新バージョン Docker Enterprise Edition 17.06 のリリースを発表

Docker Enterprise Edition 17.06 がリリースされました。本リリースで、メインフレームの IBM Z と Windows Server 2016 のサポートを追加したことで、主要な IT 環境をすべてサポートし、あらゆるアプリケーションのモダニゼーションの市場における最初の CaaS (Containers-as-a-Service) ソリューションをさらにリードしていきます。

Docker Enterprise Edition 17.06

Docker Enterprise Edition(EE)17.06 は、Windows、Linux、Linux ベースのメインフレーム アプリケーションをサポートし、CaaS の主な利点をエンタープライズ アプリケーション ポートフォリオにもたらします。多くのエンタープライズ組織では、x86 サーバーの Linux、Windows やメインフレームの Linux、パブリック クラウドなどでビルドした従来のアプリケーションとマイクロサービスの両方を含む多様なアプリケーションを管理しています。Docker EE は、これらのすべてのアプリケーションを一つのプラットフォームに統合し、カスタマイズ可能で、柔軟なアクセス コントロールを備え、さまざまなアプリケーションとインフラをサポートし、高度に自動化したソフトウェア サプライ チェーンを実現します。これらの機能により、エンタープライズ組織は既存のプロセスやワークフローに Docker EE を簡単に展開し、既存の組織構造に合わせて、リソースを有効活用し、メンテナンス時間を短縮します。

本リリースには、UCP 2.2DTR 2.3 が含まれており、Docker EE は、オンプレとクラウド環境の両方で新しいアプリケーション開発とアプリケーションのモダニゼーションの両方に重要な IT プラットフォームとなります。

マルチ アーキテクチャ オーケストレーション

Docker EE は、コードを変更することなく、オンプレとクラウド間で Windows、Linux、メインフレームのアプリケーションをモダニゼーションする唯一のソリューションです。
既存のアプリケーションのメンテナンスに大幅に IT 予算を割り当て、イノベーションにフォーカスするエンタープライズ組織では、Docker EE は、停止せずに既存のアプリケーションをモダニゼーションする方法を提供し、アプリケーションの移植性をより高め、スケーラブルで、アップデートしやすくします。多くのエンタープライズ組織では、ポートフォリオに .NET、Java アプリケーション、メインフレーム アプリケーションが混在しています。
Docker EE は、開発チームがコードを変更せずに、これらすべてのアプリケーションをスタンダードなフォーマットにパッケージング化して、これらのアプリケーションをモダニゼーションする方法を提供します。エンタープライズ組織は従来のアプリケーションとマイクロサービスをコンテナ化し、同じクラスターか、オンプレかクラウドのいずれかに展開します。

主な新機能:

  • イメージスキャン、シークレット管理、オーバーレイ ネットワーキングなど、Docker Windows コンテナのライフサイクル全体の管理をサポート
  • オーバーレイネットワークを使用して、ハイブリッド アプリケーションをサポートすることで Windows と Linux アプリケーションを統合
  • Windows、Linux、およびメインフレームのワーカーノードの混在したクラスタ間でインテリジェントなオーケストレーション機能
  • Linux on IBM z Systems のサポートを追加し、Docker は、Linux、Windows、Linux on Mainframe アプリケーション間で一貫性のあるエクスペリエンス(ファイル、ネットワーク、セキュリティ、ライフサイクル管理の作成)を提供

セキュアなマルチテナンシー

コンテナの採用が組織全体に拡大するにつれて、役割と責任を既存の組織構造とプロセスに合わせる必要があります。Docker EE の最新リリースでは、組織がロールベースのアクセス制御をカスタマイズでき、同じ Docker EE 環境を共有する異なるチームの物理的境界と論理的境界の両方を定義できます。これらの新機能により、異なるチームが自社のノードを借りたり、複数のチームがリソースを共有したり、特定のチームが特定のリソースにアクセス可能な共有 IT サービスモデルであれ、チームが組織モデルを Docker 環境に持ち込むことができます。強化した機能により、複雑な組織は、アプリケーションの所有者を共有環境で別々にしながら、新しいビジネス ラインを容易に構築することができます。

主な新機能:

  • ビルトインのデフォルトのロールを利用したり、Docker API 全体から細分化された権限でカスタムロールを作成
  • ユーザーやチームにサービス、コンテナ、ボリューム、ネットワーク、およびシークレットを含むリソースの収集への権限を付与
  • ノードの RBAC を利用して、Docker EE 環境内の特定のノード セットへのチームのアクセスを分割

ポリシーベースの自動化

Docker EE は多種多様なアプリケーションをサポートするプラットフォームソリューションで、キーとなる優先事項は、この多様性によって複雑さが増したり、ソフトウェア サプライチェーンを遅らせないようにすることです。動的なコンテナ環境では、組織はセキュリティを犠牲にすることなく、できるだけ多くのプロセスを自動化する必要があります。Docker EE の新機能により、組織では事前定義されたポリシーを作成でき、アプリケーションの配信を加速しながらでも、プロセスのボトルネックを取り除いて、コンプライアンスを維持し、人的ミスを防止できます。

主な新機能:

  • 事前定義したポリシーを使用してイメージのプロモーションを自動化し、同じレジストリ内のあるリポジトリから別のリポジトリにイメージを移動
  • 変更不能なリポジトリにより、イメージタグの変更や削除が防止され、プロダクションアプリのリポジトリをセキュアにロックダウン
  • 新しい API:
    • アクセス コントロール権限
    • User / Team / Org 管理
    • クラスター構成

次のステップ:

Docker Enterprise Edition の本リリースには多くの新機能と画期的な機能があり、以下のリソースから詳細を確認できます:

記事参照:
2017 年 8 月 16 日
© 2017 Docker Inc.
ANNOUNCING THE NEW RELEASE OF DOCKER ENTERPRISE EDITION

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする