Kong Konnect リリースのお知らせ

サービス コネクティビティの将来を担う新製品、Kong Konnect をリリースする運びとなりましたことをお知らせいたします。

Kong Konnect は、クラウド ネイティブ時代に向けてゼロから設計され、サービスとして提供される唯一のフルスタック コネクティビティ プラットフォームです。マイクロサービスへの移行を加速し、API とサービスを保護および管理して、開発者は API とサービスを迅速に設計、公開、利用できるようになります。

エンド ユーザー時代に向けたサービス コネクティビティ 

Konnect は、開発者、アーキテクト、オペレーターにとってそれぞれ特有のニーズを念頭に、ゼロから構築されました。SaaS ベースの管理プレーンと ServiceHub 内における各ユーザーのワークフローは、効率を高め、アプリケーション開発を加速化し、信頼性と安全性の高いエクスペリエンスを保証するように慎重に構築されています。

最も重要なのは、Konnect により、Kong がお客様に新しいイノベーション、拡張機能、アップデートをさらに迅速に提供できるようになるという点です。お客様のチームがより速く動き、より多くを提供することを目指すのに合わせ、私たちもさらなる進歩を支援するために躍進してまいります。

Kong Konnect は、エッジ、アプリ間、チーム間、および各アプリ内で、フルスタック全体のすべてのユーザーにサービスとして信頼性の高いコネクティビティを提供することにより、これらの課題に対処します。 Konnect は、次の 5 つの主要コンポーネントを提供します。

Runtime Manager を使用すると、ユーザーはわずか数回のクリックで、Kong のバトルテスト済み API ゲートウェイ、Kubernetes Ingress、およびサービス メッシュ ランタイムを任意の環境で即座に起動できます。これにより、Konnect ユーザーは、プロビジョニングから運用までのライフサイクルを 100% 一貫した方法で管理しながら、サービスの信頼性を最大化できる、クラス最高のパフォーマンスとスケーラビリティを提供します。

Service Hub – 組織内のすべてのサービスに、統一インターフェイスと包括的なカタログを提供します。Konnect ユーザーは、組織全体でサービスに触れ、発見、利用、管理、配布ができ、発見と再利用の機会を促します。

Vitals – Kong のサービスやトランザクションをリアルタイムでモニタリングし、ランタイム、クラスター、およびそこに内在する個々のサービスの状態を理解することにより、パフォーマンスや信頼性を最適化できます。

Dev Portal – 個々の開発者ポータルへのサービス公開を可能にし、組織内外の開発者向けのカスタムメイドなエクスペリエンスを通じて開発者エクスペリエンスを向上し、サービスの利用を拡大します。

Insomnia API Designer – Konnect と Insomnia の統合により、ServiceHub と Insomnia Designer 間のシームレスなエクスペリエンスを提供します。開発者は、ServiceHub で見つけた API の編集、テスト、および調査を 1 回のクリックで瞬時に開始できます。

信頼できるコネクティビティの必要性

1 年以上前に Konnect の構築を開始して以来、世界は大きく変化しました。当時、私たちはコネクティビティがすべてのビジネスの成功にとって最も重要になるという信念を強化していました。COVID-19 のパンデミックに際し、Konnect を構築して対処しようとしていたすべての課題が一夜にして増幅されました。企業や組織は、これまで考えられていたよりもより早く適応し、進化する必要に駆られました。

新しい現実への移行に伴い、2 つの普遍的な真実が浮かび上がってきました。信頼性がエクスペリエンスを決定付け、イノベーションのスピードが勝者と敗者を定義する、ということです。され、これはどういう意味でしょうか?これは、これからの 10 年間で、3 つの基本的なテクノロジの課題がビジネスの成功における中核となることを意味します。

  1. どうすればアプリケーションを桁違いに速く開発できるか?
  2. 本質的な信頼性を獲得するにはどうすればよいか?
  3. いかにしてすべてのエンドユーザーにコネクティビティを提供するか?

Kong では、Konnect がもたらす今後に非常に期待しており、エンドツーエンドのコネクティビティへの道のりには、さらに多くの新しい機能と機能強化が予定されています。Konnect は、Kong Mesh、Insomnia、Kong Ingress Controller などのコネクティビティ ソリューションのポートフォリオだけでなく、IoT デバイスでのローカル デプロイメントを実現する Kong Embedded などの、開発途中のエキサイティングな新しい R&D プロジェクトをも接続する神経系として機能します。

私たちの旅はまだ始まったばかりであり、このコネクティビティの旅で今後も皆さまと一緒に活躍することを楽しみにしています。


Kong Enterprise の概要、価格、およびライセンス体系などの詳細は、こちらを参照してください。デモをご希望の方は、こちらよりお問い合わせください。


記事参照: 2020 年 10 月 7 日
Augusto Marietti
© Kong Inc. 2020
Introducing Kong Konnect