PDF、ドキュメントを TIFF に変換する GdPicture.NET SDK

TIFF 形式

TIFF または TIF (タグ付き画像ファイル形式) は、ラスター画像形式の標準です。

その構造は、画像データをグレースケール、カラーパレット、その他の場合はさまざまな色空間の色で記述することができます。

これはおそらく、現存する中で最も用途が広く多様なビットマップ形式です。 その拡張可能な性質と多数のデータ圧縮スキームのサポートにより、開発者は TIFF 形式を特定のデータ ストレージのニーズに合わせてカスタマイズできます。

TIFF 形式の詳細については、ORPALIS Web サイトのブログ記事を確認してください。

簡単な歴史

1986 年に Aldus Corporation によって作成された TIFF 形式は、スキャナー メーカーとソフトウェア開発者からのフィードバックに基づいて開発されました。 その主な目的は、すべてのスキャナー サプライヤーにスキャン画像のラスター ファイルの標準を提供することでした。

その後、グレースケールとカラーのサポートが導入されました。

1988 年にバージョン 5.0 がリリースされ、カラーパレット画像と LZW 圧縮がサポートされました。

TIFF 形式の最後のバージョンは 1992 年(!) のもので、CMYK および YCbCr カラー画像と JPEG 圧縮方法のサポートが含まれています。

1994 年に Adobe Systems は Aldus を買収し、それ以来仕様を維持しています。

GdPicture.NET ドキュメント コンバーター

GdPicture.NET SDK には GdpictureDocumentConverter クラスが含まれています。このクラスは、100 以上のドキュメント/画像形式のドキュメント変換のためのさまざまなメソッドとプロパティを提供します。

それでは、サポートされている形式を .tiff ファイルに変換する方法を見てみましょう。

C#

GdPictureStatus 列挙型を使用して、プロセスを追跡し、潜在的なエラーを取得することを忘れないでください。

この例でわかるように、PDF を入力として受け取りましたが、«LoadFromFile» メソッドでパスと GdPicture14.DocumentFormat.DocumentFormatPDF を変更するだけで、別の形式を選択できます。

変換のプロパティを変更して、変換するページの範囲、DPI の量、変換されたドキュメント内に注釈を保持するかどうかなどを選択することもできます。

たとえば、これは出力 TIFF の DPI を変更する方法です。

gdpictureDocumentConverter.RasterizationDPI = 300;

すべてのプロパティは、こちらをご参照ください

GdPicture.NET Document Converter について詳しく知りたい場合は、ドキュメントに必要なものがすべて含まれています。

また、PDF から TIFF へのコンバーターをリアルタイムでテストしたい場合は、次のオンラインツールがあります。

ページの最下部にある、言語設定で日本語に切り替えることができます。

このオンラインサービスに関しては、オンラインサービスのページの下にある利用規約をお読みください。

デスクトップおよびサーバー デプロイメントが 100% ロイヤリティ フリーのオールインワン画像処理 SDK GdPictre.NET 製品概要はこちら

記事参照: Convert PDF, Documents, and Images to TIFF  (2020.12.7)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする