Clang ベースの C++ 高速コンパイラー Zapcc 1.0 正式リリース

Ceemple 社は、Zapcc 1.0 の正式リリースを発表しました。

Zapcc は、独自のインメモリー キャッシング テクノロジーを備えた Clang ベースの C++ コンパイラーであり、追加のマシンやネットワークを使用することなく、ビルド時間を大幅に短縮することができます。例えば、WebKit の場合、Zapcc を使用してコンパイル時間を 5.5 倍短縮でき、Qt では 4.6 倍、さらに LLVM で 2.08 倍もコンパイル時間を短縮できました。インクリメンタル ビルドは通常 10 倍から 50 倍の速度で、リアルタイムの即時コンパイルが可能になるまで高速化されました。

ベータ版で実績を積み、今回、高いレベルの安定性と精密さを提供する Zapcc 1.0 の GA (Generall Available) を提供開始しました。

Zapcc の継続的なテスト プロセスには、ランニング Clang/LLVM テスト、内部テスト、そして多くのオープン ソース プロジェクト (amgcl、AMPL、BitShares、Boost (多数)、Bullet、LLVM、deal.II、Dlib、Folly、Mesos、Qt、MongoDB、WebKit、SeaStar、OpenCV、Poco、Paraview、NT2、Gtest、CMake およびその他) が含まれています。

Zapcc は、毎日、数千万行の C++ コードをサーバーでコンパイルしています。さらに、Zapcc は Beta Ⅱ 以来、商用コンパイラーとして期待される品質と堅牢性を確実に実現すべく、40億行以上の C++ コードをコンパイルしました。

Zapcc v1.0 の無償評価版は、こちらからダウンロードの申請が可能です。C++ のプロジェクトのビルド時間を加速させましょう。

評価ユーザーからのコメント
「まず初めに、このコンパイラーはとても速いです!私は学校で、まだデフォルトの g++ と wouah を使用中の 学生 1人とコンパイラー速度の比較をしましたが、Zapcc は大差で圧倒しました。Zapcc は素晴らしいコンパイラーであり、Ceemple 社は素晴らしい結果を出したと思います!」 Théo B. (Zapcc beta II 評価ユーザー)

記録破りの速度を目指す C++ コンパイラー

C++ は、今も変わらず、最もハイエンド、ハードコア、かつフル稼働なアプリケーションのためのなくてはならないプログラミング言語です。しかし、大規模な C++ のプロジェクトをコンパイルするということは、待ち時間に対する苦悩との戦いを意味します。

イスラエルのソフトウェア企業である Ceemple Software Ltd. は、その問題の解決を期待できるベータ テスト期間を終了しました。Zapcc は、多くの C++ のプロジェクトのコンパイル時間を倍以上に高速化するコンパイラーです。

フル レビューはこちらからご覧ください。

Abel Mathew によるバックトレース

Zapcc を含む多くのトピックをカバーする CppCast ポッドキャスト。

ポッドキャストはこちらからご視聴ください。

ETL (Expression Templates Library) を使用した C++ コンパイラーのベンチマーク

筆者: Baptiste Wicht

私の ETL プロジェクトでは、可能な限り高速に実行する必要のある大量なコードを持つ多くのテンプレートがあり、それはコンパイルにかなりの労力が必要です。この記事では、複数のコンパイラーで生成したカーネルのパフォーマンスを比較します。私は普段 GCC 5.4、GCC 6.20 および Clang 3.9 を使用していますが、今回 Clang 4.0 ベースの Zapcc も含めました。

Haswell プロセッサーでこれらのテストを実行しました。これらのテスト用に、ETL の自動並列機能をオフにしています。

記事の続きはこちらをご覧ください。

Zapcc の詳細は、弊社の製品ページをご覧ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする