天候と花粉の関係と、それが及ぼす影響

乾燥した天候や雨は花粉数を増加させる可能性があります。そこで、正確なリアルタイムデータは、アレルギー症状を防ぐのに役立ちます。

毎年の春になると、暖かい天気と芽や花とともに、花粉がやってきます。花粉はすべての屋外の表面を淡黄色の色合いで散布するため、厄介なものですが、アレルギー患者にとっては危険なものなのです。

季節性アレルギーとは、花粉に対する免疫系の反応であり、炎症反応を引き起こすだけでなく、粉塵や大気汚染などの他の有害な引き金を起こしやすくします。米国の成人の30%、米国の子供の 40% にも及ぶ多くの人々にとって、花粉は鼻づまりとくしゃみを悪化させます。

しかし、高い花粉レベルへの接触は、喘息患者の入院の増加や、胎児の早期喘息のリスクの増加にも寄与する可能性があります。さらには、致命的なアレルギー発作を引き起こすことさえあります。

花粉に関連するリスクは実在するものですが、顧客や患者が春の時期ずっと屋内で過ごすようにする必要はありません。その代わり、天気が花粉飛散数にどのように、そしてなぜ影響するかを理解することが重要です。そうすることにより、外で時間を過ごしたいときや窓を閉めたままでいる必要があるときに、情報に基づいた決定を下せるようになります。

花粉の理想的な気象条件

花粉は、樹木、芝、草などの植物の雄性肥料です。繁殖を成功させるには、花粉粒が雌花に届く必要があります。一部の植物は花粉の移動を風に頼っていますが、このプロセスはターゲットが定まっていないため、これらの植物は数十億粒の花粉を放出して、それらの一部が雌花に届くようにする必要があります。 異なる系統の花粉は、それらが由来する植物の種や地域の気候によって決まり、異なる時期に発生します。特定の木の放出期間や植物密度などの他の要因も、特定の場所での特定の花粉の集中と構成に影響を与える可能性があります。

さらに、花粉飛散数は天候によって異なります。たとえば、乾燥した風の強い天候は、植物から花粉が放出される理想的な条件を提供します。極小でとても軽い花粉は、風の強い状況で空中に浮かび、長距離を移動します。

これが花粉の監視が難い一つの理由です。素敵な春の日に侵入し、目に見える範囲に花粉樹木がなくてもアレルギー発作を引き起こすことがあります。またこれは、アレルギー性喘息の患者が、特に屋外で運動するとき、冷たい空気や乾燥した空気が症状を高める可能性があることに気付く理由でもあります。

花粉は雨の日にも飛散します

乾燥した気候で花粉飛散が活発になる場合、雨がそれを中和する可能性があることは理にかなっていますが、実際はそうではありません。雨が花粉を洗い流すという一般的な考えは完全に間違っているわけではありませんが、全体像を描いているわけでもありません。雨は花粉を洗い流すことはできますが、「浸透圧ショック」と呼ばれるプロセスで、花粉の塊を小さな粒子に砕き、さらに花粉粒を小さな破片にする可能性があります。このような花粉粒の小さな破片はより長い距離に運ばれ、患者のアレルギー症状を増加させる可能性があります。

さらに、雨はまた、もう 1 つの一般的なアレルゲンであるカビ胞子の季節的な増加につながる可能性があり、雨が降っている間にカビの胞子数は倍になります。

大気汚染と花粉の関係

ここ数十年で、花粉アレルギーはより一般的になり、今まで経験したことのない多くの人々が、春に深刻な影響を受けています。これは特に都市部に当てはまります。人口の密集した都市にはそれほど多くの植物や木はありませんが、これらの地域の大気汚染の増加は花粉の影響を悪化させ、より多くの人々がアレルゲンに敏感になる可能性があります。実際、都市部における花粉症の有病率は、主に CO₂ の増加により、2014年から 2015年にかけて 50% 増加しました。

花粉アレルギーは不快で危険なだけでなく、その治療は決して安くはありません。米国では、花粉治療に年間 180億ドルを費やしていますが、これらの治療薬の多くは患者を完全に救うものではありません。幸いなことに、アレルギー患者は春を楽しむために必ずしも高価な薬に頼る必要はありません。正確なリアルタイム花粉データは、必要な場面で情報に基づいた行動をとるのに役立ちます。

花粉指数は毎分そしてストリートごとに変化し、花粉は動的であるため、患者は症状を改善するために十分な情報に基づいて行動するために、リアルタイムで花粉飛散指数を確認する必要があります。優れたデータがあれば、春に窓を閉めた状態で引きこもる必要はありません。安全な時期に春の素敵な天気を楽しむことができます。

花粉は、公衆衛生の問題であると同時に経済的な問題でもあります。消費者、ヘルスケア企業、運営団体はすべて花粉問題の利害関係者であり、より良い環境データへの投資が解決策となります。

BreezoMeter 製品の詳細は、弊社 Web サイトをご確認ください。


記事参照:
© 2020 BreezoMeter

2019 年 5 月 30 日

How Weather and Pollen Work Together to Make Us Sick