インテル® MPI ライブラリー 2018

インテル® アーキテクチャー・ベースのクラスター・アプリケーション高速化を支援します。
関連情報
[お知らせ一覧]

柔軟で効率の良い、スケーラブルなクラスターメッセージを提供

インテル® MPI ライブラリーは、ハイパフォーマンスな MPI-3.1 規格を複数のファブリックに実装することにより、インテル® アーキテクチャー・ベースのクラスターでアプリケーションのパフォーマンスを向上させます。インターコネクトを変更したり、新しいインターコネクトにアップグレードした場合でも、ソフトウェアや動作環境を変更することなく、パフォーマンスを素早く最大限に引き出すことができます。

ハイパフォーマンスな MPI メッセージ・ライブラリーを使用することで、実行時にユーザーによって選択される複数のクラスター・インターコネクトで実行可能なアプリケーションを開発することができます。インテルでは、インテル® MPI ライブラリーで開発された製品用に無償のランタイム環境も提供しています。利用者の規模を選ばず、エンタープライズ、各部門やグループ、個人向けのいずれにおいても、ハイパフォーマンス・コンピューティングでパフォーマンス向上を支援します。

詳細・新機能 技術情報

製品紹介資料

インテル® Parallel Studio XE

製品概要、新機能、各エディションの違いやコンポーネント、パフォーマンス、お客様の声などをご紹介しています。

PDF ブラウザで表示

ライセンス

特定ユーザーライセンスが提供されています。
ライセンス規定の詳細はライセンスページを参照ください。

特定ユーザーライセンス

特定の一個人に製品を使用する許可を与えます。

ライセンス詳細

OS

OS 別に 2 種類の製品が提供されています。

Windows

Linux

製品一覧

製品 OS ライセンス
インテル® MPI ライブラリー for Windows
for Linux
  • 特: 特定ユーザーライセンス

スイート製品に同梱

単体販売のほか、以下製品にも同梱されます。

インテル® Parallel Studio XE

アプリケーションの高速化、安定化を支援するスイート製品です。Cluster Edition にインテル® MPI ライブラリーが同梱されます。

バージョン 2018 新機能

主に以下の変更・機能が追加されました。
詳細は、リリースノートおよびインテル社公開の情報を参照ください。

  • ジョブの起動時間が最大 11 倍スピードアップ

  • ジョブのファイナライズ処理時間を最大 25% 削減

  • 最新のインテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサーをサポート

  • Hard finalization がデフォルト化

  • shm:ofi または shm:tmi を使用した際の Hydra の起動時間の改善 (for Linux*)

  • インテル® Omni-Path アーキテクチャーが検出された際に、デフォルトのファブリック・リストを変更 (for Linux*)

  • 追加された環境変数: I_MPI_OFI_ENABLE_LMT、I_MPI_OFI_MAX_MSG_SIZE、I_MPI_ {C、CXX、FC、F} FLAGS、I_MPI_LDFLAGS、I_MPI_FORT_BIND (for Linux*)

  • IPM 統計フォーマットのサポート終了

  • インテル® Xeon Phi™ コプロセッサー (コード名: Knights Corner) のサポート終了

  • 主なドキュメントがパッケージから削除されオンライン化

パフォーマンス

マルチコア・プラットフォームの共有メモリーパスの最適化により、通信スループットの向上と低レイテンシーを提供します。ネイティブ InfiniBand* インターフェイス (OFED* verb) による低レイテンシーもサポートします。

また、マルチレール機能による高帯域幅、プロセス間通信の向上、TMI (Tag Matching Interface) のサポートによるインテル® True Scale、Qlogic* PSM* および Myricom* MX* インターコネクト・パフォーマンスの向上を実現します。

  • 低レイテンシーの MPI 実装により、一般的な MPI ライブラリーより最大 2 倍高速化
  • 大規模な SMP ノードで最適化された共有メモリーへ動的に接続可能
  • 強化された DAPL、OFA および TMI ファブリック・サポートにより、パフォーマンスを向上
  • 拡張された MPI 向けのチューニング・ユーティリティーにより、アプリケーションを高速化

スケーラビリティー

ハイパフォーマンスな MPI-3 規格バージョン 3.1 を複数のファブリックに実装することにより、インテル® MPI ライブラリー for Windows*/Linux* は、IA ベースのクラスター上でアプリケーションのパフォーマンスを向上させます。

インテル® MPI ライブラリーでは、インターコネクトを変更したり、アップグレードした場合でも、ソフトウェアや動作環境に大幅な変更を加えることなく、パフォーマンスを素早く最大限に引き出せます。インテルでは、インテル® MPI ライブラリーで開発された製品用に無償のランタイム環境も提供しています。

スレッドの安全性により、マルチコアおよびメニーコアのインテル® プロセッサー上で最適なパフォーマンスを実現でき、ハイブリッド・マルチスレッド MPI アプリケーションをトレースすることが可能になります。mpiexec.hydra プロセス管理により、起動時のスケーラビリティーを向上します。

インターコネクトの独立性と柔軟な実行時のファブリック選択

TCP ソケット、共有メモリー、または InfiniBand* などの多数の RDMA (Remote Direct Memory Access) ベースのインターコネクトのいずれかを実行しなければならない場合でも、インテル® MPI ライブラリーは、DAPL* (Direct Access Programming Library) や OFA* (Open Fabrics Association) を利用して高速なインターコネクトを実現する一般的な複数のファブリック・レイヤーを提供することで、すべての構成をカバーします。実行時にユーザーがどのネットワークを選択しても、効率良く実行できる、ファブリックに依存しない MPI コードを開発できます。

  • TCP、共有メモリーなどだけでなく、インテル® True Scale、Myrinet* MX および QLogic* PSM インターフェイスを含むハイスピードのインターコネクトを利用できます。
  • DAPL*、OFA*、および Tag Matching Interface (TMI*) を介して効率良く動作し、開発者はさまざまなネットワーク・ファブリック上で容易にアプリケーションをテストして実行できます。
  • すべてのレベルのクラスター・ファブリックに最適化: 共有メモリー、イーサーネットや RDMA ベースのファブリックから、タグ・マッチングのインターコネクトまで。
  • 業界をリードする MPI ライブラリー

インテル® MPI ライブラリーは、必要な場合のみ動的に接続を確立し、メモリー・フットプリントを削減します。また、利用できるトランスポートの中から最も高速なものを自動で選択します。必要なメモリー空間のみを割り当てる 2 段階からなる通信バッファーの拡大機能を含むいくつかの手法により、メモリー使用量を抑えます。

MPI 3.1 標準化をサポート

メッセージ・パッシング・インターフェイスの今後の進化は、MPI-3.1 標準のリリースが鍵となります。リモート・メモリーアクセス (RMA) の片方向通信、非ブロッキング集約操作の追加、そして 2GB 以上の大規模数のメッセージの劇的な変更により、使いやすさとパフォーマンスが向上します。これらは、インテル® MPI ライブラリーでサポートされています。

バイナリー互換

インテル® MPI ライブラリーは、既存の MPI-1.x および MPI-2.x アプリケーションとのバイナリー互換性を提供します。開発者が、新しい MPI 標準へ移行する準備ができていなくても、再コンパイルすることなく、最新のインテル® MPI ライブラリーによるパフォーマンス向上を実現できます。さらに、インテル® MPI ライブラリーは、MPICH ABI 互換性の先駆けであり、任意の MPICH でコンパイルされたコードもインテルのランタイムを使用することができます。

オペレーティング・システムの混在をサポート

Hydra プロセス管理の下、オペレーティング・システムが混在するクラスター (Windows* と Linux*) 環境で単一の MPI ジョブを実行できます。この新しい機能により、ジョブ展開の柔軟性が高まります。

最新のプロセッサーをサポート

インテル® MPI ライブラリーを使うことをで、以前のインテル® プロセッサーおよび互換プロセッサーとの互換性を保ちながら、最新のインテル® Xeon® プロセッサー、インテル® Xeon Phi™ プロセッサー で向上したパフォーマンスを発揮することができます。インテル® AVX2、インテル® TSX、FMA3 およびインテル® AVX-512 もサポートします。

製品セミナーや関連イベントをご紹介。

米インテル社の製品情報を日本語に翻訳して公開中。

アプリケーションの高速化、安定化を支援するスイート製品です。

クラスターシステムの性能解析ツールです。

世界最大規模のクラスターユーザーの 70% が活用しているデバッガー & プロファイラーです。

プロセッサー

インテル® プロセッサー、インテル® コプロセッサー、および互換プロセッサーをサポートします。

  • インテル® Core™ プロセッサー・ファミリー以上
  • インテル® Xeon® E5 v4 プロセッサー・ファミリー推奨
  • インテル® Xeon® E7 v3 プロセッサー・ファミリー推奨
  • 第 2 世代インテル® Xeon Phi™ コプロセッサー (コード名: Knights Landing) (Linux*)
オペレーティング・システム

