.NET 開発者向け Xamarin.Form アプリ用 UI テンプレートの新バージョンを販売開始

Grial UI Kit 2.0 リリース!

.NET 開発者向けに、XAML ベースで、直ぐに使える 100% カスタマイズ可能な UI スクリーンとリソースを提供する UXDivers 社から、様々な新機能が追加された Grial UI Kit 2.0 のリリースが発表されました。弊社では、本製品を 2017年 5月 9日より販売開始いたしました。

Grial UI Kit とは?

Grial UI Kit は、Xamarin.Forms 対応のクロスプラットフォーム アプリケーションをビルドする際に役立つ UI スクリーンとリソースを含むキットです。今回取り扱いを開始した Grial UI Kit 2.0 には、1,500 以上の豊富なアイコンおよびアニメーションや、即座に使用可能な 60 以上の XAML ベースのスクリーンが備えられています。

MVVM デザイン パターンによって、ビジネス ロジックと UI デバイス部分が切り分けられるため、Grial UI Kit が UI を一任し、開発者はビジネス ロジックの開発に集中できます。

Grial UI Kit 2.0 の新機能:

  • 名前空間とアセンブリ名を使用した Grial サンプルのダウンロードにより、プロジェクトの設定にかかる時間を短縮。
  • 様々なデバイスに対応する ResponsiveHelper の追加により、Android と iOS 両方のモバイル端末のレイアウトを完全にコントロールし、アプリを最適化。
  • 3 つの新しいテーマ、結合した辞書のサポート、そして色の編集を容易にするビルド タスクの追加。
  • 新しいデフォルトのベース フォント (grialshapes)、Fontawesome 4.7 と Ionicicons 2.0.0 フォント、およびコードでアイコンの参照と設定を容易にする Font helpers の追加。
  • RoundLabel、artina Repeater、および artina TabControl を含む UI コントロールの追加。

本製品の紹介ビデオを含む詳細は、こちらからご覧ください。

その他 UXDivers 社の製品については、こちらをご覧ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする