アレルギー関連の製薬会社が顧客ロイヤルティを向上する方法とは

日本人の 2人に 1人は花粉症であると言われています。さらに、世界のアレルギー治療薬市場は、2025年までに年間 400億ドルを超えると予想されています。しかし、この巨大な市場機会にもかかわらず、多くの製薬会社は顧客との永続的で深い関係を築くことに苦労しています。

製薬会社は時間をかけて顧客の信頼を築く必要がある

製薬会社が顧客ロイヤルティをどの程度向上できるかは、エンドユーザーとの深い関係を構築できるかどうかにかかっています。

調査によると、製薬会社と何らかの関りがある感じている人はわずか 14% に過ぎず、持っている関係を「良好な関係」と評価している人は 7% にも満たないという結果が出ています。 これらの傾向は、消費者の行動にも反映されています。1種類のアレルギー薬を購入した後、明らかな理由なく別のタイプの薬に切り替えるのが一般的です。

顧客はパーソナライズされていない広告を信頼していない

2016年には、医療 DTCA 広告 (Direct-to-consumer adbertising) の支出は 100億ドルを超え、医療広告全体の 3分の 1以上を占めました。

このマーケティングアプローチは目立つだけでなく、通常はターゲットを絞っていないため、個人に特に関係がないため、製薬会社と顧客を上手くつなげることができないことがあります。 実際、このアプローチは、宣伝されている薬を買う代わりに医師を訪問するよう人々に促すことにより、逆の効果をもたらす可能性があります。 その後、医療提供者は通常、より安価なジェネリック代替品を処方します。

ヘルスケアにおけるパーソナライズされた体験の価値

製薬会社は、顧客が一つのアレルギー治療薬に忠実であり続けるように説得する必要があります。そのためには、顧客のニーズに対応し、顧客の生活に合わせてカスタマイズされたブランド体験を提供する必要があります。

例えば、ALK の Klarify.Me は花粉データを統合し、季節性アレルギーに悩む人に役立つコンテキストを提供しています。 ユーザーは、1日の症状を記録し、アプリを使って、ブタクサ、樹木、草花粉などの特定のアレルギーの誘因を特定することができます。また、ALK のユーザーは、花粉の飛散量が多い場合に備えて積極的に行動することで、薬の管理を改善することができます。

このアプローチは効果的で、実際に ALK は、敏感な季節性アレルギーに悩む人たちの生活にポジティブな変化をもたらし、アプリの削除数を 50% 削減しました。

ALK のようなパーソナライズされた体験を提供するアレルギーアプリは、花粉飛散指数を自分でモニターしようとしているが、見つけたデータを実行可能な洞察力に変換するのに苦労している個人に計り知れない付加価値を提供します。

個人は当然のことながら、過剰投薬による副作用を心配しています。特に、安全のためにアレルギー薬を毎日服用している人は、これらのカスタマイズされたデジタルヘルス ソリューションによって、アレルギーに悩む患者に大事なお知らせを提供するのに役立ちます。

Pollen Tracking Klarify.me

ハイパーローカルな花粉データが患者とのエンゲージメントを向上

価値を提供する方法で花粉データを利用することを検討している製薬会社にとって重要なことは、人々は花粉データだけではなく、特定のニーズ、敏感性、および好みに適応する情報が必要であることです。

BreezoMeter のハイパーローカル花粉データは、さまざまなソース (植生の土地被覆、監視ステーションからの花粉数、排出量モデル) から情報を収集します。 次に、この情報を処理およびモデル化して、APIで統合でる、花粉の洞察をライブで予測し、包括的に、ロケーションベースで、簡単に解釈できるようにします。

この情報を活用することで、先を進む製薬会社は、アレルギーに敏感な個人の生活をはるかに容易にし、エンドユーザーとの意味のある長期的な関係を築く可能性を大幅に高めることができます。

BreezoMeter 製品の詳細は、弊社 Web サイトをご確認ください。


記事参照:
© 2020 BreezoMeter
2020 年 9 月 7 日
How Do Allergy Pharmaceutical Companies Build Customer Loyalty?