オーストラリア森林火災: BreezoMeter の火災警報アプリで煙害対策

2019年には、米国西海岸およびアマゾンの熱帯雨林での破壊的な山火事など、前例のない規模の森林火災が相次ぎ、大きなニュースとなりました。世界では何が起きているのでしょうか。

現在オーストラリアでは、雨のおかげにより火災で荒廃した地域は落ち着き、人々はより安全な場所に移動することができました。しかし、戦いは終わったわけではなく、大気汚染の脅威はまだ数千人に差し迫っています。

オーストラリアの森林火災はどれくらいの規模なのか

2019年12月、オーストラリアでは最高気温の記録を 2回破り、記録的な低降雨量を記録し、科学者、医師、消防士に警告を発しました。ニューサウスウェールズ州の地方消防局は、この数か月間で見た火災の規模は本当に前例のないものであると述べています。

2020年1月時点で、ニューサウスウェールズ州だけで 630万ヘクタールもの広大な土地が焼失しました。

過去の大規模な森林火災

山火事の季節が激しさを増すにつれて、人間、環境、オーストラリアの経済は大きく影響されます。何百万もの野生動物が犠牲になり、2000 を超える家屋が破壊され、少なくとも 25人が死亡し、オーストラリア全体で 1800万エーカー (約 7万2800平方キロメートル) 近くが焼失しました。オーストラリア保険協会は、損害が少なくとも 7億ドルに達するとされていますが、この数字はさらに増加すると予測しています。

煙の影響を理解する

ニューサウスウェールズ州の環境衛生局長は、この地域は「煙の観点からは前例のない緊急事態に直面しており、シドニーでこのような状況は誰も見たことがない」と述べています。

BreezoMeter は、メルボルンとその周辺の大気質を大幅に低下させた 1月6日のニューサウスウェールズ州西部からの煙の動きを捉えました。

火災関連の大気汚染は、予測できないほど急速に広がり、天候や気候要因に応じてかなりの時間、国境を越えて長引きます。これは、実際の火災源から遠く離れている場合、または火災がすでに消火されている場合でも、煙の吸引は非常に危険な場合があることを意味します。

オーストラリアの森林火災の場合、煙、灰、ほこりがニュージーランドの氷河を茶色に変え、氷河が溶けるのを加速させ、オーストラリアの火災からの煙がジェット気流により南アメリカまで 7000マイル以上移動したと報告されています。

山火事は公衆衛生問題です

山火事の煙にさらされることは、公衆衛生上の重大な懸念事項です。これは、火事が大気中の粒子状物質のレベルを劇的に高め、高レベルの PM2.5 にたった数日でもさらされると喘息発作を引き起こす可能性があり、呼吸器や心臓の状態が悪化し、時間の経過とともに癌のリスクが高まるためです。空気の質が悪い場合、子供や高齢者は特に影響を受けます。

医師は、このシーズンの山火事の煙による汚染の影響を受けた敏感な人々には予測不可能で永続的な影響が生じる可能性があると述べています。キャンベラ地域は現在、過去最悪な大気汚染を記録しており、この期間中に高齢患者、喘息患者、呼吸器疾患の入院が増加したことを記録しました。

知識は力である

大規模な山火事を通じて大気質を正確に報告することは、煙の予測不可能なダイナミックな移動の性質により、多くの課題を表します。特に、監視局からのデータのみに依存しているプロバイダーは、適切なサービスを維持するのに苦労することがよくあります。

BreezoMeter の複数のデータ層アプローチは、センサー情報が利用できなくなった場合でも正確な情報を提供し続けることができるユニークな立場にあることを意味します。

これは、BreezoMeter の大気質モデルが、リアルタイムの交通データ、衛星情報、アクティブな火災、気象入力など、多数のデータソースから情報を取得し続けるためです。

進化した BreezoMeter の煙モデル

BreezoMeter では大気質の報告方法の改善に常に取り組んでいます。特に山火事の危機の際には、最も必要なときに信頼できる情報にアクセスできるようにすることが不可欠です。

このような理由から、世界中の重要な山火事の場所、段階、規模を理解するために、衛星、土地被覆、気象情報などを使用する世界中の煙モデルのリフレッシュレート、粒度、解像度を改善するためにいくつかの改善を施しました。

下記では、要因についてさらに詳しく説明します。

  • 衛星 (サテライト) は、さまざまな光の帯域幅を測定するハイパースペクトルセンサーを使用して、地球上の火災の存在を検出し、火災の段階を判断するのに役立ちます。火災の段階は、放出される粒子状物質の種類に影響します。たとえば、火が「燃える」段階では、「成形」段階のブラウンカーボンと比較して、空気中のブラックカーボン (黒煙) が多くなる可能性があります。

  • 土地被覆情報は、私たちが大気汚染に影響を与える、燃やされている植生の種類を理解するのに役立ちます。
  • 降雨や風などの気象条件を考慮して、特定の地域の煙の方向とレベルについてさらに学習します。 風があなたの方向に煙を運んでいる場合、これはあなたがいる場所の空気質に大きな影響を与えます。風の移動は、元の火災自体の発生源よりも、火災を取り巻く地域で大気質がはるかに悪くなることがある重要な理由の 1つです。
  • 最後に、BreezoMeter が使用する火災モデルは、火災の風下の汚染物質と汚染物質レベルを変更する化学プロセスを考慮しています。

山火事による有害な煙から身を守る

BreezoMeter のミッションは、その場所の大気質レベルを知ることにより、煙の影響をまだ受けている可能性のある遠く離れた人々に加えて、山火事の近くの誰にも、より多くの情報に基づいた決断を下す力を与えることです。

  • 窓を閉めたまま屋内で待機し、(外部からの空気を取り入れないように) 空気ろ過システムを有効にしましょう。
  • 激しい身体活動は控えましょう。
  • 大気汚染の摂取量を減らすために呼吸マスクを着用しましょう。
  • 車で移動している場合は、(エアクオリティ面で) より安全な場所に移動し、車内のエアフィルターをアクティブにしましょう。
  • 症状が悪化していると感じたら医師に連絡しましょう。

最新情報を入手するには、ライブの火災および煙汚染マップを使用するか、BreezoMeter が提供する無料のエアクオリティ追跡および火災警報アプリをこちらからダウンロードできます。

AppStoreで入手 Google Play で手に入れよう

BreezoMeter 製品の詳細は、弊社 Web サイトをご確認ください。


記事参照:
© 2020 BreezoMeter

2020 年 1 月 8 日

Australia’s Bushfires: How do we fight the smoke pollution?