屋外と屋内の大気質の関係性とは

空調機器会社は、大気質データをユーザーに提供することで、より良い製品の使用を提案できます。

BreezoMeter では、正確で、リアルタイムの、ロケーション ベースの屋外空気質データを提供します。天気や交通状況など、大気質に影響を与えるさまざまなデータの層を収集し、1時間ごとに処理し、このデータを企業や自治体が独自の製品やテクノロジーに統合できるように  API を通じて提供しています。大気質データを民主化し、人々が大気質からの悪影響にさらされるのを減らすことを目的としています。

しかし、Dyson や Eureka Forbes などのように、BreezoMeter が協力している会社の多くは、現代社会では室内で過ごす時間が多いため、実際に室内空気質の質の向上に関心を持っています。米国環境保護庁によると、平均すると、アメリカ人は 90% の時間を屋内で過ごしています。そこで私たちは、屋内で吸う空気が健康で、そして私たちの家族のために清潔で安全であることを確認する必要があります。 そこで、BreezoMeter はどう関係してくるのでしょうか。

屋内と屋外の大気質の関係性

BreezoMeter の提供する予測機能を使用した屋外のリアルタイム大気質データは、これらの屋内空気室の改善をターゲットとしている企業に対して、どのようにして目標を達成し、収益を向上させるのに役立つのでしょうか。

私たちが屋外で吸う空気と、屋内で吸う空気との間には、強い関係性があるのです。室内の空気質は、実際には屋外の空気質よりも 2〜5 倍悪くなる可能性があります。室内空気の質は、家に何が置いてあるか、何が使われて家が建っているのか、どんな掃除機を使用しどのくらいの頻度で掃除機をかけているのか、カビの原因となる家の中の湿気、室内での喫煙、暖炉の使用、家で揮発性有機化合物 (VOC) または芳香剤を使用いるかなど、様々な原因で影響されます。

屋外での空気の質が悪いことや屋内外で目に見えない空気の汚染があるというニュースで、人々はどのタイミングで窓を開けて新鮮な空気を中に入れるべきであることを知ることができるのでしょうか。屋外の大気汚染を防ぐために窓を閉め、家族の健康を増進するために購入した空気清浄機のスイッチを入れるべきなのでしょうか。

換気用フィルターおよび空気清浄機会社の目標の 1 つは、自社製品を販売するだけでなく、自社製品が正しく使用されていることを確認することです。ユーザーにリアルタイムでロケーション ベースの周囲の空気質に関する情報を提供することによって、彼らは製品の適切な使用を確実にすることができます。

経験則として、屋外の空気質が良く、天気が良い日であれば、室内の換気や空気の循環をするのに最適な機会です。屋外の空気質が良いと、適切な換気によって室内の空気が改善されます。しかし、屋外の空気質が良くない場合は、空気清浄機をオンにして窓を閉めるのが最善です。BreezoMeter のデータを使用している空調機器会社は、目に見えない屋外の大気汚染状況をユーザーに知らせ、より良い情報を提供しています。

 

BreezoMeter は Smart Sensing 2019 に出展します!

会場へお越しの際には、是非、弊社ブースにお立ち寄りいただき、BreezoMeter のサービスに関してお気軽にお尋ねください。

[日時] 6月 5日 (水) ~ 6月 7日 (金)
[会場] 東京ビッグサイト 西ホール
[小間番号] 4-114

展示会の無料の招待券をご希望の場合は、お問い合わせください。

BreezoMeter 製品の詳細は、弊社 Web サイトをご確認ください。


記事参照:
© 2019 BreezoMeter

2018 年 1 月 2 日
Outdoor Air Quality, Indoor Air Quality – What’s the Connection?