金融アプリにドキュメント キャプチャ機能を追加する

金融ローンの業務の作業した開発者であれば、借り手から必要な書類をすべて集めることがいかに難しいかをよく知っています。 源泉徴収票、雇用証明書、クレジット履歴、その他のサポート情報など、データがさまざまなデジタル形式で提供されます。 PDF、Word、.txt、.xls、.jpg などのデジタル ファイル タイプからこのすべてのデータをキャプチャしようとするのは難しい作業です。

さらに、データをより迅速に処理することが求められて、作業が重くのしかかってきます。 何十種類ものファイル形式をソートして手動でデータを収集することは、顧客へのコストがかかるローン承認の遅延の原因となります。 現在のアプリケーションでは、貸し手にとってさまざまな利点がありますが、ドキュメントを取得するプロセスで効率を上げるツールはありません。

複数のファイル形式による問題

一部の金融ローン担当者は、将来はデジタル バンキングなると言っている理由を理解できていません。 特に、クレジットやローンの承認のためにターンアラウンドタイムを短縮するという圧力を考えているときは、頭痛の種です。 さまざまなファイル形式がデジタル形式で送信されるため、処理中に情報がロストすることがよくあります。

ファイルを標準形式に変換するのにかかる時間は 1 つの問題ですが、それは最大の心配事ではありません。 多くの文書には、位置がずれたデータ、インクのしみで重要な情報が隠れたり、ぼやけたテキスト、および不完全さがあります。承認プロセスで非常に多くの遅延が発生している場合、金融会社はどうしたら競合他社に追いついていけるでしょうか?

借り手のビジネスのために競争している場合、スピードは不可欠です。 米国のピアツーピアの貸付会社 LendingClub のような機関は、たとえ大きな金額であっても、わずか 1 週間で信用承認を出していると考えられています。 そのターンアラウンドは、人の信用と財務の安定性を評価するために必要な作業量を考えると、現実的ではないようですが、毎日銀行に直面するベンチマークのようなものです。

ソリューションはあなたの製品の中にあります

アプリケーションが問題を解決する上で大きな役割を果たすことができると言ったらどうでしょうか? 一部の銀行やその他の金融業者は、借り手の資格情報を収集し分析し、短い期間に承認を提供することにより、ますます効率的になっています。

彼らはどうしているのでしょうか? 彼らは、文書の傷を取り除き、集約プロセスをスピードアップすることから始めて、障害を排除しています。既に構築されているデータ修正ソリューションが存在するのに、開発する時間を無駄にしないでください。 既成の SDK を自分のアプリケーションに簡単に統合して修正を加えることができれば、労力と時間を無駄にすることもありません。

銀行の顧客処理を助け、借り手の財務安定性を迅速に評価できます。 ScanFix Xpress SDK をソフトウェアに統合すれば、データの整合性の問題が最も発生する可能性の高い信頼性値を含め、お客様が必要なデータを迅速に発見できるようになります。

冗長コードを開発する時間やお金を無駄にしないでください。 Accusoft は、金融業界のニーズに対応する SDK を専門とする開発者チームがあります。 ScanFix Xpress をソフトウェアに統合すると、製品の販売上のメリットが増えるだけでなく、差別化していることに顧客が感謝します。

この機能を使用して、競争優位に立つのを手助けします。 スキャン画像クリーンアップ用ツールキット ScanFix Xpress に関する詳細は、こちら

Accusoft 製品に関するご質問は、こちらからお問い合わせください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする