Docker Datacenter による CaaS (Containers-as-a-Service) の実現、日本語 データシート完成

クラウド サービスへのシフトや、マイクロサービス、DevOps の台頭、コンテナ化などといった 業界動向により、エンタープ ライズのアプリケーションは変遷を遂げてきました。多くのソリューションは、特定のペイン ポイントのみにフォーカスをあてるか、またはコントロールという名のもとにエンタープライズを縛りつけてしまっています。Docker は、インフラの形態に捉われることなくアプリケーションをセキュアにビルド、配布し、実行できることを使命としています。Docker Datacenter を 使用することにより、オンプレミスの CaaS (Containers as a Service) プラットフォームを実現し、アプリケーションの開発 から運用までのプロセスを高速化します。

Docker によるサポート:
Docker Datacenter サブスクリプションでは、オープン ソース フォーラムではなく、エンジニアチームから直接のテクニカル サポートをエンタープライズ用に提供します。このチームはアップストリームである Docker プロジェクトの主要メンバーで構成されています。

Datacenter サブスクリプションには、以下のサ ポートが含まれます。

  • 即応性 – サブスクリプションには直接のサポート コンタクトが 含まれ、専用の SLA (下記を参照) に基づくサポート チームとの プライベートなコミュニケーション チャネルにアクセスできます。 Docker のサポート チームはバグ修正にも対応し、エンタープラ イズ環境における最大のアップタイムの確保を実現します。
  • セキュア – Docker チームは、検証およびテストを行って IT 環境におけるセキュリティ脆弱性の問題に取り組み、必要なパッチや ホット フィックス、コンフィギュレーションの検証を提供します。
  • 安定性 – Docker チームは、製品ロードマップに基づいた予測可 能なリリース スケジュール、長期サポートバージョン、不具合の 修正、OS 検証、および Docker API のフル サポートを提供します。

Docker Datacenter 製品の詳細は、こちらを参照してください。

Docker Datacenter の日本語データシートを用意していますので、ご活用ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする