記事特集

HPC (High Performance Computing) プログラミング向け製品に関する記事を紹介します。

米インテル社による「マルチスレッド・アプリケーション開発のためのインテル・ガイド」の日本語訳はこちらのページからご覧ください。

マルチコア CPU に向けた最適化機能や自動的にコードをベクトル化/並列化する機能などを備えたコンパイラーです。Windows 版/Linux 版/OS X 版の C++ および Fortran コンパイラーが提供されます。

コンパイラを変えるだけでパフォーマンス向上、インテル コンパイラーの実力を見る

インテル コンパイラーは、CPU メーカーが開発しているということで、マルチコア CPU へ向けた最適化やそれらが備える SSE 4.1 といった命令セットへの対応、そして自動並列化機能など、パフォーマンスの高いバイナリコードを生成する機能を備えている。しかし、コンパイラを変えることで本当にパフォーマンスが変わるのか、またその違いはどの程度なのか気になる方も多いだろう。そこで本記事では工学分野などで使われる数値演算プログラムを例に、生成したコードのパフォーマンスを検証する。

記事を読む

インテル コンパイラーの実力を測る――インテル コンパイラー版 MySQL は本当に速いのか?

インテルが開発している「インテル コンパイラー」は Oracle などパフォーマンスを求めるベンダーで採用されているほか、科学計算用アプリケーション、3D グラフィックソフトなど、さまざまなソフトウェアのコンパイルに利用されている。そこで、インテル コンパイラーでコンパイルされたバイナリをベンチマークテストし、実際どの程度の性能向上が見込まれるのかを調べてみよう。

記事を読む

インテル コンパイラーでオープンソースソフトウェアをコンパイルしよう

インテルの「インテル C++ コンパイラー」は高速なバイナリを生成するということで知られている。しかし、インテル C++ コンパイラーは Visual C++ や GCC との互換性を備えているものの、完全に同一というわけではない。そこで、有名なオープンソースソフトウェアについてインテル C++ コンパイラーでのコンパイルを行い、どの程度の修正でコンパイルが可能なのか、またそのパフォーマンスはどうなのか、調査してみよう。

記事を読む

インテル コンパイラーでビルドする高速 Firefox

近年、そのパフォーマンス競争が盛んに行われている分野として、Web ブラウザが挙げられる。たとえば Safari 4 のベータ版は自らを「世界最高速」とうたうなど、それぞれの Web ブラウザが自身の高速性をアピールしているが、それでは Web ブラウザのコンパイルにインテル コンパイラーを利用することでパフォーマンスを向上できないだろうか? そこで、Firefox の最新版である Firefox 3.1 ベータ 2 について、Windows 環境でインテル コンパイラーを使用してコンパイルし、そのパフォーマンスを調査してみた。

記事を読む

Core i7 の SSE4.2 にも対応、インテル コンパイラーで作る SSE 対応プログラム

インテル コンパイラーの特徴の 1 つに「自動ベクトル化」がある。これは SSE(Streaming SIMD Extensions)と呼ばれる CPU の機能を利用することで数値演算の高速化を図るものだ。本記事では、インテル コンパイラーでの SSE の使用と、その効果について解説する。

記事を読む

インテル コンパイラーで試す次世代 C++ 規格「C++0x」

インテル コンパイラーでは OpenMP 3.0 や C++ ラムダ関数、並列コンパイルといった、新規格や最近注目されている機能がいち早く取り入れられている。本記事では、インテル コンパイラーが採用した新規格について解説する。

記事を読む

インテル コンパイラー 1000 本ノックプロジェクト

インテル コンパイラーでコンパイルしたプログラムは高速に動作すると言われている。しかし、そのためだけにわざわざソースコードからコンパイルを行うのは面倒だ、という人も多いだろう。そこで「インテル コンパイラー 1000 本ノックプロジェクト」と題し、インテル コンパイラーでコンパイルしたプログラムを公開することにした。

記事を読む

Windows 7 に完全対応したインテル コンパイラー 11.1

Windows 7 の導入にあたり、いままで使っていたアプリケーションや開発ツールが新しい環境でも正しく動作するか気になっているユーザーも多いだろう。そこで本記事では、Windows 7 環境でのインテル コンパイラーや Visual Studio といった開発ツールの動作確認や、Windows 7 向けの Windows SDK の導入、そしてパフォーマンス検証など、Windows 7 上での開発環境の利用について紹介する。

記事を読む

インテル Atom プロセッサー向け インテル アプリケーション・ソフトウェア開発ツール・スイートで行うMoblinアプリケーション開発

Moblin 標準開発環境の構築から 、「インテル Atom プロセッサー向け インテル アプリケーション・ソフトウェア開発ツール・スイート」での Moblin SDK の利用、デバッグ方法について紹介する。「Moblinアプリケーション開発はじめの一歩」ほか。

記事を読む

Windows 7 に対応し、並列化サポートも強化された「インテル C++ コンパイラー 11.1」

インテル C++ コンパイラー 11.1 は Windows 7 に対応しています。それに加えて、次世代の 256 ビット命令セットに対応したインテル AVX(Advanced Vector Extensions)、AES(Advanced Encryption Standard)命令セット、最新の OpenMP 3.0 など多くの新技術にいち早く対応しています。本記事では、Codezine 著者がインテル C++ コンパイラー 11.1をサンプルコードを用いて試用した様子をお伝えします。

