一般的な回帰テストの課題を克服する方法

多くの関係者は、ソフトウェア開発を、ソフトウェアが書かれ、テストが実行され、コードがデプロイされるという直線的なプロセスだと考えています。その一方で、多くの開発者は、コードの一部に対する一見無害な変更がアプリケーション全体に波及することを知っています。回帰テストは、すべてが動作することを確認するための唯一の信頼できる方法です。

コードの一部に小さな変更を加えると、アプリケーション全体に波及する可能性があるため、すべてが確実に動作することを確認するための回帰テストが重要になります。

回帰テストでチームが直面する 3 つの課題と、それを克服する方法を見てみましょう。

回帰テストとは?

回帰テストは、新しいコードの変更が既存の機能を壊していないかどうかを確認します。その目的は、新しいビルドまたはリリース候補に誤って持ち込まれたバグを、本番環境に到達する前にキャッチすること、および一度修正された古いバグが再発しないようにすることです。これらの取り組みにより、バグを潰すのに費やす時間と、本番環境に到達する不具合の数を大幅に削減することができます。

回帰テストのプロセスでは、テスト シナリオを再実行して、機能がまだ動作することを確認します。テスト シナリオには、メソッドが適切な結果を返すことを確認するユニット テストや、ユーザーのワークフローが期待通りに動作することを確認する機能テストなどがあります。これらのテストは、ビルド サーバーの一部として自動的に実行される場合と、品質保証担当者が手動で実行する場合があります。

従来、回帰テストは開発チームが作業を終えた後に品質保証チームが実施していましたが、事後に発見された不具合は修正コストが高くつくことが明らかになりました。現代の開発者は、テスト駆動開発プロセスを用いて、コードを書く前にユニット テスト ケースを書き、品質保証チームは、すべてが調和していることを確認する高レベルの機能テストに重点を置いています。

課題 #1: 時間とコスト

回帰テストでは、すでに合格したテストを実行することになりますが、他の関係者に正当化するのは難しく、品質保証エンジニアにとっては気が遠くなるような作業です。テストの作成と実行にかかる時間や、テスト関連のサービスやインフラストラクチャーにかかる高額な費用を正当化するのは困難です。特に、その付加価値を評価していない場合はなおさらです。

TestComplete は、テストの作成にかかる時間とコストの削減に役立ちます。テスト エンジニアは、記録および再生機能を使用して、複雑でスケーラブルな自動ユーザー インターフェイス テストを数秒で作成できます。これらのスクリプトは、新しいビルドまたはリリース候補のたびに、継続的インテグレーション (CI) の一環として自動的に実行されるように設定できます。

課題 #2: メンテナンスと複雑さ

回帰テストは、複雑な開発プロジェクトを進めていくと、どうしても大規模で複雑なものになってしまいます。テスト ケースの数、およびチェックする機能やプロセスの数は数千にもなり、品質保証エンジニアが手作業でテストを行うには、多大な時間とリソースが必要となります。

TestComplete を使用すると、Jenkins などのさまざまなプラットフォームを使用して、回帰テストを簡単に自動化できます。同時に、デスクトップ、Web、およびモバイルの機能的なユーザー インターフェイス テストをすべて 1 つのアプリケーションで管理できるため、他では必要になる数十から数百の異なるツールやライブラリが不要になります。

課題 #3: 脆性テスト

回帰テストは、本番ビルドの前に問題を特定する場合に最適ですが、常に誤検知を投げるテスト スイート、つまり合格すべきテストが失敗するテストほど苛立つものはありません。誤検知を発生させる脆弱なテストは、他の関係者、開発者、およびテスト エンジニアを苛立たせ、誰もがプロセスに二の足を踏んでしまうかもしれません。

TestComplete にはインテリジェント オブジェクト リポジトリが搭載されており、500 以上のコントロールがサポートされているため、GUI テストの拡張性、堅牢性、および保守性を確保することができます。小さな UI の変更で Selenium テストが失敗する場合がありますが、TestComplete のハイブリッド オブジェクト認識エンジンは、人工知能を活用して、動的な要素をすばやく正確に検出およびテストします。

留意すべきベスト プラクティス

回帰テストの作成と維持は、特に限られたリソースの中では難しいものです。しかし、開発プロセスを脱線させるような落とし穴を避け、物事をスムーズに進めるために利用できる多くのベスト プラクティスがあります。

留意すべきベスト プラクティスとしては、次のようなものがあります。

  • テストの自動化: 自動化された回帰テストは、長期的な時間とコストを劇的に削減します。手動の品質保証テスターは、同じテストを繰り返し行うことを要求されると、退屈し、モチベーションを失ってしまいます。
  • 焦点を絞ること: すべてを一度にテストしようとするのではなく、そのソフトウェア アプリケーションで最も頻繁に使用されるユース ケースに焦点を当てます。例えば、ユーザーのサインアップ、ユーザーのサインイン、または購入などが最適な出発点となるでしょう。
  • パックを整理: 回帰テストには時間とリソースを消費するため、古い機能が動作するかどうかをチェックするテストや、古いバージョンのソフトウェアを対象とするテストは削除することが重要です。本当に重要なものだけをテストする必要があります。
  • インサイトの利用: 回帰テストは、テスト エンジニアと開発者が作成してこそ、その有用性を発揮します。回帰を開発者のためのチケットに変換する簡単な方法や、関係者に情報を提供するレポート ツールを作成します。

TestComplete を使用すると、デスクトップ、Web、およびモバイルの各デバイスでこれらのベスト プラクティスを簡単に順守できます。Jira や QAComplete などのテスト管理プラット フォームとの統合により、回帰テストを簡単に整理し、Jenkins、Azure DevOps、TeamCity などの継続的インテグレーション サービスとの統合によりテストを自動化することができます。

結論

回帰テストは、ソフトウェア開発プロセスの重要な部分ですが、真に役立つテストにするにはいくつかの課題があります。TestComplete やその他のツールを使用することで、これらの課題を克服し、回帰テストをより速く、より正確に、よりコスト効率よく行うことができ、アジャイル開発のメリットを最大限に発揮することができます。

今すぐ TestComplete の評価版をダウンロードして、機能的な UI テストをいかに簡単に効率化できるかをご確認ください。

GUI テスト自動化製品 TestComplete の詳細は、こちら

この資料は、SmartBear の Blog で公開されている「How to Overcome Common Regression Testing Challenges」の日本語参考訳です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする