インテル® IPP 2017

画像処理、信号処理、データ圧縮および暗号化向けライブラリーです。
インテル® Parallel Studio XE、インテル® System Studio に同梱されています。
関連情報
[お知らせ一覧]

あらゆる画像処理、信号処理、データ圧縮、および暗号化を支援

インテル® インテグレーテッド・パフォーマンス・プリミティブ (インテル® IPP) は、データ処理と通信アプリケーションの開発に役立つ豊富なソフトウェア関数ライブラリーです。

インテル® IPP には再配布権が含まれ、ランタイム・ライブラリーは、開発したアプリケーションとともに無制限に再配布できます。インテル® ストリーミング SIMD 拡張 (インテル® SSE)、インテル® アドバンスト・ベクトル・エクステンション (インテル® AVX)、インテル® アドバンスト・ベクトル・エクステンション 2 (インテル® AVX2) 命令セットを使用することで、コンパイラーが単独で開発を行うよりも、より高度に最適化できます。

詳細・新機能 技術情報

特長

  • 電力効率とパフォーマンスを向上する最適化

    • 高度に最適化されたルーチン群
    • インテル® SSE4、SSSE3、SSE、AVX、AVX2、AVX-512 命令セットを使用して高度に最適化
    • 最適化コンパイラー単体で実現可能なパフォーマンスをはるかに超えるパフォーマンス
  • インテルによって開発された将来性のあるライブラリーで開発時間を短縮

    • 現在および過去のプロセッサーに対する最適化
    • 開発、デバッグ、メンテナンスの時間を短縮
    • 記述したコードは将来の最適化にも有効
  • 幅広いプラットフォーム & OS のサポート

    • 高度に最適化された数多くの信号処理、データ処理、メディア処理関数
    • 広範なアプリケーション領域のサポート
    • インテル® Quark™ プロセッサー、インテル® Core™ プロセッサー、インテル® Xeon® プロセッサー、インテル® Xeon Phi™ コプロセッサー、およびインテル® Atom™ プロセッサー

製品紹介資料

本ライブラリーが同梱されるインテル® Parallel Studio XE の製品概要、新機能、各エディションの違いやコンポーネント、パフォーマンス、お客様の声などをご紹介しています。

PDF

  • 現在は PDF 版のみ公開しています。ブラウザ表示板は近日公開予定です。

スイート製品に同梱

インテル® IPP は単体で販売されておりません。以下製品に同梱されます。

インテル® Parallel Studio XE

アプリケーションの高速化、安定化を支援するスイート製品です。

インテル® System Studio

組込み/モバイルデバイス向けシステムの電力効率、パフォーマンス、信頼性向上を支援するスイート製品です。

バージョン 2017 新機能

主に以下の変更・機能が追加されました。
詳細は、リリースノートおよびインテル社公開の情報を参照ください。

  • 64 ビット・データ長 (インテル® IPP 64 関数) をサポートする新しい API

    • インテル® 64 アーキテクチャーで大きな画像と信号データを処理する 64 ビット長関数。
    • タイルとマルチスレッドを使用し、32 ビット・サイズの関数のラッパーとして API を実装。ラッパーソースはインテル® IPP 外部スレッドの例として提供されます。
  • 画像処理およびコンピューター・ビジョン関数向けの新しい C/C++ 統合ラッパー

    • C/C++ API の両方をサポートするスケーラブルなインターフェイス
    • 簡単に使用できるスレッドとタイル
    • C インターフェイス:
      • 入力パラメーターに基づいた適切なインテル® IPP 関数の自動選択
      • インテル® IPP 関数の一時メモリー割り当ての自動制御
      • タイル処理の改良およびタイルの自動境界処理
      • スレッドのメモリー最適化
    • C++ インターフェイス:
      • 自動構築および破棄機能を使用するため複雑なインテル® IPP 関数をクラスとして設計
      • 関数のデフォルト値
      • 例外によるエラー制御
  • さらなるパフォーマンス向上および最適化

    • インテル® AVX-512 の最適化をインテル® MIC アーキテクチャーおよびインテル® Xeon® プロセッサー向けに拡張
    • インテル® AVX2 の最適化を第 6 世代インテル® Core™ プロセッサー向けに拡張
    • インテル® ストリーミング SIMD 拡張命令 4.2 の最適化をインテル® Atom™ プロセッサー向けに拡張
  • インテル® IPP ベースの zlib ライブラリーとインテル® IPP 関数

    • インテル® IPP ベースの zlib は、異なるバージョンのオープンソース ZLIB (v.1.2.5.3、v.1.2.6.1、v.1.2.7.3、v.1.2.8) のパッチファイルを提供します。
    • 最適化ライブラリーは、対応する Zlib-1.2.x ライブラリーと (ソースコードおよびバイナリーレベルで) 完全に互換性があります。すべての圧縮レベルおよびモードをサポートしています。
    • アプリケーションをインテル® IPP ZLIB ライブラリーで再リンクするだけで、パフォーマンスを引き出すことができます。

アプリケーション・パフォーマンスの最適化

インテル® IPP は、インテル® ストリーミング SIMD 拡張 (インテル® SSE)、インテル® アドバンスト・ベクトル・エクステンション (インテル® AVX)、インテル® アドバンスト・ベクトル・エクステンション 2 (インテル® AVX2) 命令セットを使用して、コンパイラー単独で開発を行うよりも、より高度な最適化ができるようになります。

インテルのソリューションは開発者の時間を節約

インテルでは、ランタイム・ライブラリーの再配布権込みの関数群の開発を行っているため、開発者はアプリケーションの新しい機能の開発に時間を取れるだけでなく、長い目で見れば開発、デバッグ、そして保守の時間を節約でき、現在開発したコードを、将来の世代のインテル® プロセッサーでも動作させることができます。

数千ものよく利用される関数群

インテル® IPP は、デジタルメディア、エンタープライズ・データ、組込み、通信およびや科学/技術系アプリケーションにおいてよく利用される基本アルゴリズムを網羅する、数千もの最適化済み関数を提供しています。

イメージ処理/カラー変換

  • ヘススケア (医療画像を含む)
  • 写真/ビデオ処理向けの特殊効果
  • オブジェクトの圧縮と展開
  • 画像スケーリング、画像合成
  • ノイズ・リダクション
  • 光学補正

コンピューター・ビジョン

  • デジタル監視
  • 産業/マシン・コントロール
  • 画像認識
  • 生体識別
  • 機器の遠隔操作やジェスチャー解釈
  • 材料や物体の自動仕分け

データ圧縮

  • インターネットのポータル・データセンター
  • データ・ストレージ・センター
  • データベース
  • 企業データの管理

信号処理

  • 通信
  • エネルギー
  • 音声または非音声信号の録音、拡張および再生
  • エコーキャンセル: フィルター処理、イコライズと強調処理
  • 環境や音響のシミュレーション
  • 洗練されたオーディオやエフェクトを伴うゲーム

暗号化

  • インターネットのポータル・データセンター
  • 情報セキュリティー
  • 通信
  • 企業データの管理
  • トランザクション・セキュリティー
  • スマートカード・インターフェイス
  • ID の検証
  • コピー保護
  • 電子署名

将来性のある最適化

一度コードを記述するだけで将来の利用も可能にします。単純に最新のインテル® IPP と再リンクすることで、将来のプロセッサーと命令セットによるパフォーマンス向上が期待できます。この将来性は、アプリケーション開発の時間とコストを削減します。

再配布のロイヤルティー無料

アプリケーションとともに再配布するランタイム・ライブラリーの数に制限はありません。そのため、長期に渡りコストを削減できます。

インテル® IPP は、インテル® アーキテクチャーの改善と新たなインテル® プロセッサー固有の最適化による恩恵を受け、パフォーマンス向上を実現します。

信号処理

This is a collection of low-overhead, high-performance signal processing functions. The most popular functionality includes signal filters, convolution, correlation, and 1-D FFT.

画像処理

The image processing functionality is a major part of Intel® IPP. All operations are done in 2D images. The most popular CPU-intensive functions are image resize, FFTs, and image filters.

データ圧縮

Digital data compression, also known as lossless compression, is used in various applications to decrease the amount of data during data storage and network transfer operations. The data compression operation is quite time-consuming (CPU- and power-consuming). Intel IPP has a specialized domain of functions called Intel IPP DC domain to decrease CPU time required for these operations.

製品セミナーや関連イベントをご紹介。

米インテル社の製品情報を日本語に翻訳して公開中。

アプリケーションの高速化、安定化を支援するスイート製品です。

組込み/モバイルデバイス向けシステムの電力効率、パフォーマンス、信頼性向上を支援するスイート製品です。

プロセッサー

複数世代のインテル® プロセッサーと互換プロセッサーで動作検証されています。

  • インテル® Xeon® プロセッサー・ファミリー
  • インテル® Xeon Phi™ コプロセッサー
  • インテル® Core™ プロセッサー・ファミリー
  • インテル® Atom™ プロセッサー・ファミリー
  • インテル® Quark™ プロセッサー
オペレーティング・システム

複数オペレーティング・システム上で同じ API を使用してアプリケーションを開発できます。

  • Windows 10* (IA-32/インテル® 64)
  • Windows 8* (IA-32/インテル® 64)、Windows 8.1* (IA-32/インテル® 64)
  • Windows 7* (IA-32/インテル® 64) – 補足: インテル® AVX 命令セットは SP1 が必要
  • Windows Embedded 7*、Windows Embedded 8*
  • Windows Server* 2016、2012 R2、2008* R2 SP1 および SP2 (IA-32/Intel® 64)
  • Windows HPC Server 2008* R2
  • Windows 10* IoT
  • Red Hat* Enterprise Linux* 6、7、7.5
  • Fedora* 24、および 25
  • SUSE* Linux* Enterprise Server (SLES) 11 および 12
  • openSUSE* 13.2
  • Ubuntu* 14.04 LTS、15.04、15.10 および 16.0.4
  • Debian* 7.0 および 8.0
  • CentOS* 7.1
  • Wind River* Linux* 6、および 7
  • Yocto Project* 1.7、および 1.8
  • Tizen* 3.0
  • Snappy Ubuntu* 15.04
  • Glibc version: 2.4 以上
  • OS X* 10.12、10.11
  • Android* 5.X および 6.0
開発ツールと環境
  • インテル® C++ コンパイラー 2016 以上と互換
  • 各プラットフォームの規格に準拠しているコンパイラー (Microsoft* コンパイラー、GNU* コンパイラーなど) と互換
  • Microsoft* Visual Studio* 2012、2013、2015 へ統合可能 (Windows*)
  • XCode 6.x、XCode 7.x をサポート (OS X*)
言語
  • C/C++
  • 最新の情報は、製品または評価版に同梱されているリリースノートを参照ください。

お知らせ

2016年 9月 7日、インテル® IPP 2017 が同梱されるインテル® Parallel Studio XE 2017 の販売を開始しました。

過去に製品をご購入いただき、現在有効なサポートサービスをお持ちのお客様は、すぐにバージョン 2017 を無料でダウンロードしてご利用いただけます。

  • 本バージョンより、インテル® IPP のバージョン表記がインテル® Parallel Studio XE のバージョンと統一されました。

2015年 8月 26日、インテル® IPP 9.0 が同梱されるインテル® Parallel Studio XE 2016 の販売を開始しました。

インテル社の方針により、2014年 8月 26日 (火) を以って、インテル® IPP 単体製品の新規ライセンスの販売を終息しました。
インテル® IPP の SSR および、本製品を含むバンドル製品の新規ライセンス、SSR は継続して販売いたします。

FAQ

インテル® IPP は、画像処理、信号処理、データ圧縮、暗号化アプリケーション向けの、高品質で、プロダクション環境に対応した、低レベルのビルディング・ブロックを開発者に提供します。インテル® IPP は、さまざまなインテル® アーキテクチャー (インテル® Quark™ プロセッサー、インテル® Atom™ プロセッサー、インテル® Core™ プロセッサー、インテル® Xeon® プロセッサー、インテル® Xeon Phi™ コプロセッサー) 向けに高度に最適化された、広範なソフトウェア関数を 1 つにまとめたものです。これらの、すぐに使える、ロイヤルティー・フリーの API は、アプリケーションをチューニングして指定されたプラットフォームで最良のパフォーマンスを得るため、ソフトウェア開発者、インテグレーター、ソリューション・プロバイダーによって使用されます。

最も一般的に使用されている画像、信号、データ (暗号化/圧縮/展開) 関数を手動で記述する時間/労力を費やしたくないソフトウェア/アプリケーション開発者向けです。インテル® IPP を使用することにより、自動的にパフォーマンスを向上できます。

インテル® IPP は、インテル® Parallel Studio XE およびインテル® System Studio の一部として提供されています。インテル® IPP は、インテル® Xeon® プロセッサー、インテル® Core™ プロセッサー、インテル® Atom™ プロセッサー、インテル® Xeon Phi™ コプロセッサーを含む (ただし、これらに限定されない)、さまざまなプロセッサーをサポートします。

はい。インテル® IPP 暗号化アドオンはインテル® IPP 製品の一部ですが、米国輸出規制に従うため、別々に提供されています。インテル® IPP の登録ユーザーはインテル® IPP 暗号化アドオンをダウンロードできます。詳細は、「暗号化アドオンのダウンロード (英語)」セクションを参照してください。

インテル® IPP 暗号化アドオンはインテル® IPP 製品の一部ですが、米国輸出規制に従うため、別々に提供されています。インテル® IPP の登録ユーザーはアドオンをダウンロードできます。詳細は、「暗号化アドオンのダウンロード (英語)」セクションを参照してください。

新機能の詳細は、インテル® IPP のこちらの「製品機能情報」を参照してください。

インテル® IPP を利用すると、現在および将来のプロセッサーのパフォーマンスを引き出すことができます。各命令セットは新しい実装レイヤーが追加されると更新されます。以前の実装は以前と同様に動作しますが、新しいハードウェア機能の利点が得られる関数は、新しいアーキテクチャーが公開される前に更新され有効になります。インテル® IPP を利用すると、新しいハードウェアで提供される新しいパフォーマンスを引き出すことができます。追加の最適化を行うために開発サイクルを中断することなく、新しいプロセッサーの機能を直ちに利用することができます。ほとんどの場合、パフォーマンスは自動的に向上されますが、場合によっては再コンパイルが必要です。

メイン製品はプリミティブ (開発者がハードウェア別に固有のバージョンを作成することなくハードウェアの機能を利用できる最適化された関数) です。 インテル® IPP の例は、インテル® IPP のメイン製品およびプレビューの機能の利用方法を説明するためのものです。これらの例は、メインパッケージおよびプレビューとともにインストールされます。簡単な例はドキュメントに含まれています。例は、サンプルとは異なり、個別のダウンロード・パッケージで提供するほど大きくありません。 サンプルは、インテル® IPP の以前のバージョン向けに作成されたものです。これらは例に似ていますが、大きすぎるため継続的な保守が行われず、過去のものとなっています。詳細は、「インテル® IPP のコード例とサンプル (英語) 」を参照してください。

一部のインテル® IPP ドメインおよび関数はインテル® IPP 9.0 で非推奨になりました。これらの機能は最新のアーキテクチャー向けに最適化されていないため (最新の最適化はインテル® アドバンスト・ベクトル・エクステンション 2 向け)、新しく見つかったパフォーマンスや安定性の問題を修正する予定はありません。非推奨の関数についての詳細は、こちら (英語) を参照してください。再配布、ロイヤルティー、ライセンス条項など、その他のライセンス関連の質問は、ライセンス FAQ (英語) ページを参照してください。

インテル® レジストレーション・センターで操作します。
操作手順やよくあるご質問、トラブルシューティングは、インテル® レジストレーション・センター操作マニュアルを参照ください。

»マニュアルはこちら

最新版、または旧バージョンのダウンロードは、インテル® レジストレーション・センターで行います。
詳細は以下ページを参照ください。

»製品登録 & ダウンロード

購入

技術情報

サポート