複数オペレーティング・システム上で同じ API を使用してアプリケーションを開発できます。

  • Microsoft* Windows* Server 2008、2008 R2、2012、2012 R2、2016
  • Microsoft* Windows 7*、8.x*、10
  • Red Hat* Enterprise Linux* 6、7
  • Fedora* 23、24
  • CentOS* 6、7
  • SUSE* Linux Enterprise Server* 11、12
  • Ubuntu* LTS 14.04、16.04
  • Debian* 7、8
サポートするコンパイラーと開発環境
  • インテル® C++ コンパイラー 15.0 以上
  • インテル® Fortran コンパイラー 15.0 以上
  • Microsoft* Visual Studio* コンパイラー 2013、2015、2017 (Windows*)
  • GNU*: C、C++、Fortran 77 3.3 以上および Fortran 95 4.4.0 以上 (Linux*)
言語

C/C++、Fortran

異なるファブリックのサポート

共有メモリー DAPL* を介した RDMA 対応のネットワーク・ファブリック (InfiniBand* および Myrinet* など) ソケット (Ethernet*、Gigabit Ethernet*、その他のインターコネクトを介した TCP/IP) など

  • 最新の情報は、製品または評価版に同梱されているリリースノートを参照ください。

お知らせ

2017年 9月 14日、インテル® MPI ライブラリー 2018 を販売開始しました。

過去に製品をご購入いただき、現在有効なサポートサービスをお持ちのお客様は、すぐにバージョン 2018 を無料でダウンロードしてご利用いただけます。

FAQ

インテル® MPI ライブラリーには開発者ライセンスとランタイムライセンスがあります。インテル® MPI ライブラリー・ベースのアプリケーションのユーザーが、アプリケーションを再リンクしてユーザーが作成したサブルーチンを追加する場合、同じマシンに 2 つのライセンス (開発者およびランタイム) が必要です。ユーザーが MPI コードを実際に記述する (MPI_* 関数を直接呼び出す) 場合、開発者ライセンスが必要です。 ランタイムライセンスには、インテル® MPI ライブラリー・ベースのアプリケーションを実行するために必要なものがすべて含まれています。ライセンスは無料で、ライセンスの期限はありません。開発者ライセンスには、アプリケーションをビルドおよび実行するために必要なものがすべて含まれています。ライセンスは有料で、ライセンスの期限はありません。インテル® MPI ライブラリー・ベースのアプリケーションを実行するために必要なコンポーネントを無料で再配布できます。

いいえ。ISV がインテル® MPI ライブラリーを製品とともに出荷する場合、現在は 3 つの異なるモデルがあります。

  1. ISV は、開発キットに含まれているインテル® MPI ライブラリーのランタイム・コンポーネントを再配布できます (再配布可能なファイルの一覧は、インテル® MPI ライブラリーのインストール・ディレクトリーにある redist.txt ファイルを参照してください)。

  2. ユーザーがインテル® MPI ライブラリーをシステム・コンポーネントとしてインストールする場合、ランタイム環境キットをインテル® MPI ライブラリー製品ページから無料でダウンロードできます。

  3. インテル® MPI ライブラリー RTO (ランタイム環境) をベンダーが事前にインストールしてアプリケーションとともに出荷できます。

インテル® MPI ライブラリーは、単体製品またはインテル® Parallel Studio XE Cluster Edition 製品のコンポーネントとしてご購入いただけます。
無償評価版は、こちらのページからご登録いただけます。製品名にて、インテル® Parallel Studio XE 製品をお選びください。

製品をご購入後は、インテル® ソフトウェア開発製品レジストレーション・センターからインテル® MPI ライブラリー for Linux* またはインテル® MPI ライブラリー for Windows® のパッケージを入手できます。

はい。インテル® MPI ライブラリー for Windows® を利用できます。

インテル® MPI ライブラリー・ランタイム環境は以下リンクから申し込むことで、無償にてダウンロードいただけます。

申し込み後は、インテル® レジストレーション・センターからランタイム環境のダウンロードが可能です。

インテル® レジストレーション・センターで操作します。
操作手順やよくあるご質問、トラブルシューティングは、インテル® レジストレーション・センター操作マニュアルを参照ください。

»マニュアルはこちら

最新版、または旧バージョンのダウンロードは、インテル® レジストレーション・センターで行います。
詳細は以下ページを参照ください。

»製品登録 & ダウンロード

購入

技術情報

サポート