エアクオリティデータがスマートシティの未来にとって重要である理由

BreezoMeter の CEO 兼共同設立者である Ran Korber は、スマートシティの分野の専門家および思想的リーダーとして、アメリカのオンラインメディアの Disruptor Daily で取り上げられました。この記事では、エアクオリティデータが、どのようにスマートシティ革命の成功につながるのかを説明します。

“スマートシティ” にはさまざまな意味がありますが、一般的に言えば、資産とリソースを効率的に管理することを目的として、さまざまな種類のデータとセンサーを使用して情報を提供する都市部のことを指します。

Q:なぜスマートシティは環境問題への対策に取り組んでいるのでしょうか。

その答えには 2 つの要因が関連しています。第一に、都市は輸送、廃棄物、汚染に関して厳しい課題に直面しており、第二の要因として人口が増加しているため、輸送、廃棄物、汚染に関する問題は、都市が優先すべき 3 つの課題なのです。人口が増加するにつれて、上記の課題を解決することはますます複雑になります。人口が増加するということは、より多くの渋滞、より多くの廃棄物、より多くの汚染を生み出すということです。ビッグデータと機械学習を使用し、これらの課題に対して賢明に強力な専門知識を持って取り組むことにより、これらの課題に対するソリューションを提供できます。

スマートシティは、サイロベースの組織の従来のモデルから、より協調的で統合されたサービス提供モデルへと変化しています。都市は、互いにパートナーシップを結ぶことにより、スマートシティのイノベーションを促進し互いに協力しています。

スマートシティは、主要なビッグデータハブとして浮上し、他のタイプのデータの中でも特に、中央監視ハブと商業企業によって、リアルタイムで環境データが収集、分析、監視されます。この情報は、市民の生活の質を向上させ、都市の運営を最適化し、オープンデータ プラットフォームとクラウド ソーシングを促進する方法について、十分な情報に基づいた意思決定を行うために使用されます。

Q:スマートシティの未来は?

#1:ビッグデータの統合

スマートシティの未来は、さまざまなソースからのデータを組み合わせて、私たちの生活の中の幅広い領域でより良い決定を下し、効率を向上させる能力を中心に展開されます。たとえば、大気汚染データは、人や物の輸送や移動、交通照明のエネルギー使用に関する決定、労働時間などに効果を与えることができます。

ビッグデータを使用することにより、都市計画の取り組みを指導し、最も重要な時期および場所において、より効率的に汚染への曝露を減らすことができます。たとえば、大気汚染の原因に基づいて、新しい学校や病院の建設場所を決定することは重要です。非常に汚染された地域の学校に通う子供が喘息を発症する可能性は非常に高くなります。同様に、汚染地域圏内にある病院では、患者の転帰が悪化する可能性が報告されています。私たちの都市では、可能な限り、エネルギーと健康効率の最も良い方法で建設されるべきなのです。

都市計画から影響を得て、市民の健康と経験の改善を目標とする都市は、政府が展開するステーションからの個々のセンサー (フィールド) データを使用するだけでなく、大気質に影響を与えるより多くの要素を接続する方法を検討して、IoT とビッグデータを組み込む必要があります。

#2:情報を活用する消費者市民

情報を活用する消費者は増加し、個人の健康と安全を含む生活のほぼすべての分野で、すぐにアクセス可能な、リアルタイムで正確なデータの需要が増加しました。環境データは、大量の環境データを収集する機能を提供する信頼できるソースを介して、より入手しやすく、アクセスしやすくなってきています。

#3:より多くのセンサー

3 番目に考えられることは、#2 の情報提供者の増加、および #1 のビッグデータと関連しています。 データの必要性は、より多くのセンサーがより多くのデータを提供すると考えられるため、個人用の小さなセンサーの購入につながる可能性があります。ただし、センサーは特定の場所で、特定の時間に大気の質を測定するため、範囲を広げるには、これらの測定の一般化が必要です。空気の質は 1 日の中で天候よりも速い速度で変動するため、空気がより汚染される時間があったり、短期間でさまざまな地域が異なる影響を受けたりする可能性があります。さらに、日中は空気の質が劇的に変化する時間帯や地域があります。

Q:スマートシティの上位3つの技術トレンドは何ですか?

トレンド #1:データレイヤーの構築 – 接続されたセンサー

小型で安価な接続センサーが市場に登場していますが、市町村/政府が配備する公式の大気監視ステーションよりも、精度と規制が劣っています。これらのより広範囲に設置されたセンサーから収集されたデータは、大規模な (オープン) データの収集をさらにサポートしますが、現存する確立されたセンサーと組み合わせた場合のみ有効になります。さらに、ビッグデータや機械学習モデルの代わりではなく、追加のデータソースとしてデータを組み込むことが重要になります。小型のセンサーは現在のトレンドであり、おそらく将来は大部分を占めることになりそうですが、既に多くの政府が、既存のインフラストラクチャとビッグデータの力を結集できるパートナーと共に、多くのことを行っています。

トレンド#2:電気自動車 (EV)

電気自動車やドローンもスマートシティに貢献しています。市民がより効率的かつ潜在的に健康になる傾向にあり、その効率はより良いエアクオリティ、より良い健康につながります。

トレンド#3:より良い空気の監視と品質

リアルタイムおよびロケーションベースのエアクオリティ監視は、市民が屋内または屋外でどのように時間を過ごすかについて、より適切な情報に基づいた選択を行うことに貢献できます。最後に、接続されたデバイスは、人々の身近な環境の空気をきれいにし、人々が有害な大気汚染物質にさらされるのを減らすことができます。

機械学習とビッグデータを組み込むことで、人々が呼吸する空気の全体像をより完全に把握することができます。たとえば、BreezoMeter は、独自の空間アルゴリズムを最先端の分散アルゴリズムと組み合わせ、1 時間あたり 71 億の化合物、13 種類の汚染物質の濃度を計算し、300 メートル以内の精密で均一な大気質指標 (AQI) を提供します。これはリアルタイム分析のユニークさであり、将来のスマートシティの市民が妥協することはありません。

CEATEC 2019 出展のご案内

この度弊社と BreezoMeter 社は合同で、幕張メッセにて 10月 15日(火) から 18日(金) まで開催の「つながる社会、共創する未来」 を開催テーマとした CPS/IoT の展示会 CEATEC 2019 に出展いたします。

日時: 2019年10月15日 (火) ~ 18日 (金) 10:00 ~ 17:00
会場: 幕張メッセ 千葉市美浜区中瀬2-1
出展エリア: Co Creation PARK (JETRO Global Connection ゾーン)
小間番号: C078-011 (ホール 8)
入場料: 無料*
入場登録サイト: https://reg.jesa.or.jp/?act=Form&event_id=9

展示ブースでは、大気質データおよび花粉飛散データを API でを提供する BreezoMeter 社のサービスをご紹介しています。また、会場限定のお得なキャンペーンも行っておりますので、お見逃しなく。

会場へお越しの際には、是非、弊社ブースにお立ち寄りいただき、エアクオリティ API のエキスパート BreezoMeter のサービスに関してお気軽にお尋ねください。

*全来場者登録入場制となりますので、来場をご希望の方は上記 URL より入場事前登録をお願いいたします。

BreezoMeter 製品の詳細は、弊社 Web サイトをご確認ください。


記事参照:
© 2019 BreezoMeter

2018 年 4 月 25 日

Why Air Quality Data Matters to The Future of Smart Cities