記事を読む

インテル プロセッサー向け並列化プログラミング - 対称行列の三重対角化

マルチコアプロセッサーの複数のコアを活用するには、アプリケーションの並列化が必要です。本記事では、インテルコンパイラーやライブラリー製品を用いて対称行列の三重対角化を使い、並列化を実装する方法を解説します。

記事を読む

コンパイラと高速ライブラリがセットに「インテル Composer XE 日本語版」

最近では CPU が効率的に実行できるような最適化されたコードを出力する機能がコンパイラに搭載されている。そのなかでも、特にインテル CPU 向けに特化した最適化機能を特徴とするコンパイラ製品がインテルの「インテル Composer XE」である。

記事を読む

並列処理に強い開発ツール「インテル コンパイラー」

最近、マルチコア CPU を搭載する PC が増えており、アプリケーション開発において「並列化」が注目を浴びつつある。しかし、アプリケーションの並列化は容易ではない。そのような状況の中、並列化をサポートする機能を備えた開発環境が登場している。その 1 つが、強力な並列化機能を備える「インテル コンパイラー」である。

記事を読む

高性能の並列アプリケーションを安全に開発できるコンパイラー

インテルの「インテルコンパイラー 11.1 日本語版」が提供するアプリケーションの自動並列化は、簡単かつ確実な実装方法だ。自動並列化およびベクトル化など最適化専用のオプションを指定することで、コンパイル時にソースコードの中から最適化と並列化を行える場所を自動検出し、高速なバイナリーを生成する。

記事を読む
(http://special.nikkeibp.co.jp/ts/article/0i0i/103849/)

インテル社が提供するライブラリー製品を使用することでパフォーマンスの良いスレッドセーフなアプリケーションを素早く開発できます。また、インテル® VTune™ パフォーマンス・アナライザーはソフトウェアのパフォーマンス上のボトルネックを素早く見つけて、高性能ソフトウェアの早期開発に貢献します。

インテル謹製の数値演算ライブラリ「MKL」を使ってプログラムを高速化

各種スケジューリング処理やシミュレーション、統計処理、デジタル制御や信号処理などの分野では、多次元行列演算や高速フーリエ変換(FFT)、線形計画法など、さまざまな数学的処理が必要とされる。インテル コンパイラーに付属する「インテル マス・カーネル・ライブラリ」(MKL)はこのような処理を高速に実行する数値演算ライブラリで、同社のCPUで高速に動作するよう最適化されているだけでなく、並列処理にも対応しているのが特徴だ。本記事では MKL が備えている機能を紹介するとともに、フリーのライブラリとのパフォーマンスを比較する。

記事を読む

マルチメディア処理から信号処理まで幅広く活用できる高速ライブラリ「IPP」

インテル C++ コンパイラーに付属するライブラリの 1 つに「インテル インテグレーテッド・パフォーマンス・プリミティブ」(IPP)がある。IPP は動画や音声、画像などの処理に向けた関数を備えたライブラリなのだが、実際のところ IPP がどのようなものなのか分からない方も多いだろう。そこで本記事では、IPP には何が含まれており、またどのような用途に使えるのかを紹介する。

記事を読む

パフォーマンス解析ツール「VTune」でアプリケーションを高速化

作成したプログラムのパフォーマンスに問題がある場合、性能解析ツールを利用して問題点を分析するのが一般的だ。性能解析ツールには様々なものがあるが、その中でも高機能なものとしてインテルが開発する性能解析ツール「インテル VTune パフォーマンス・アナライザー」がある。本記事ではパフォーマンスの問題が発見されたプログラムを対象に、このインテル VTune パフォーマンス・アナライザーを使用して問題点の調査とパフォーマンスの改善を行う例を紹介する。

記事を読む

インテル® C++/Fortran コンパイラーの後継製品である、インテル® C++/Fortran Composer XE、エラー検出ツールであるインテル® Inspector XE、パフォーマンス分析ツールのインテル® VTune Amplifier XE が含まれた、総合開発ツールです。

高度な最適化機能や並列プログラミングサポートを提供する新開発ツール「インテル Parallel Studio XE 2011」

コンパイラといえば、Visual Studio や GCC が有名だ。これらはそれぞれ Windows/Linux標準の開発ツールとして使われているが、それ以外にも数多くの開発ツールがリリースされている。その一つがインテルの「インテル Parallel Studio XE 2011」だ。Parallel Studio XE 2011 はインテル CPU の機能を最大限に活用するための開発ツールであり、強力な最適化機能を持つコンパイラを搭載している。

記事を読む

ハイエンドなアプリケーションのためのツール・スイート「インテル Parallel Studio XE 2011」

「インテル Parallel Studio XE 2011」(以降Parallel Studio XE 2011)は、並列アプリケーション実装を行うためのコンパイラーと分析ツールを含むスイート製品です。主に科学技術計算のような性能を求められる分野などを対象としています。

記事を読む

マルチコア・プロセッサーの優れた性能を最大限に活用するには、アプリケーションの「並列化」が必要です。並列化とは?並列化アプリケーションを作成するには?並列化に関して解説した記事を紹介します。

ソフトウェア高速化の鍵は「並列化」:いま注目される並列化技術を知る

従来は高級サーバーでしか採用されていなかったマルチ CPU /マルチコアが、一般的な PC にも普及しつつある。このようなマルチ CPU /マルチコア環境において、高速に動作するアプリケーションを開発するために注目されているのが「並列化」技術である。本記事では、この並列計算の基本的な考え方やそのメリット、利用できるライブラリなどについて紹介する。

記事を読む

購入

技術情報

サポート