PhotoModeler カスタマー プロジェクト プロファイル – Lightpoint Scientific 社

この記事では、車両のクラッシュ分析と事故の再現に PhotoModeler を使用しているお客様のワークフローをご紹介します。

Lightpoint Scientific 社と Axiom Forensic 社を代表する Lou Peck 氏は、長年にわたって事故の再現とクラッシュ分析を行ってきたお客様です。彼のチームは、PhotoModeler でレーザー スキャン データを使って、測定やプレゼンテーションのためにクラッシュや事故現場のモデルを構築するワークフローを開発しました。Lightpoint Scientific 社は、事故の再現作業に使用できる自動車のデータセットを提供しています。Axiom Forensic 社は彼らの法医学コンサルタント会社です。

ここでは、最近公開された非常に興味深い 2 つの動画 (英語) を紹介し、レーザー スキャン データと PhotoModeler を使った法医学プロジェクトをどのように統合できるかを示します。


レーザー スキャンのモデルを使って写真からクラッシュをモデリングする方法

この動画では、Peck 氏が、モデルとなる車両のレーザー スキャンを使用し、PhotoModeler で 2 枚の写真を使った「未知のカメラ」プロジェクトのオリエンテーションにコントロール ポイントを設定して、カメラのキャリブレーションを行っています。

「未知のカメラ」プロジェクトでは、撮影したカメラにアクセスすることができず、その特性 (焦点距離、レンズの歪みなど) についてほぼ何もわからない写真を扱うことになります。PhotoModeler に点群としてインポートされた車両のレーザー スキャン モデルを使って、2 枚の写真から PhotoModeler でモデリングした重要なクラッシュ ポイントと、車両モデルにおいてそれに対応するポイントの間を測定する方法を示しています。このようなクラッシュ データは、衝突時における車両の速度 (デルタ V) を計算するために使用できます。


監視カメラの映像から車両速度を確立する方法

この動画では、Peck 氏が監視カメラの映像からフレームをエクスポートし、経過時間と移動距離に基づいて車両速度を計算しています。

このシーンでは、レーザー スキャン後に、そのデータを使って一連のコントロール ポイントを設定し、PhotoModeler で写真の向きを変えたり、監視カメラの特性をキャリブレートしたりしています。 また、車両のレーザー スキャンも PhotoModeler プロジェクトにインポートして視覚化しました。

PhotoModeler で画像シーケンスを設定し、車両の動きを写真に投影して時間の経過とともに視覚化できるようにしました。

これらの 2 つの動画では、PhotoModeler (および CloudCompare や Rhino などの補完的なソフトウェア) を使用してレーザー スキャン データとフォトグラメトリを統合し、正確な測定と魅力的なプレゼンテーションを実現する方法を示しています。


PhotoModeler の製品概要、価格、およびライセンス体系などについては、こちらを参照してください。
30 日間の評価版ライセンスをご希望の方は、お気軽にお問い合わせください。


©Copyright 2021 PhotoModeler Technologies

Customer Project Profile – Lightpoint Scientific