製薬会社が花粉データで顧客を支援する方法

アメリカ人の 30% 以上とヨーロッパ人の 40% が季節性アレルギーの影響を受けています。日本においての花粉症有病率は 30% に及びます。このようなアレルギー患者の 4 分の 3 がアレルギー治療薬を購入し、2025年までに年間 400億ドルを超えると予想されています。

多くの製薬会社は、消費者が、あるタイプのアレルギー治療薬を購入し、それから明白な理由もなく別のタイプのアレルギー治療薬に切り替える傾向があることで、顧客と強い関係を築くのに苦労しています。これらの企業の多くは、どのように顧客との強く長期にわたる関係を築くことができるアプローチするか、再検討し始めています。

製薬会社と顧客との関係を理解する

製薬会社が顧客ロイヤリティを高めることができるかどうかは、顧客との信頼関係を築く能力にかかっています。残念ながら研究によると、個人の 14% だけが自分の薬の提供者と何らかの関係があると感じており、7% 未満が自分の持っている関係を「良い」と特徴付けています。

2016年、医療 DTCA (処方薬の消費者への直接広告) への支出は 100億ドルを超え、医療広告全体の 3 分の 1 以上を占めました。このマーケティング手法では、製薬会社と顧客の間に橋を架けられないことがよくあります。実際に、宣伝されている薬を購入する代わりに、医師を訪問するように人々を促すことで、逆効果をもたらす可能性があります。多くの場合、これらの医師は元の製品を処方せず、代わりに安価なジェネリック医薬品を処方します。

製薬会社が一つのアレルギー薬に対する顧客ロイヤリティをキープし続けたい場合、彼らは顧客により個性的なブランド体験を提供する必要があります。理解しやすいだけでなく有益な教育リソースを顧客に提供することは、最も効果的な方法の 1 つです。これらのリソースが患者の転帰を有意義に改善する限り、顧客と製薬会社にとってそれは同等に有益である傾向があります。

すべてのアレルギーアプリが同等に作成されているわけではありません

多くの製薬会社は、花粉データをアレルギー患者に役立つ情報を提供する方法で統合する、Klarify.me のようなアレルギーに焦点を当てたスマートフォンアプリの開発をしています。一部のアプリでは、ユーザーがアレルギーの引き金を特定するために 1日を通して症状を記録できたり、他のアプリでは、事前に決められたスケジュールに従って薬を服用するように警告するアラートなどの機能でユーザーが薬を管理できるような機能があります。

このようなアレルギー関連アプリは、花粉情報を監視しようとする個人に付加価値を提供しますが、データを実用的なものとするのは容易なことではありません。多くの人、特に安全のために毎日アレルギー薬を服用している人は、過剰な薬の副作用について心配しています。

ハイパーローカルな花粉データの価値とは:パーソナライズされたエクスペリエンスの提供

ユーザーベースの価値を高める方法として花粉データを利用しようとする製薬会社にとって重要なことは、花粉データだけでなく、特定のニーズ、敏感度、好みに合わせた情報が必要だということです。そして、このパーソナライズされたアプローチが、本当の付加価値を表しているのです。

良いデータを提供するのは簡単な作業ではありませんが、BreezoMeter のハイパーローカルな花粉 APIは、植生土地被覆、監視ステーションからの花粉指数、排出モデルなどのさまざまなソースからデータを収集するように設計されています。その後、この情報は処理、モデル化され、ユーザーに包括的な、ロケーションベースのわかりやすい情報として提供されます。

BreezoMeter の花粉データの「見える化」とハイパーローカルな性質により、情報とその潜在的なユースケースを独特なものにします。以下に示す例のように、非常に視覚的なヒートマップを展開することにより、製薬会社は、花粉や大気質の変化などの非常に複雑なテーマを、ユーザーにとってより直感的な方法で提供できます。

米国を本拠地とするハイキングガイドの会社である AllTrails は、この種の情報を利用して、アレルギーに敏感なハイキング愛好家が花粉飛散指数の特に多いときに特定のコースを回避できるようにしています。

まとめ

製薬会社は、ハイパーローカルな花粉情報とパーソナライズされた花粉情報を統合することにより、顧客に花粉のレベルが自分の場所で増加する時間帯を理解させ、アレルギー患者に空気中の特定の花粉の種類と個人的に敏感な種類について教育することができます。

このようにして、未来志向の製薬会社は、アレルギーに敏感な個人の生活をはるかに楽にし、有意義で長期にわたる顧客との関係を築く可能性を高めることができます。

BreezoMeter 製品の詳細は、弊社 Web サイトをご確認ください。


記事参照:
© 2019 BreezoMeter

2019 年 8 月 20 日

How Pharmaceutical Companies Empower Customers with Pollen Data