大気汚染ヒートマップを統合する理由

BreezoMeter の色分けした汚染ヒートマップは、最も利用されている BreezoMeter の機能の一つで、 BreezoMeter が常に重要視している活動の一つです。誰もが簡単に理解し、行動に移せるように、大気質を高度に可視化しています。

汚染ヒートマップの背景にある大気質モニタリング技術: モデルの中のモデル

大気汚染ヒートマップの可視化では、5 メートルという比類のない解像度でクエリをサポートするために、政府公認の監視ステーションや低コストのセンサーに加えて、多数のリアルタイム データソースから情報を取得しています。BreezoMeter の追加データレイヤーには、衛星データ、火災煙拡散モデル、交通、気象、気象情報などが含まれます。その後、高度に洗練されたアルゴリズムと機械学習を導入し、汚染物質がどのように分散するかを計算しています。

また、リアルタイムの交通の流れに基づいて、Traffic Vectors ヒートマップ レイヤーを組み込みます。12 分ごとに、1,000 万か所の交通渋滞エリアから排出される大気汚染を計算し、この情報を世界中の 30,000 以上の都市で報告します。

BreezoMeter の汚染ヒートマップの主なメリットは何ですか?

比類のない解像度と精度

汚染ヒートマップ ソリューションの背後にあるデータが、使用する目的に合わせて十分な精度でない場合、センサー間の補間問題、円、滑らかさの問題などにより、可視化が非現実的に見えてしまいます。

BreezoMeter は、5 メートル間隔で大気汚染をレポートできる唯一のプロバイダーであり、膨大な計算能力を必要とします。5 億点の地理的グリッドポイントが 1 時間ごとに計算され、1 時間ごとに 60 億以上の汚染物質濃度と AQI の計算が行われています。

汎用性の高い可視化

BreezoMeter は大気汚染モニタリングに独自のアプローチを採用しているため、ヒートマップの可視化に関しては、他のプロバイダーが提供しているものよりも多くの選択肢をユーザーに提供することができます。

1 つのヒートマップに複数のレイヤーと異なる汚染物質を表示するか、別々に表示するかを選択することができ、たとえば、交通汚染を個別に表示することを選択できます。

有害な粒子状物質汚染を掘り下げることが可能に

PM2.5 は特に危険な汚染物質で、肺や血流に入り込み、体のあらゆる部分に悪影響を及ぼします (粒子状物質汚染についてはこちら)。このため、私たちは PM2.5 専用のヒートマップを開発し、企業が特にこの汚染物質にズームインできるようにしました。

PM2.5のヒートマップは、視覚化が必要な場合に、特にお勧めの優れた追加機能です。

  • 山火事の煙: 山火事は PM2.5 の膨大な発生源です。煙がどのように移動するかを可視化したい場合は、これらのヒートマップが役立ちます。
  • 都市の防衛: 交通量、家庭用暖房、焚き火はすべて、都市部での PM2.5 の原因となります。室内空調システムメーカーは、ユーザーが空気ろ過が必要な理由やタイミングを理解できるように、この汚染物質の可視化を支援することに特に興味を持っているかもしれません。また、粒子状物質汚染の有害な影響から顧客を守るために、保険会社や医療会社が PM2.5 の情報を利用するケースも増えています。
  • 東南アジアにおけるヘイズ: PM2.5 は、一部の国で行われている「焼畑」農法が原因で、東南アジアでは特に大きな季節的な問題となっています。これには、通常、農家が耕作のための畑を準備するために木や植物を燃やすことが伴います。

簡単な統合と互換性

BreezoMeter のヒートマップは、すぐに使える製品ソリューションとして提供されているため、統合したその日からすぐに使用することができます。他のマップ ソリューションとは異なり、必要なのは開発者の 30 分程度の時間だけです。また、BreezoMeter の汚染ヒートマップは、Google や Mapbox などの一般的な地図サービスをサポートするように設計されています。

カバレッジ

すでに説明した高度な粒度に加えて、ズームアウトした可視化や国際的なカバレッジのための様々な機会を提供しています。ヒートマップは現在 100 カ国以上で利用可能であり、将来的にはいつでも拡張することができます。

BreezoMeter 製品の詳細は、弊社 Web サイトをご確認ください。


記事参照:
© 2021 BreezoMeter
2021 年 2 月 17 日
Why Integrate Air Pollution Heatmaps?