システム管理者が直面する最も頻度の高い課題トップ 5

企業の IT インフラストラクチャーを担当している管理者は、さまざまなテーマに取り組まなければなりません。プロジェクトだけでなく、ネットワークの円滑な運用にも力を入れる必要があります。障害が発生すると、従業員を困らせるだけでなく、会社にとっても経済的な影響を与える可能性があります。

世界的な調査で、管理者が最も頻繁に直面する日々の課題を調べることにしました。ここでは、そのような課題のトップ 5 、および障害を未然に防ぎ、できるだけ早く情報を得るために PRTG が提供する方法をご紹介します。

#1: ネットワーク接続の問題

ネットワーク上でどのようにデバイスが接続されていても、そのデバイスにアクセスできることが保証されなければなりません。例えば、アクセスができなくなったり、データが受信できなくなったりしたことを知らせるのは、通常、ユーザーです。PRTG の Ping Sensor を使用すると、デバイスがアクセス不能になったときにすぐに通知を受けることができるだけでなく、各デバイスの稼働状況を把握することができます。

ネットワーク デバイスの可用性

#2: 帯域幅のボトルネック

帯域幅の問題は、データベースやファイル サーバへのアクセスが遅くなるだけでなく、しばしばタイムアウトを引き起こします。特に大きなファイルを扱うアプリケーションでは、アプリケーションを開く際に終了しないよう、ある程度の帯域幅を確保する必要があります。さらに重要なことは、VoIP を使用する際に十分な帯域を確保することです。これはリアルタイム通信と呼ばれるもので、障害が発生すると画像や音声ですぐにわかります。さまざまな帯域幅センサーは、ネットワークのボトルネックを発見し、それを解決するのに役立ちます。

帯域幅センサー

#3: サーバーの容量不足

サーバーのストレージ容量が不足すると、サーバーの動作が極端に遅くなったり、まったく動作しなくなったりすることがよくあります。場合によっては、ログオンできなくなることもあります。管理者であれば、誰もが経験したことのある問題でしょう。原因不明でハードディスクの容量が減っていきます。さまざまなストレージおよびファイル サーバー センサーが解決策を提供してくれます。利用可能なストレージ容量が異常に早く使用されている場合は通知され、障害を未然に防ぐことができます。

ストレージおよびファイル サーバー センサー

#4: セキュリティ侵害

セキュリティ侵害は、できるだけ早く最大の注意を払う必要があります。そこに最大の危険が潜んでいることが多いのです。そのため、多くの企業では監視カメラを設置したり、入退室管理を行っています。では、誰が監視ステーションを監視しているのでしょうか? PRTG はあなたの CCTV 環境を監視するための適切なソリューションを提供します。さらに、ダッシュボードを作成し、例えば、最も重要なカメラからのライブ画像の概要を確認することができます。

CCTV 機器の監視

#5: ISP の問題

インターネットの接続が利用できなくなったときほど、困ることはありません。これは、従業員が電話で苦情を言う最も一般的な理由でしょう。このような場合、Web ページにアクセスできなくなるだけでなく、遠隔地からネットワーク リソースにアクセスすることもできなくなります。その結果、自社の Web ショップにもアクセスできなくなり、経済的な損失や顧客の不満を招くことになります。PRTG は、さまざまな HTTP センサーを使用して、外部または内部の Web ページが利用可能かどうか、またそれらが完全にロードされるまでの時間を通知することができます。また、リモート Ping センサーと組み合わせることで、選択的な問題なのか、インターネット接続の障害なのかをすばやく判断することができます。

Web サーバー (HTTP) センサー

管理者として、あなたもここで紹介した 5 つの最も頻繁な課題に直面しているでしょうか? それとも、ここでは紹介していないような、まったく別の課題に直面しているでしょうか?


この記事は、Paessler 社の Blog で公開されている「Top 5 most frequent challenges sysadmins face」の日本語参考訳です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする