車の交通量と汚染の関係性

ロックダウンされている多くの都市部では、全体的なエアクオリティーが改善されていますが、これは大気汚染がなくなったことを意味するものではありません。汚染物質は、天然と人工の両方のさまざまな発生源から発生します。この現実は、道路上の車が少ない場合でも、大気汚染が私たちの周りにあることを意味します。実際には、いくつかの呼吸の危険性が高まっているのです。

オゾン汚染と「週末の影響」

地上レベルのオゾンは直接放出されません。代わりに、太陽放射 (太陽) の存在下で他の主要な汚染物質から大気中に形成されます。直感的には、オゾンが生成する一次汚染物質 (窒素酸化物 (NOx)、揮発性有機化合物 (VOC)、および一酸化炭素 (CO)) の濃度レベルが低下すると、自動的にオゾンレベルが低下すると考えられます。

ただし、これは常に当てはまるわけではありません。また、窒素酸化物と揮発性有機化合物の比率レベルによっても変わります。NOx は車両の排気ガスによって排出される主要な汚染物質であるため、道路上の車が少ないと、空気中の NOx が少なくなる可能性があります。

これが全体の比率レベルに及ぼす影響は、週末などの静かな期間やロックダウン中に、一部の都市の中心部で実際に高レベルのオゾンが発生することを意味します。この現象は、一部の科学者によって「weekend effect」と呼ばれています。

農村エリアはいつもきれいというわけではありません

ロックダウン中のフランスのパリでは、結果として空気中の NO2 のレベルが大幅に低下しましたが、この地域では依然としてかなりのレベルの PM2.5 が検出されています。

一部の人々は、アンモニア (NH3) を含む都市近郊の作物に肥料を使用することが、二次汚染物質として大気中の PM2.5 の生成に寄与していると信じています。

遠くから運ばれてくる影響

特定の場所に大気汚染の直接的な原因がほとんどない場合もありますが、それでも高レベルの大気汚染が検出されています。大気汚染は複雑で動的な現実をもたらします。つまり、住んでいる地域の大気汚染は、別の遠く離れた場所から発生している可能性があります。実際、この影響はロックダウン期間中に多くの場所で見られました。

たとえば、キングス・カレッジ・ロンドンによると、ロンドンでは、数日にわたってヨーロッパ本土から運ばれる汚染物質の結果として、高レベルの大気汚染が見られます。

花粉の季節にはヘルスケアの負担が増える

春になり、多くの花が咲き、多くの季節性アレルギー患者の症状も戻ってきました。

花粉シーズンの間、予期せぬ接触が深刻な喘息発作の可能性に寄与するので、アレルギー性喘息は重大なリスクをもたらします。喘息患者は、花粉レベルの最新情報を常に把握し、季節性アレルギーに苦しんでいる場合は症状を管理するために特に注意を払う必要があります。

アレルギーの季節は、すでに負担のかかっている医療システムにさらに負担をかけるリスクもあります。実際に、米国と英国全体で、アレルギー症状を初期の COVID-19 症状と混同し、待合室がいっぱいになり、検査に対する需要が高まるという報告がありました。

テキサス州南部のある家庭医は、次のように述べています。

特にウイルスが拡散し続けている今、COVID-19 専用の検査と治療のためのリソースが限られているため、ウイルスがあると誤って信じている患者がいることは重大な問題です。

英国では屋外でのバーベキューも禁止

煙の吸入によってもたらされる危険性により、英国の一部の政策立案者は、より脆弱な隣人への配慮から、焚き火やバーベキューをしないように住民に助言しました。

もちろん、気温が上昇するにつれて、山火事や煙に関連する汚染の季節的なリスクが高まります。世界の一部が季節的な火災の季節に移行するにつれ、災害管理の人手不足など、多くのロジスティックな質問に直面する可能性があります。

晴れの日でもほこりはなくなりません

暖かくなるにつれ、外出や遠くへ旅行の機会が増えてくる時期です。しかし、温暖な気候は、一般的な大気汚染物質を洗い流すために必要な雨が少ないということになり、砂塵嵐などの有害な健康への影響にさらされることになります。一般に、風は大気汚染を私たちから遠ざける味方となったり、大気汚染を私たちに近づけたりする敵となるのです。

2月の終わりに、サハラからの赤い砂の雲がカナリア諸島を完全に圧倒し、視界を大幅に低下させ、呼吸の問題を抱えた住民に注意が促されました。

昨年の 4月には、サハラ以南のアフリカの同じ塵がスコットランドまで達し、「blood rain」として降り、落下したすべてのものに赤い堆積物を残しました。

まとめ

脆弱なグループ、特に呼吸器疾患の患者にとっては、警戒を怠らないことが重要です。大気汚染は引き続き深刻な呼吸の危険であり、私たちの周りでも定期的に変化しています。特に世界的に COVID-19 の影響が懸念されている今、今いる場所でリアルタイムの大気質情報にアクセスして、自分の個人的な汚染との接触を管理するための対策を講じる必要があります。

BreezoMeter 製品の詳細は、弊社 Web サイトをご確認ください。


記事参照:
© 2020 BreezoMeter

2020 年 4 月 14 日

Fewer Cars on the Road Doesn’t Mean There’s No Pollution