品質低下なしの MRC 圧縮で PDF ドキュメント サイズを縮小

GdPicture.NET Document Imaging SDK で高度な MRC 圧縮

MRC 圧縮 (Mixed Raster Content Compression、混在したラスター コンテンツ圧縮) は、よく知られている圧縮機能です。 ORPALIS 社の SDK はバージョン 11 からこの機能を専用のプラグインで自動カラー検出機能と一緒に提供しています。

最近、ORPALIS 社は、圧縮に関する最新のリサーチを実施しました。その結果、スピード、圧縮、および画質に関してエンジンが劇的に改善されました。 これは、MRC がどのようなものであり、どのコンテキストで最も有用であるかを皆さんに思い出させる良い機会であると考えました。

MRC 圧縮とは何でしょうか?

電子カラードキュメントを共有することは、多くの理由で複雑になることがよくあります。 通常、ファイルサイズは非常に大きくなり、許容可能なサイズにすると、ほとんどの場合、品質が損なわれます。しかし、カラーと白黒を共有して表示することは可能です。
以下の技術的関係を顧客の要求に関連付けることができます:

  • ラスター データの効率的な交換は、ファイル サイズと圧縮率に直接関係します。
  • 任意の箇所をスキャンする画質 – 任意の印刷する環境は、デバイスに依存しないデータ形式の交換や出力エンジンによるレンダリングの妥協に直接関係しています。
  • 適度なリソースでの高速印刷は、フォーマットの複雑さが低いことに関連しています (参照ソース: ISO 16485-2000)

標準的な Wikipedia の定義を使用する場合、MRC (Mixed raster content、混在したラスター コンテンツ) は、バイナリ圧縮可能テキストと連続階調コンポーネントの両方を含むイメージを圧縮する方法で、イメージのセグメンテーション方法を使用して圧縮レベルとレンダリング イメージの品質を向上させます。異なる圧縮率特性を有するコンポーネントに画像を分離することにより、各コンポーネントについて最も効率的で正確な圧縮アルゴリズムを適用することができます。

たとえば、単一のドキュメント イメージでの MRC 圧縮では、JBIG2 圧縮、自動カラー検出、JPEG および PNG 圧縮などを組み合わせることができます。
MRC 圧縮は、ドキュメントの各要素が異なるテクノロジーで圧縮されるため、構造化イメージやフォーム付きイメージに最適です。

MRC 圧縮の詳細:
MRC 圧縮の ISO はここにあります。
多くの科学刊行物も Web 上で入手できます。
Haneda、Eri&Yi、Jonghyon&A.Bouman、Charles (2007) 『Segmentation for MRC compression』 Proc SPIE. 6493。
Pavlidis, George. (2017) 『Mixed raster content – segmentation, compression, transmission』 10.1007/978-981-10-2830-4.

今日の MRC 圧縮の新機能

圧縮の作業は、何千ものテストケースを実験することを必要とする研究作業です。
科学的な研究と同様に、アイデアは実験的な方法でテストする必要があります。

圧縮に関する私たちの作業は、GdPicture.NET の最初のリリース (現時点でも GdPicture と呼ばれています) から開始されました。これは決して終わりのないタスクです。 処理する新しく非定型のファイル、新技術の発見、試すべき新しいアルゴリズムが常にあります。

MRC 圧縮の目標は、情報の損失を避けることです。 最良の結果を得るために、我々はセグメンテーションとドキュメントの構造に常に焦点を当てています。

前述のように、MRC 圧縮と自動カラー検出は、バージョン 11以降、GdPicture.NET Document Imaging SDK で利用できます。

バージョン 14.0.60 では、MRC 圧縮エンジンの拡張バージョンが提供されています。
以下の文書は、更新されたエンジンによって処理されています。

MRC 圧縮前のファイルサイズ:685 KB

MRC 圧縮後のファイルサイズ:73 KB
比較のためにファイルをダウンロード

DocuVieware の HTML5 ビューアとドキュメント管理キットは GdPicture.NET によってビルドされているため、自動的に更新されます。
GdPicture.NET の最新バージョンをダウンロードして、すぐに試すことができます:

GdPicture.NET Imaging SDKをダウンロード

ASP.NET 用の DocuVieware が含まれます。

ドキュメントのリソース:
AddImageFromGdPictureImage(Int32,PdfAdvancedImageCompression) メソッド

ORPALISの他の製品
ORPALIS では、開発者用のツールキットを開発するだけでなく、 個人や専門家向けに生産性を向上させるソフトウェアを提供しています。 これらのほとんどは MRC 圧縮を含んでいます。

PassportPDF

PassportPDF は、専門家と一般ユーザーのドキュメント管理上の課題に取り組むために専用化された無料のマイクロサービスを提供する最新のクラウド インフラストラクチャです。 Windows 用の3つのデスクトップ アプリケーション: PDF Reducer Cloud、PDF OCR Cloud、および MRC Compressorが現在利用可能です。

MRC Compressor は、MRC (Mixed Raster Content) と呼ばれる洗練された圧縮技術を使用した、画像から PDF への変換アプリケーションです。 品質や色に悪影響を与えることなく、ファイル サイズを大幅に削減します。

PaperScan および PDF Reducer

自動カラー検出の場合のように、多くの ORPALIS 製品は MRC 圧縮を使用しています。 エンドユーザー向けの生産性ソフトウェアの提供は GdPicture.NET SDK がベースになっているため、この技術の恩恵を受けており、各アップデートの新機能や機能がすべて含まれています。

これは、人気のある PaperScan スキャニングソフトウェアとPDF Reducer のケースであり、GDPicture.NET で構築できるものの良い例です。

MRC 圧縮は SDK の多くの機能の1つにすぎませんので、GdPicture.NET の他の機能についての詳細が必要な場合は、お問合せください
参照記事:
Reduce Documents and Images without Losing Quality with MRC Compression」2018/7/20
GdPicture.NET 製品ページ: https://www.xlsoft.com/jp/products/orpalis/gdpicture.html

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする