手動の UI テストを高速化するためのヒントをご紹介

ユーザーインターフェーステスト (UI テスト) は、ソフトウェア開発プロセスの中でも重要な役割を担っています。ユニットテストや統合テストはコードレベルでの動作を保証するものですが、UIテストはユーザーの立場から最適な体験を保証する唯一の方法です。唯一の難点は、これらのテスト、特に手動テストの作成と維持に時間がかかることです。

ここでは、手動の UI テストを高速化する 4 つの方法と、自動化の追加を検討する理由を見てみましょう。

#1. 焦点を絞る

ほとんどの企業ではテストリソースが限られており、手動での UI テストはすでに集中的なプロセスとなっています。そのため、テストの対象を絞り込み、優先順位をつけることが重要です。

リスクベーステストは、相対的なリスクが最も高い不具合のテストに集中するという一般的なアプローチです。 

頻度が高く、影響が大きい不具合の典型的な例は、パスワードリセットプロセスの不具合です。ユーザがパスワードをリセットしようとすると、その頻度は一定で、アプリケーションからロックアウトされたときの影響は壊滅的です。相対的なリスクが高いため、パスワードリセット機能のテストは優先的に行うべきです。

リスクベースのテストを実施するには、各テストケースを、X 軸が機能の影響度、Y 軸が発生頻度を示すグラフにプロットします。手動の UI テストでは、右上の象限に現れるテストケースから始めて、左下の象限に向かって作業を行うべきです。そうすれば、リスクを恣意的に割り当てるのではなく、リスクを最小化するためにテストを使用することになります。

#2. 常にチェックリストを使う

アポロ 11 号の宇宙飛行士であるマイケル・コリンズは、チェックリストを宇宙船の「第 4 の乗組員」と呼び、どこから見ても真の司令官であると言っています。宇宙飛行士から外科医まで、チェックリストは認知的負荷を軽減し、時計仕掛けのように、すべてのことが *常に* 適切に行われることを保証します。

手動 UI テストも例外ではありません。

ほとんどの UI テストケースには、テストする UI イベント、いくつかのテスト条件、期待される結果などの基本的な情報が含まれていますが、優れたテストケースには特定のチェックリストが含まれています。

例えば、UI テストが適切に実行されるように、ステップバイステップの手順チェックリストや、テストする特定の動的データのデータソースのリストなどを含めることができます。これらのリストは、手動テスト担当者が、不正確な結果につながるプロセスの重要なステップを見逃さないようにします。

これらのチェックリストに加えて、ワークフローのチェックリストを使用して、バグがバグトラッカーに適切に記録され、フォローアップのために開発者に割り当てられるようにすることができます。

例えば、開発者が問題の再現に時間をかけずに迅速に問題を診断できるように、スクリーンショットの作成、ステータスコードの記載、その他の情報の提供などのチェックリスト項目があります。

#3. 基本的なスクリプトで自動化する

多くの手動 UI テスターは、スクリプトを書くことよりも品質保証プロセスに精通しています。彼らは Selenium のようなブラウザ自動化ツールやモバイルテスト自動化ツールには慣れていないかもしれません。これらのツールはすべてのシナリオ (探索的テストや UX テストなど) で必要または適切ではないかもしれませんが、基本的なスクリプトはいくつかのケースで非常に貴重なものになります。

TestComplete の キーワード ドリブン テスト機能

TestComplete を使用すると、コードを記述することなく、自動テストを簡単に構築できます。記録と再生、またはキーワード駆動型テストを使用することで、スキルレベルやコーディングの経験に関係なく、機能テストをすばやく簡単に実行できます。テストを一度記録して、デスクトップ、Web、モバイルのさまざまなテクノロジー スタックで実行し、すべてが確実に動作することを確認できます。

記録と再生の機能をサポートする他の多くのテスト自動化フレームワークとは異なり、TestComplete のキーワード駆動型フレームワークでは、コーダーではない人でも、技術的ではないキーワードを使用して記録されたステップを簡単にカスタマイズできます。カスタマイズには、テストオブジェクト、アクション、テストデータの分離や、それらの要素を他のテストで再利用することなどが含まれます。

#4. 機能テストの自動化

UI テストの自動化は、コストと時間のかかる取り組みと思われがちです。利害関係者は手動の UI テストプロセスを待ちたがらず、テスト エンジニアは設計を繰り返すたびに脆弱なテストを維持するのに苦労し、開発者は誤検知に苛立つかもしれません。しかし、適切に行われれば、誰もが UI テストの価値を認めることができます。

TestComplete は、アジャイル開発ワークフローにおける UI テストのメリットを引き出すために、3 つの異なる方法でこれらの課題に対処します。

  • 記録と再生の機能により、複雑なスクリプトを使って UI テストを作成する場合と比べて、ほんのわずかな時間で UI テストを作成することができます。
  • AI によるオブジェクト認識機能により、UI テストを合格させるために何時間もコードを書き直すことなく、進化するユーザーインターフェースに対応することができます。
  • 継続的インテグレーションのサポートは、UI テストを Jenkins やその他の CI プラットフォーム、Jira やその他のレポートプラットフォームと簡単に統合できることを意味します。

探索的テストやユーザー体験テストのような分野では、手動による UI テストは常に必要ですが、時間とコストを大幅に削減するためには、機能的な UI テストを自動化する必要があります。これらのテストは、より予測可能なパターンに従っており、TestComplete やその他の UI テストツールを使用して簡単に自動テストに変換できます。

結論

UI テストはコストと時間がかかるというイメージがありますが、これらのコストを削減してメリットを享受する方法がいくつかあります。焦点を絞り、チェックリストを使用し、自動化を導入することで、アジャイル開発プロセスを遅らせたり、コストを増加させたりすることなく、UI テストのメリットを実現することができます。

TestComplete は、ハイブリッドなオブジェクトおよび視覚認識エンジンを搭載した業界初の自動テストツールで、ネイティブな BDD スタイルの Gherkin 構文と、スクリプトまたはスクリプトレスの柔軟性で、あらゆるデスクトップ、Web、モバイルアプリケーションをテストできます。UI テストの対象範囲を簡単に拡大し、高品質で実戦的なソフトウェアを確実に出荷することができます。

今すぐ TestComplete の無料試用版をダウンロードして、開始がいかに簡単かをご自身で確認してください。

GUI テスト自動化製品 TestComplete

この資料は、SmartBear の Blog で公開されている「Try These Hacks to Speed Up Your Manual UI Tests」の日本語参考訳です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする