メディア企業で有効活用できるエアクオリティデータ

皆さんは一日にどのくらいの頻度で天気をチェックしますか?天気は日々変化しますが、台風シーズンでない限り、一日の間に常に劇的に変化するわけではありません。では大気汚染はどうでしょう。周辺の大気汚染は一日に何度も劇的に変化していることをご存知ですか?

ユーザー インタラクションの機会が増える

これが、どのようにメディアおよび広告会社、影響力のあるキャンペーンとオーディエンスターゲティングと関係があるのでしょうか。

メディアとコンテンツに力を入れている企業は、ユーザーエンゲージメントを高め、適切なメッセージで適切な人に適切なタイミングで届ける方法を追求しています。サイトやアプリへの訪問の増加、滞在時間の長さ、クリック数の増加、コンテンツへのより多くのユーザーの追加、そして再訪問してもらうことなどが目標となります。

WeatherBug は BreezoMeter のエアクオリティ データを統合し、ユーザーが呼吸する空気の内容をよりよく知ってもらうための Web ページを作成しました。これにより、WeatherBug はより関連性の高い広告をユーザーに提供し、ユーザーが興味関心を持つ関連情報を提供できます。

米国の気象情報プロバイダーである WeatherBug は、ハイパーローカル データへの献身を、パートナーとの広告機会の向上、ユーザー エンゲージメントを向上する機会に変えました。

ユーザー エンゲージメントの向上

サイト トラフィックの増加は、ローカライズされただけでなく個人的に関連するデータを統合するのと同じくらいシンプルです。直感的でリアルタイムな地図と目で見えないものをビジュアル的に伝えることは、エンパワーメントとエンゲージメントだけでなく、ユーザーが再び戻ってくることを促します。

エンゲージメントのソリューション – エアクオリティデータ

メディア企業として WeatherBug は、ユーザーの興味、関心、傾向など、ユーザーを理解する必要があります。エアクオリティデータを提供することにより、プラットフォームへの訪問者が関心を持っていることを理解し、データを活用して広告のターゲット設定を改善できることを実証しています。

関連性のない広告を見たい個人や、間違ったオーディエンスに広告予算を浪費したい企業はいないため、どちらにとっても有利なシチュエーションとなるのです。

BreezoMeter は直感的で関連性の高い情報を顧客に提供し、より適切なターゲティングを実現し、同時に人々がよりきれいな空気を吸うことを支援します。

BreezoMeter 製品の詳細は、弊社 Web サイトをご確認ください。


記事参照:
© 2020 BreezoMeter

2019 年 1 月 14 日

How Air Quality Data Gives Media Companies A Step Up