6.1.1 と 6.1.2 で生成された Xamarin.iOS アプリのテストをサポート
– Xamarin Studio 内の Xamarin.iOS アプリの手動インストルメンテーション

・その他の変更点

– Windows Server 2016 のサポート
– Firefox 50 と Google Chrome 55 のサポート
– Visual Studio との統合の強化
– バグフィックス

・サードパーティ製コントロールのサポートの強化

– Developer Express WPF 16.1.6
– CodeJock Xtreme Toolkit Pro v17.2
– ComponentOne C1Command for .NET v2.0.2
– Janus UIBars Control V4.0.50
– TMS AdvStringGrid version 8.1.3.0
– TMS AdvGlowButton version 2.4.4.1

最新版は、メンテナンスが有効なユーザー様は無償でアップグレードしてご利用いただけます。

製品の詳細情報はこちらをご参照ください。

30 日間利用可能な評価版も提供中です。

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問合せください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする