トップの広告主が環境イベントを使って注目される方法とは

多くの広告主が、環境に関するリアルタイムの情報をキャンペーンに活用し始めています。しかし、なぜ、どのように、正確にキャンペーンを行うのでしょうか?

パーソナライゼーションのスケールアップに役立つ環境情報

調査によると、消費者の90%は、個人的に関係のない企業からのメッセージを「迷惑」と感じています。メッセージとターゲティングは関連性が高くなければならないという消費者からの期待がますます高まっていることから、広告主はより賢いアプローチが必要となっています。

このパーソナライゼーションの課題を解決するために、トップ広告主は環境関連のコンテキスト情報を使って、環境の危険性の現実を個人的な方法で伝えています。

より良い広告ターゲティング

心理学によると、消費者は実際に問題を感じているときに解決策を購入する可能性が高いことがわかっています。

ある年、その年は記録的な高温だったにもかかわらず、英国のクリネックス ブランドが例年のように 10月にクリネックス・バルサムを宣伝したところ、1年間で売り上げが減少しました。翌年、インフルエンザが流行している地域をターゲットにしたキャンペーンを実施することによって、広告費を異なる方法で費やしました。その結果、売上高は 40%増加しました。これは、コンテキストが人々の購入判断に大きく影響していることを証明しています。

同様の方法で、デジタル広告主 (特に室内空気処理とヘルスケア) は、位置情報に基づく大気汚染と花粉情報を統合し、デジタル広告配信の情報提供に役立てています。

これらの広告主は、ユーザーの実際の環境コンテキストに応じて表示される広告を動的にターゲティングすることで、無駄なインプレッション数を減らし、広告費が適切に割り当てられることに成功しています。

一例をご紹介します。

一部の広告主は、環境に関する過去の情報を使用して、リアルタイム入札のための独自のアルゴリズムを構築し、改良しています。長期的には、これは社内コストを大幅に削減し、ROI を向上させることができます。

看板広告と動画キャンペーンのためのダイナミックコンテンツ

以下の例では、Amcal Pharmacy のデジタル看板キャンペーンの広告主は、オーストラリアの特定の地域の花粉数に関する警告をリアルタイムで表示しました。

同様に、ニュートロジーナは動画エージェンシー Spirable と提携し、特定の場所でのライブの大気汚染レベルに基づいたダイナミックなビデオ広告を配信しました。

汚染防止スキンケアの必要性を強調することで、製品の売上減少を完全に逆転させることができました。

パーソナライズされたアラートでトラフィックとブランド認知度を高める

重要な環境イベントが発生した場合、テキストメッセージやプッシュ通知を介して自動的にアラートをトリガーすることで、マーケティング担当者や広告主は、1対1の方法でオーディエンスを自動的に再エンゲージメントすることができます。

ワークフローとアラートは、個人の場所で実際に起こっていることに基づいて通知をトリガーするように設定することができます。

マーケティング担当者や広告主は、このような直接的な方法で個人にアプローチすることで、ウェブサイトへの関連性の高いトラフィックのレベルを高め、ターゲットオーディエンスの間でのブランドの想起度を大幅に高めることができます。

会話型プラットフォームでの迅速な対応

リアルタイムの環境データを利用することで、広告主やブランドは、山火事や重大な汚染などの近辺で起こった出来事を一般のメディアよりも早く知ることができます。

ソーシャルメディア チャンネル、電子メール、その他の会話プラットフォームに自動応答システムを構築することで、ブランドは最初に会話を開始し、環境イベントに対応することができます。


BreezoMeter 製品の詳細は、弊社 Web サイトをご確認ください。


記事参照:
© 2020 BreezoMeter
2020 年 12 月 2 日
How Top Advertisers Use Environmental Events to Spike Interest