Kong Gateway 2.0 の GA 版をリリース!

前回のメジャー オープン ソース リリースから 1 年をかけた開発を経て、Kong 社のフラッグシップ オープンソース API ゲートウェイの次のチャプターとなる Kong Gateway 2.0 の GA 版のリリースを発表いたします。

このリリースでは、新しいハイブリッド モードにより、オンプレミスやマルチクラウド環境での大規模なデプロイメントにおいて、Kong は今までよりさらに運用上の非依存性が高まりました。さらに、Go 言語 (Golang) の PDK サポートにより、プラグイン開発もより言語非依存に近づきました。

今回のリリースのハイライトは以下のとおりです。

ハイブリッド モードのデプロイメント

データ プレーンとコントロール プレーンの分離 (CP/DP) としても知られるハイブリッド モードでは、Kong のプロキシをどこにでも効率的に、かつセキュアにデプロイでき、クラスター全体をシングル ポイント (コントロール ポイント) から制御できます。このモードでは、データ プレーンのノードはデータベースに接続せず、代わりにコンフィギュレーションは必要に応じてコントロール プレーンから管理、プッシュできます。この機能により、運用コストを軽減しながら、大規模な Kong クラスターのセキュリティやパフォーマンスを大幅に改善できます。ハイブリッド モードをデプロイするには、該当するドキュメントをご参照ください。

Go 言語の PDK サポート

Kong のプラグイン作成においては、Lua が事実上の標準言語となっています。Lua は優れたパフォーマンス性を持ち、埋め込みが容易ですが、開発者エクスペリエンス、サード パーティー ライブラリ、また一般的な人気といういう点においては欠けています。Kong Summit 2019 では、Kong の Go プラグイン サポートを発表し、開発者がプラグインの開発全般に Go を使用できるようになりました。

手掛かりとなるように、Go プラグイン開発ガイド Go プラグイン開発キット (PDK) のドキュメントも準備しました。開発者のみなさんからどんなプラグインが出てくるか、非常に楽しみにしています。

ACME (Let’s Encrypt) のサポート

過去数年間のうちに、この業界ではエンドツーエンドの暗号化が強く推進されてきました。TLS 証明書を自動的にプロビジョニングし、管理する機能を提供するサービスにより、いまやサービスの HTTPS 暗号化はオプションではなく、必需品とみなされるようになりました。Kong Gateway 2.0 では、新しい Automatic Certificate Management Environment (ACME) v2 プロトコルのサポートと Let’s Encrypt の統合により、エンドツーエンドの HTTPS がこれまでになく容易になりました。プラグインを有効にするだけで、Kong が証明書管理ライフサイクル全体を管理します。興味のある方は、ACME プラグインのドキュメントをご参照ください。

その他の改善点

上記のリストは、新規バージョンにおける新機能、修正のほんの一部にしか触れていません。その他すべての変更点については、2.0.0 Changelog も併せてご参照ください。

Prometheus プラグインのパフォーマンス向上

Kong のエンジニア チームによる賢明な微調整の結果、Prometheus プラグインが (秒ごとのリクエスト数において) これまでの 2 倍のスピードで実行可能となりました。

NGINX ディレクティブ挿入の拡張サポート

http とストリームのサブシステム両方に、新しくディレクティブ挿入のコンテキストが追加され、カスタムの NGINX テンプレート作成の必要性を解消し、アップグレードの互換性が向上しました。

Kubernetes との互換性

最新リリースの Kong for Kubernetes 0.7 は、そのままで Kong Gateway 2.0 と互換性があります。Kong for Kubernetes をぜひお試しください。

アップデート パス

2.0 のリリースに伴い、Kong Gateway 1.5 も同時リリースしました。1.5 は、古いバージョンの Kong Gateway と、API エンティティからサービス/ルートへの移行ツールを備えた新しい 2.x シリーズとのブリッジとして機能します。

Kong Gateway の 0.x バージョンから 2.x への直接のアップグレードはサポートされていません。0.x バージョンのユーザーは、2.0.0.にアップグレードする前に、0.x から 1.5 にアップグレードする必要があります。
今後は、0.x バージョンのサポートを公式に終了いたします。

次のチャプターへ

Kong の社員と素晴らしいコミュニティの貢献者のみなさまが、今回のリリースのためにどれだけ尽力してきたかは言うまでもなく明らかです。現時点で Kong Gateway 2.0.0 はダウンロード可能ですので、多くのユーザーに試していただきたいと思っています。また、Kong Nation ではみなさまからのフィードバックをお待ちしております。今後の Kong コミュニティ イベント情報もどうぞご確認ください。


Kong Enterprise の概要、価格、およびライセンス体系などの詳細は、こちらを参照してください。デモをご希望の方は、こちらよりお問い合わせください。


記事参照: 2019 年 1 月 21 日
© Kong Inc. 2020
Kong Gateway 2.0 GA!