シーメンス 室内エアクオリティー改善に向け、BreezoMeter と提携

BreezoMeter は、エネルギーシステム、建築技術、産業をインテリジェントに接続する世界的なリーダーである Siemens Smart Infrastructure との協業を発表しました。両社は、外部のエアクオリティー データに基づいて建物内の空気をリフレッシュする最適な時間を決定するユースケースに取り組んでいます。

暖房・換気・空調 (HVAC) のオリジナル機器メーカー (OEM) は、BreezoMeter のハイパーローカルかつリアルタイムのエアクオリティー データを活用して、IoT および「エア・アズ・ア・サービス」ソリューションを提供できるようになりました。同社は、シーメンスのリモート モニタリングおよびインテリジェント診断ソリューションである Climatix IC と組み合わせて、これを実現します。シーメンスの新しいソリューションにより、従来のハードウェアのみのサプライヤーは、屋外の状況に応じて室内空気の質をさらに最適化するサービスプロバイダーになることができます。これらのソリューションを組み合わせることで、自社でソリューションを開発するよりもはるかに低コストで提供することができます。

屋外のエアクオリティーは、自然換気を使用して室内の空気をリフレッシュするタイミングを特定するための鍵となり、自動化された一貫した高レベルのエアクオリティーを実現します。また、これらのデータのインサイトは、アレルゲンや粒子、その他の不純物から空気を浄化するエアハンドリングユニットのフィルターを交換する最適な時期を予測することで、予測的なメンテナンスを可能にします。また、屋外と屋内の汚染レベルを比較して、フィルターの効率性を証明することもできます。

Siemens Smart Infrastructure、Building Products部 CEOである Henning Sandfort 氏は次のように述べています。

「BreezoMeter のリアルタイムのエアクオリティーと気象データは、当社のクラウドベースのソフトウェアを活用して、HVAC の専門家が建物の情報に基づいた自動化された意思決定を行うことを可能にします。そのメリットは、メンテナンスコストの削減、フィルター効率の向上、インテリジェントな空気制御による施設管理の改善であり、すべてが職場の生産性向上につながります。」
「OEM は、デジタルシステム内で屋外汚染レベルのデータを利用できるため、室内エアクオリティー規制へのコンプライアンスを高めることができます。」

BreezoMeter の創設者兼 CEO である Ran Korber 氏は次のように述べています。

「シーメンスとの新たな提携は、スマートホーム業界での BreezoMeter の継続的な成功を強調するものであり、当社の高レベルの精度と分解能により、大手企業の間で好ましい選択肢となっています。」

シーメンスの OEM 向けリモートモニタリングおよびインテリジェント診断ソリューションの一部として、Climatix IC は、 BreezoMeter の屋外エアクオリティーに関する洞察力を簡単に統合し、HVAC の専門家のための AI 主導の意思決定を強化して付加価値を高め、デジタル トランスフォーメーション機能へのアクセスを可能にします。

BreezoMeter 製品の詳細は、弊社 Web サイトをご確認ください。


記事参照:
© 2020 BreezoMeter
2020 年 7 月 23 日
BreezoMeter Works with Siemens to Improve Indoor Air Quality