すべての開発者にアクセス可能なコネクティビティ – Kong Konnect のリリースのお知らせ

世界で唯一のクラウド ネイティブでフル ライフサイクルのサービスを提供する、コネクティビティ プラットフォームの Kong Konnect を提供できることを嬉しく思います。

ソフトウェアのコネクティビティを自分で構築する時代は終わりました。Konnect を使用すると、すべての開発者が、ボタンをクリックするだけで、近日公開予定の API ゲートウェイやサービス メッシュを介して、エッジや内部のコネクティビティを従量制で提供することができます。データ プレーン プロキシは、Konnect からのデータ トラフィックを厳密に分離して、Kong のインフラストラクチャに導入することができます。

これにより、Kubernetes や VM を含むすべてのクラウドにおいて、信頼性、安全性、可観測性を確保しながら接続機能を提供する Konnect をすぐに利用できるようになり、重要なアプリケーションや製品の開発に集中することができます。

また、Konnect に加えて、以下も提供いたします。

  • 宣言的な構成管理と APIOps (英語) を実現する Kong のコマンド ライン ツールである decK for Konnect のサポート。
  • Konnect Enterprise のグローバル化 – 米国以外の地域でも Konnect 管理プレーンを利用可能。

Konnect は、エンド ユーザーが組織内の API やサービスのトラフィックを保護する柔軟性を提供すると同時に、独自のデプロイメント トポロジを利用することで、クラウドのコントロール プレーンを介して 10 倍の OPS 向上を実現した、初のクラウド ネイティブ コネクティビティ プラットフォームです : 

  1. 完全に自己管理されたトポロジを利用。
  2. コネクティビティ ランタイムの実行、運用を可能にするクラウド トポロジで、Kong はコネクティビティ コントロール プレーンと機能モジュールを提供。(下図参照)

Konnect のクラウド トポロジは、開発者、オペレーター、エンタープライズ アーキテクトに以下を提供します。

  1. コネクティビティ ランタイム コントロール プレーン、コネクティビティ ファンクション モジュールの実行、運用に必要なソフトウェア スタックおよびインフラストラクチャの実行、運用の複雑性を排除します。
  2. ServiceHub (英語)、Runtime Manager (英語)、開発者ポータル (英語)、クラスターのヘルス監視 (Kong Vitals) (英語) の各機能モジュールを SaaS がホストするサービスとして活用することが可能になります。これらの機能モジュールにより、開発者はコネクティビティ ロジックではなくビジネス ロジックの開発に集中することができ、エンタープライズ アーキテクトは開発者に権限を与えることで、コネクティビティとサービス・マネジメントを一望することができ、製品化までの時間を短縮することができます。
  3. オンプレミスのデータ センター、クラウド プロバイダー、Kubernetes サービス プロバイダーなど、あらゆる環境におけるコネクティビティ ロジックのライフサイクルを管理および自動化するための、シンプルで一貫性のある Web UI、宣言型構成、API 駆動型のエクスペリエンスを実現します。

decK 上のクラウド ネイティブ

APIOps の重要な要素は、コネクティビティ ファブリックの状態を変換する機能です。つまり、コネクティビティ ロジックを実行し、Git で変更、管理され、CI/CD パイプラインを介してテスト、検証された宣言型構成ファイルを介して、このロジックに関するすべてのメタデータを実行しているランタイムになります。

宣言的な構成管理を可能にする Kong のコマンド ライン ツールである Konnect SaaS による decK のサポートも開始します。Konnect SaaS で decK を使用するには、以下のコマンドを実行してください。

deck konnect
Konnect コマンドには、Konnect の設定を宣言的に行うためのサブコマンドが含まれています。
Usage:
  deck konnect [command]
 
Available Commands:
  diff        Diff the current entities in Konnect with the one on disks
  dump        Export configuration from Konnect (in alpha)
  ping        Verify connectivity with Konnect (in alpha)
  sync        Sync performs operations to get Konnects configuration to match the state file

Konnect Enterprise のグローバル化 

Konnect SaaS では、Kong Gateway のランタイムを、あらゆるクラウド、地域、国、さらにはデータ センターで実行することができ、これらのランタイム上で Konnect の機能モジュールを SaaS として活用することができます。この機能は、2 月の Konnect Enterprise のリリース以来、利用可能であり、完全にサポートされています。しかし、お客様の中には、データ プライバシーやコンプライアンスの要件により、Konnect SaaS 管理プレーンと機能モジュールを異なる地域でホスティングしなければならない場合があります。
そのため、米国以外の地域での Konnect SaaS レイヤーの提供を開始しました。具体的には、ヨーロッパやアジア太平洋地域のお客様が、データ プライバシーやコンプライアンスの要求がある場合に、それぞれの地域で Konnect SaaS レイヤーを利用できるようになりました。
是非、この機会に新しい Konnect をお試しください。


Konnect についての詳細は、以下をご参照ください。
スタートアップ ビデオ (英語)
クイックスタート ガイド (英語)


Kong Enterprise の概要、価格、およびライセンス体系などの詳細は、こちらを参照してください。


記事参照: 2021 年 5 月 11 日
© Kong Inc. 2021
Kong Konnect Plus: Accessible Connectivity for All

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする