デジタル テクノロジを駆使したデジタル トランスフォーメーションの推進

デジタル トランスフォーメーション (DX) は、進化する今日のビジネス シーンにおいて、企業が競争力を維持するための重要なステップです。しかし、デジタル トランスフォーメーションとは一体何を指しているのでしょうか。

DX とは、生産性を向上させるために、最新かつ最も適切なテクノロジを従業員に提供することだという考えがあります。デジタル テクノロジは DX の主要な部分ですが、この概念自体はさらに複雑なのです。

デジタル トランスフォーメーションとは?

DX は、「組織がテクノロジ、人、プロセスをどのように使ってビジネスのパフォーマンスを根本的に変えるかを考え直すこと」であると定義されています。それは、まず組織の意思決定を変革し、その変革をテクノロジの進歩によってサポートすることを意味します。

International Data Corporation (IDC) の市場調査によると、組織がデジタル変革の道を歩み始める主な要因として、「競争圧力、効率性の向上、顧客の期待により良く応える能力」を挙げています。

新しい考え方を取り入れ、旧来のビジネス プロセスを変革することで、組織はより俊敏な方法で業務を遂行し、競争力を高めるためにビジネスを拡大することができるのです。

DX 戦略全体を支えるテクノロジ

デジタル テクノロジは、組織がこれらのプロセスを変革するために不可欠な役割を果たします。しかし、IDC は、クラウドやモビリティ、ビッグデータ解析といったデジタル テクノロジと DX そのものとを混同してはならないことを念押ししています。

ただ単に従業員に新しいテクノロジを提供するだけでは、ビジネスをデジタルに変換することはできません。デジタル テクノロジは、ビジネス全体の目標をサポートし、組織が目指す変革の目標を補完するものでなければなりません。

デジタル テクノロジによって、組織はビジネス プロセスを容易に適応させ、より高いレベルのイノベーションを推進することができます。組織の DX に着手しようとしているビジネス リーダーは、採用を加速し、変化によって生じる摩擦を軽減するために、あえて「変わらないもの」に注目することが重要です。

業務遂行プラットフォームが果たす役目

デジタル テクノロジは、プロセスの自動化で従業員がより重要で高度なタスクに集中できるよう支援し、組織が変革プロセスの次のステップに進むのをサポートします。 IDC は、「業務遂行ソフトウェアは、人々の働き方を改善する DX 戦略において不可欠なコンポーネントである」とレポートしています。Smartsheet のような業務遂行プラットフォームを使用すると、従業員は柔軟で適応性の高い新しい方法で、業務の計画、把握、管理、自動化、および報告ができるようになります。

業務遂行プラットフォームの導入を検討しているビジネス リーダーは、以下のようなプラットフォームの主要機能を検討することから評価を始めるとよいでしょう。

  • 直感的に使用でき、導入が簡単
  • 柔軟性と適応性
  • 複数のユースケースやビジネス プロセスに対応可能な構成
  • 組織内および外部の関係者とのシームレスな共有を促進
  • エンタープライズクラスのセキュリティと制御を提供
  • 他のエンタープライズ アプリケーションとの統合が容易

ビジネス リーダーは、時間をかけて DX の目標を理解し、導入するテクノロジが従業員の働き方を補完し、向上させるものであることを確認することが重要です。そうすることによって初めて、それらのテクノロジを活用し、デジタル時代に向けたビジネスを変革していくことが可能になります。

©2022. Smartsheet Inc.
How digital technology can drive your digital transformation