気候変動が及ぼす様々な影響

テレビのニュースや新聞では、気温の上昇、異常気象、生態系の混乱などを強調する話題が増え続け、気候変動と大気質の関係や大気汚染が個々の健康にどのように影響するかについてについて考える人はますます多くなってきています。

気候変動は、食糧不足や媒介動物による病気、花粉レベルの増加、大気質の悪化など、多くの潜在的な長期的な公衆衛生上の脅威を引き起こしています。

ランセット・プラネタリー・ヘルスの新しいグローバルレポートによると、調査対象地域の70%以上で、気温の上昇に伴い花粉の季節の長さが大幅に増加していることが分かりました。アレルギー患者は、これまでよりも長い花粉の季節にさらされ、同時に気候変動は、スモッグの重要な要素である粒子状物質 (PM) や地上レベルのオゾンなどの大気汚染物質と結びついています。

気候変動と大気汚染の影響

世界中で起こっている気候の変化と呼吸に関連する影響は、何らかの形で影響を及ぼしますが、その影響方法は異なります。ここでは、特定の人口グループが気候変動と大気汚染の傾向によってどのような影響を受ける可能性があるのかをご説明します。

喘息およびアレルギー患者への影響

気候変動が花粉レベルで異なる影響を与えるということを理解するには、すべての花粉が同じというわけではないことを知っておくことが重要です。植物の種類、場所、季節の変動など、いくつかの要因に応じて、花粉を発する植物は、一年のうちのさまざまな時期 (およびさまざまな期間) に花粉を放出します。

通常、樹木は春に花粉を放出し、草は夏に花粉をより多く放出し、ブタクサは秋に花粉を放出します。 そのため、年間の花粉放出期間は、春に始まり、秋の間に終了する傾向があります。

世界中の気候の変化のため、米国西部の山岳地帯などの特定の地域では、冬は毎年遅く始まり、早く終わります。この変化により、植物は花粉を成長させ、開花させ、生産する時間が増え、空気中に高レベルの花粉が充満する期間が長くなります。

子供への影響

自動車や工場から放出される化学物質は、熱と日光の下で反応し、有害な汚染物質であるオゾンを形成します。平均気温が上昇すると、オゾンレベルは加速します。気候変動は、干ばつの拡大と悪化にも関連しています。また、暖かい気温と干ばつが組み合わさることにより、山火事に最適な条件を作り出します。山火事は多くの有害な汚染物質を放出し、すぐ近くの居住者だけでなく、数千マイル離れた地域に住む人々にも影響を与える高レベルのオゾンに関連しています。

子供の肺はまだ発達途中で、大人よりも屋外で過ごす時間が多いため、オゾンは子供にとって特に危険です。環境保護庁 (EPA) によると、オゾンは子供の上部気道と肺を覆う細胞に炎症を起こし、「日焼けが皮膚を傷つけるように」呼吸器系を傷つける可能性があります。

長期的に大気汚染と接触することは、小児および若年成人の喘息発症にも関連していますが、短期的に大気汚染と接触することは有害であり、屋外活動中の呼吸が困難になる可能性があります。

妊娠中の女性への影響

高い花粉レベルへの曝露は、妊婦に悪影響を与える可能性があります。最近の研究では、妊娠中の人が高い花粉レベルにさらされると、胎児が喘息を発症する可能性が高くなることが明らかになっています。

さらに、気候変動がもたらす影響として、PM とオゾンのレベルが増加すると、これらの汚染物質にさらされた妊婦は流産する可能性が 13% 近く高くなることが研究により示唆されています。大気汚染は、低出生体重、先天性欠損、早産、さらには自閉症にまで影響を与える可能性があります。

アスリートへの影響

アスリートや肉体労働者など、屋外で厳しい活動を行う人々は、気候変動や大気汚染の危険にさらされやすくなります。なぜなら、彼らは 1分あたりより多くの呼吸をする傾向があり、より多くの周囲の空気を吸い込み、体に内蔵されている鼻濾過システムをバイパスするからです。

身体活動中に汚染物質がより深く吸入されると、汚染物質はより迅速に血流に拡散します。その結果、アスリートは、肺気道の損傷、喘息、心臓発作、脳卒中など、大気汚染に関連する健康上の問題の多くを起こしやすくなります。

高齢者への影響

長生きすればするほど、大気汚染への曝露は大きくなります。したがって、一般に高齢者は若年成人に比べて「より汚染された」肺を持ち、呼吸器の問題を起こしやすくなります。

この問題をさらに悪化させるのは、大気汚染を除去して処理する身体の能力が年齢とともに弱まり、危険な環境からの影響を補償する能力が最小限になることです。その結果、大気汚染は、高齢者グループの心臓病や脳卒中、COPD、喘息、糖尿病に関連する症状を悪化させる可能性が高くなります。

気候変動に直接関係する2つの汚染物質であるオゾンとPMは、高齢者の健康に最も影響を与える可能性が高く、早死、心臓発作、慢性気管支炎を引き起こす可能性があります。

個人別で設定できる新機能のご紹介

気候変動と花粉および汚染レベルの上昇を結びつける情報は増加していますが、知識を得る力が必要です。呼吸する空気の状態、影響を受ける可能性のある状態、およびエアクオリティが最も低い状態を知るには、日常の活動に関してより賢明な判断を下すためのツールが必要です。

過去24時間にわたる汚染への接触を追跡し、悪いエアクオリティを避けるための情報に基づいた選択することで、呼吸がどのように短期的および長期的な健康への直接影響しているかを確認できます。

BreezoMeterは、大気汚染を実際に制限する唯一の方法は、エアクオリティレポートに完全にパーソナライズされたアプローチを採用することだと考えています。これは、空気の質が非常に動的であるためです。 例えば、同じ家に住んでいる 2 人は、異なるものに敏感であり、特定の行動や日々の選択に基づいて完全に異なる Exposure (大気汚染への接触) パターンを示す可能性があります。

BreezoMeterアプリをダウンロード

アプリをダウンロードして、是非、新しい Personal Exposure (大気汚染への接触パーソナルデータ) 機能を試しください!

Download App

Breezometer アプリの詳細は、こちらから。

AppStoreで入手 Google Play で手に入れよう

BreezoMeter 製品の詳細は、弊社 Web サイトをご確認ください。


記事参照:
© 2019 BreezoMeter

2019 年 9 月 12 日

Climate Change: Global Phenomenon with Individual Consequences