iSpring – Video Lecture 再生 Player について

前回のブログでは、再生 Player の一つ Universal Player を紹介させていただきましたが、今回は、iSpring Suite と iSpring Presenter から選択可能な再生 Player、Video Lecture 再生Player を紹介させていただきます。

Video Lecture 再生 Player は iSpring Presenter と iSpring Suite に付属する Video Record 機能から録画した動画や Manage Narration からインポートした動画をメインとするスライドやラーニング コースを作成する際に、役立つ再生 Player となります。

設定方法は、Universal Player の設定方法と同様に iSpring Presenter または iSpring Suite の Publish から General タブ内 Player から Video Lecture を選択いただきます。

また、Customize ボタンをクリックし、Common から Video Lecture 再生 Player 内に表示させる項目を選択および設定することも可能です。

設定が完了しましたら、Apply & Close から設定を保存し、Publish 画面から HTML5 や Flash データに変換します。変換後のファイルをブラウザー上で開きますと下記のように動画とスライド画面が表示され、画面中央部(ピンク枠) のつまみをマウスでクリックしながら左右に動かすことで、動画部とスライド部の大きさを自由に変更することができます。

製品の詳細につきましては、こちらからお気軽にお問い合わせください。

iSpring 製品の 14 日間無料の評価版はこちらからお願いいたします。