バーコード SDK を選択する際に考慮すべき 5 つの要素

かつては小売業やサプライチェーン マネジメント システムのためのものだったバーコードは、現在ではさまざまな業界やユースケースで利用されています。スキャン可能なバーコードは、ソフトウェアが最小限の処理リソースで効率的に資産を識別および分類できるため、さまざまな自動化戦略に理想的です。エラーを起こしやすい手作業や、複雑な人工知能 (AI) ツールを構築して資産を管理するのではなく、開発者はバーコードを導入するだけで資産を追跡し、情報を適切な目的地に送ることができます。

ソフトウェアに統合するためのバーコード SDK を選択する際、開発者はいくつかの重要な質問をして、作業に適したツールを入手していることを確認する必要があります。統合前に最も重要な優先事項と機能を特定することで、アプリケーションのニーズに合わせて拡張できるバーコード SDK の選択が容易になります。

バーコード SDK を選択する際に考慮すべき 5 つの要素

1. 認識の精度は?

この質問は少し当たり前のように思えるかもしれませんが、正確な結果が得られないバーコードリーダーは、解決するよりもはるかに多くの問題を引き起こすことになります。ユースケースによっては、ぼやけていたり、破れていたり、傾いていたり、あるいは逆に印刷されていたりするバーコードに頻繁に遭遇することがあります。バーコード SDK に、これらのコードを正確に読み取るために必要な画像処理機能が欠けていると、日常的にエラーを報告したり、誤った情報を読み取ったりすることになります。

最も洗練されたバーコードの統合では、読み取り可能な白黒画像を作成するために、必要に応じてスキャンしたバーコードを処理および編集することで、精度を向上させるインテリジェントなアプローチを採用しています。画像の回転と傾き補正が適切に行われた後、SDK はカスタマイズされたアルゴリズムのライブラリを展開し、画像のぼやけ、ノイズ、ピクセルの欠落などの一般的な問題に対して最も適切なソリューションを適用し、読み取り精度を最大限に高めます。 

2. 速さは?

バーコードを大量に読み取らなければならないエンタープライズ アプリケーションでは、スピードが不可欠です。高性能なバーコード SDK は、処理速度が最適化され、マルチスレッドをサポートしているので、アプリケーションはハードウェアが許す限り高速にバーコードを読み取ることができます。バーコードリーダーの速度をテストする最も良い方法は、単純に 1 セットのデータから 1,000 個のバーコードの時間を計ってテストすることです。これにより、特定のユースケースにおける実際の速度を測定することができます。

3. 何種類のバーコードを認識できますか?

様々な業界で使用されているバーコードは、それぞれが少しずつ異なるフォーマットでデータをエンコードしています。限られたユースケースであっても、いくつかの種類のバーコードが必要になることがあります。将来的にアプリケーションの機能を拡張していくためには、1 次元バーコードと 2 次元バーコードを幅広くサポートするバーコード SDK を選択することが重要です。

4. 認識の汎用性は?

バーコードは常に最も理想的なフォーマットで表示されるわけではありません。文書管理のような特定のユースケースであっても、バーコードがすべてのファイルで均一に使用されるとは限りません。汎用性の高いバーコード SDK は、バーコードがページのどの位置にあっても、どのような向きにあっても、認識できる必要があります。また、ファイルを処理するたびにアプリケーションを再設定する必要がないように、異なる種類のバーコードを素早く識別する機能も必要です。また、複数のファイル フォーマットに対応していることで、様々なワークフローにバーコード認識を適用することができます。

5. 統合は簡単ですか?

優れたデザインの SDK は、既存のアプリケーションとシームレスに統合できる柔軟性を備えていなければなりません。実装が困難なソリューションは、すぐに開発時間の損失やリソースの浪費につながります。迅速な立ち上げが可能なバーコード SDK を選択することで、開発者はプロジェクトを予定通りに進め、顧客が必要とする機能を備えたソリューションをより早く市場に投入することができます。

ボーナス:バーコード SDK を選択する際に考慮すべき 5 つの追加要素

6. バーコードの書き込みもできるか?

バーコードを迅速かつ正確に読み取る能力は確かに重要ですが、多くのアプリケーションでは、より広範な資産管理システムの一環としてバーコードを生成する能力も必要です。バーコード SDK は、組織がアプリケーション内でデータを追跡およびルーティングするのに役立つ複数のバーコードタイプを書き込める必要があります。

7. 文書管理に適していますか?

現在、多くの組織がドキュメント管理システムの一部としてバーコードを使用していますが、すべてのバーコード SDK がこのタスクに適しているわけではありません。いくつかのバーコード統合製品は、デジタルドキュメントの特定のニーズよりも、在庫管理や小売業のユースケースのための物理的なスキャナに焦点を当てています。文書管理システムを構築する開発者は、アプリケーションで最良の結果を得るために、バーコード SDK がデジタル ドキュメントのバーコードの読み取りと書き込みに特別に最適化されていることを確認する必要があります。

8. どのようなプログラミング言語をサポートしていますか?

アプリケーションのプログラミング言語をサポートしていない場合、開発者はバーコード SDK の導入をあまり進めることができません。ソフトウェアチームは、.NET framework、.NET Core、Node.js、Java、Linux (C/C++)、Android、または iOS で製品を作っているかどうかにかかわらず、統合の時期が来たときに、その環境と互換性のある SDK を確保する必要があります。

9. 開発者サポートはありますか?

バーコードの処理は真空状態では行われません。ソースデータ (スキャンされた画像) には常に問題がありますし、コードの種類も常に進化しています。SDK のサポートに力を入れているベンダーと協力して、実装やパフォーマンスの問題を解決するためにお客様をサポートすることで、プロセスをよりスムーズにすることができます。多くの場合、バーコードや画像が完璧ではない実世界の状況で高い精度を実現するには、このようなガイダンスが不可欠です。また、継続的かつ積極的なサポートにより、バーコード SDK は定期的にセキュリティやパフォーマンスのアップグレードを受けることができます。この要素だけでも、サポートを提供しない数多くのオープンソースのソリューションよりもはるかに優れた選択肢であると言えます。

10. パフォーマンスデータを提供していますか?

信頼度の値は、開発者がバーコード認識のパフォーマンスを積極的に追跡するのに役立ちます。これにより、特定のバーコードの読み取りに関する潜在的な問題を特定し、エラーが最も発生しやすい場所を理解することができます。これらの情報に基づいて、信頼性のしきい値を積極的に調整し、アプリケーションのワークフローを最適化することで、ある状況ではスピードを優先し、他の状況ではより厳密な精度を優先することができます。

Barcode Xpress でより優れたバーコードアプリケーションを構築

Accusoft の Barcode Xpress は、速度、精度、および柔軟性の組み合わせを提供する強力なバーコード SDK の統合です。開発者は、わずか数行のコードで、アプリケーションに 30 種類以上のバーコードを検出、読み取り、書き込みする力を与えることができます。Barcode Xpress は、ページ上の複数のバーコードを数ミリ秒で認識し、他の SDK では登録できない壊れた、損傷した、不完全なコードを読み取ることができます。

私たちは、新機能の追加や操作性の向上のために、常に Barcode Xpress の改良に取り組んでいます。複数のオペレーティング システムで利用可能な当社のバーコード SDK は、ドキュメント管理に完全に最適化されており、自動化プロセスと効率的なデータキャプチャをサポートします。私たちは、最も困難なバーコードを使って常にテストを行っており、それが業界で最も信頼性の高いツールキットとなった理由の一つです。 無料の評価版をダウンロードして、お手持ちのバーコードでテストし、お客様の開発環境でのパフォーマンスを判断してください。 

Accusoft Barcode Xpress 製品の詳細は、こちら

Accusoft Barcode Xpress 製品カタログは、

Accusoft Barcode Xpress の無料評価版はこちらから

参照ブログ記事 (開発元の Accusoft 社ブログ):  5 Factors to Consider when Selecting a Barcode SDK

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする