テスト自動化入門

すべての企業は、デジタル企業です。何年も前からオンラインで商品を販売している伝統的なEコマース企業、最近では遠隔医療のためにオンラインでの訪問を加速させる必要があるヘルスケア企業、Covid によってビジネスモデルが劇的に変化した企業など、デジタルトランスフォーメーションの必要性はここにあると言えるでしょう。  

電子書籍『The Future of Test Automation』の第1章では、なぜソフトウェアをより早くお客様にお届けしなければならないのか、そのためにはこれまでのソフトウェアの作り方を変えなければならないのかについて説明しています。今日の世界では競争が激しく、お客様はあなたを待つための忠誠心を持っていません。 開発プロセスの根本的な変更が必要です。ウォーターフォール手法を使い続けると、納品サイクルに非効率性が生じます。この方法では、ボトルネックや遅延が発生し、イノベーションが阻害されてしまいます。 驚かれるかもしれませんが、2020 年の第 3 回ソフトウェアテスト調査では、調査対象となった組織の 21% がまだウォーターフォール手法を使用していることがわかりました。  

リリース頻度の高いアジャイルや Dev/Ops 手法に移行することで、製品のフィードバックを継続的かつタイムリーに受け取ることができます。 そのためには、開発サイクルの各段階で品質を高める必要があり、必要なデータを得て、それに応じた対応をすることができます。これはさらに、開発者が煩雑なプロセスやツールを使わずに、より品質を追求することを可能にします。その結果、納期の短縮、コストの削減、そして予測可能なレベルの品質で製品を提供することができます。 

なぜテスト自動化なのか? 

ソフトウェアテストのプロセスを効率化する一つの方法として、テストの自動化があります。 多くの企業は、テストの自動化を導入して、手動によるテストの面倒で時間のかかる部分を軽減しています。 これにより、開発者の時間と労力が節約され、アプリケーションの機能と性能を革新することが容易になります。 

もちろん、テストの自動化によって手動テストの必要性がなくなるわけではありません。多くの組織では、まだ自動化されていない新機能や新しいテストケースを、自動化される前に手動でテストし続けます。さらに、ある種のテストは常に手動で行う必要があります。  例えば、探索的テストを考えてみましょう。 探索的テストでは、既存のテストケースでは対処できなかった不具合を発見します。 テストの自動化が開発者の時間と労力を節約するように、アプリケーションのコア機能のテストを自動化することで、手動のテスト担当者が探索的なテストに割ける時間を増やし、アプリケーションの品質を向上させることができます。このことを理解すると、テストの自動化は、より良い手動テストを生み出すことができるでしょう。 

それは品質に帰結する 

電子書籍『The Future of Test Automation』の第 5 章では、デジタルトランスフォーメーションを進めていく上で、組織が心に留めておくべき中核的な品質原則について説明します。テストを加速させ、QA プロセスを完了するだけでは不十分です。組織全体で品質への取り組み方を見直さなければなりません。ほとんどの組織がたどり着く根本的な認識は、品質は共有の責任であるということです。開発、製品管理、DevOps、そしてもちろん QA まで、組織の全員が品質に対する考え方を受け入れる必要があり、テスト自動化はその戦略の重要な要素となります。 

この電子書籍では、デジタルトランスフォーメーションを支援するために使用するツールの指針となる「品質原則の中核」について説明しています。 

  1. ユーザー中心 – ジョブ実行者に焦点を当てたもの 
  2. フリクションレス – 試して、購入して、導入するのが簡単 
  3. バランス – ユーザー、チーム、企業のバランス 
  4. 共同 – より良いプロセスとチームワークを可能にする 
  5. オープン – 標準ベースの相互運用性 

テスト自動化の課題

テストの自動化に伴うリスクとして、テストスクリプトやテスト結果のバージョン管理や長期的なメンテナンスが必要になります。これは、開発サイクルの初期段階でテストを自動化しようとした場合に問題となります。設計やメンテナンスが不十分なテストスクリプトに頼ってしまうと、自動化テストプロセス全体が開発者やテスト担当者に拒絶されてしまう可能性があります。このリスクは、テスト自動化の利点を上回るものではありません。特に、チームが適切な自動テストツールやフレームワークを使用している場合はなおさらです。 

また、UI テストは本質的に脆いものです。自動テストでは、オブジェクトのプロパティが頻繁に変更され、テストがこれらのオブジェクトのプロパティと密接に結びついているため、しばしば失敗します。当社の社内データによると、75% のテストがオブジェクトの欠陥検出のために失敗しています。この結果、テストのメンテナンスに多くの時間が費やされ、テスト自動化の価値を十分に発揮することができません。   

テストのメンテナンスを支援するツールに投資することで、これらの課題に対処することができます。ツールの中には、動的なプロパティに起因する予期せぬエラーを自動的に特定し、代替案を提案する機能を備えたものがあります。これにより、テストが失敗するのを防ぎ、テスト実行後に修正を受け入れる機会を与えることで、失敗を検討する時間と労力を節約することができます。TestComplete に搭載されている AI による自己修復機能では、95% の成功率を達成しています。

テスト自動化の利点と投資利益率(ROI) 

これまで、開発チームや QA チームの効率を高め、より価値の高い作業に集中できるようにすることについてお話してきました。さらに、テストの自動化によって、UI テストの深度と範囲が拡大し、ソフトウェア全体の品質向上につながります。製品リリース前に品質を向上させることで、リリース後のバグ修正の必要性を減らし、多くのコストを削減することができます。  

テストカバレッジの向上により高品質な製品が得られるだけでなく、UI テストを自動化することで、テストサイクルが短縮され、納品までのスピードが向上することは間違いありません。 ある SmartBear のお客様は、TestComplete を使用して UI テストを自動化することで、一部のアプリケーションのテスト期間を 4 か月から 3 週間に短縮することができました。 アプリケーションの市場投入までの時間を短縮することで、より迅速なイノベーションが可能になり、競争上の脅威を先取りして顧客を喜ばせることができます。 

SmartBear がお手伝いします 

デジタル トランスフォーメーションの過程で、どのような状況にあっても、より効率的な方法を導入する余地は常にあります。 UI テストの自動化は、アプリケーションの全体的な品質を向上させながら、テストサイクルを短縮する優れた方法です。  The Future of Test Automation (テスト自動化の未来) についての詳しく知るか、TestComplete の無料トライアルをダウンロードしてください。 

GUI テスト自動化製品 TestComplete の製品詳細は、こちら

TestComplete 30日間無料評価版ダウンロードは、こちら

この資料は、SmartBear の Blog で公開されている「Test Automation 101」の日本語参考訳です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする