BreezoMeter、5メートル間隔で大気質データを提供

BreezoMeter は、わずか 5m という間隔で、リアルタイムの大気質情報を提供しています。つまり、「数歩」レベルで大気質データを提供していることになります。

このアップグレードが重要である理由

WHO が世界の 4300 以上の都市を対象に行った調査によると、現在、推奨されるガイドライン レベルに準拠した地域に住んでいるのは、調査対象となった都市の住民のわずか 20% に過ぎません。しかし、個人の健康リスク要因や大気汚染に対する意識の高まりは、今後数ヶ月、数年にわたって続くものと予想されます。

「私たちは、狭域での大気質情報の革新をリードできることを嬉しく思っています。BreezoMeter の提供する 5m 間隔のデータによって、世界中の人々が大気汚染を回避したり、より健康的な選択をすることが容易になるでしょう。」

5m 間隔の大気環境データがもたらす健康的な都市生活の実現

大気質情報は、その粒度が大きければ大きいほど、実用的で健康的な意思決定のための信頼性が高くなります。BreezoMeter の 5m 間隔のデータは、皆さんの身近で呼吸器系の危険にさらされる機会を減らすことを可能にします。

よりクリーンなルート案内

BreezoMeter の 5m 間隔のデータは、徒歩、自動車、自転車、スクーターなどの移動手段に関わらず、よりクリーンなルート案内を提供し、よりクリーンなルートの選択肢を通知するために使用できます。

タクシーの安全な降車場所

タクシー会社は、BreezoMeter の情報を利用して、乗客にとって安全な降車場所を選択することができます。

健康的なエクササイズゾーン

都会では、運動に適した健康的な屋外ゾーンを見つけるのは難しいものです。BreezoMeter のミクロレベルの大気質情報を利用すれば、安全なスポットや時間を見つけて、屋外でのエクササイズクラスやワークアウトを計画することができます。

スマートな都市環境

局地的な大気質データは、将来の「スマートな環境」に不可欠な要素となるでしょう。BreezoMeter のデータは、都市計画プランナーや政府が大気汚染のホットスポットを定期的に特定し、都市計画や即時対応策、リスクを抱える一般市民へのより良いコミュニケーションに役立てることができるでしょう。

データを使ってみましょう

BreezoMeter の大気質情報は、ウェブサイトのライブマップで誰でも見ることができ、モバイルアプリでも確認できます。また、データを統合して活用したいと考えている企業にも API を提供しています。

BreezoMeter 製品の詳細は、弊社 Web サイトをご確認ください。


記事参照:
© 2021 BreezoMeter
2020 年 5 月 6 日
The 5 Meter Data Launch! BreezoMeter Revolutionizes Air Quality Reporting