Kong Summit 2021 で発表された新製品をご紹介します!

Kong Summit 2021 (英語) では、サービス コネクティビティを電力のように簡単に消費し、目に見えないものにすることを目標に、サービス コネクティビティ プラットフォーム全体でいくつかの新製品、機能、性能を発表しました。これらのアップデートには、Kong Istio Gateway インテグレーションの一般提供開始、Insomnia Projects の発表などが含まれます。

このブログ記事では、新製品のリリースについて簡単な概要をご紹介します。

Kong Istio Gateway の一般提供を開始しました!

Kong の基本理念の 1 つに、「真の非依存性」が挙げられます。エコシステムにおけるオープン スタンダードとテクノロジのサポートを確保することは、私たちの核心であり、コネクティビティを電力のように見えなくするという私たちのビジョンでもあります。
今回、Kong Istio Gateway インテグレーションの一般提供開始を発表し、Kong のビジョンをさらに強化することができました。このインテグレーションにより、企業や開発者は、Kong Gateway 最高クラスのパフォーマンスと 75 以上のすぐに使用できるプラグインで、Istio サービス メッシュを強化することができます。

Istio ユーザー向けの機能はそれだけではありません。Kong Istio Gateway を使用すると、Developer Portal (開発者ポータル) や ServiceHub API カタログなど、Kong Enterprise 向け API 管理ツールのスイート全体を使用することができます。これらの機能により、Istio のサービス メッシュを使用している企業は、開発者、運用者、アーキテクトがサービス メッシュを使用しているかどうかに関わらず、一貫したビュー、インターフェイス、エクスペリエンスを提供することができます。

今後もお客様や Kong のコミュニティと協力して、Kong Istio Gateway を強化していきたいと思いますので、是非、製品をご確認いただき、ご意見をお聞かせください。

Kong Gateway 2.6 の発表 (近日公開予定)

Kong 社の原点である Kong Gateway の発表がなければ、Kong Summit とは言えませんが、
今年は大きな発表があります。
API ゲートウェイがエンタープライズで成功するためには、スピードとスループットが最も重要な要素であることを私たちは知っています。今回発表した Kong Gateway 2.6 では、業界最速の API ゲートウェイをさらに高速化し、スループットを 12% 向上させ、レイテンシを 30% 低減しました。

また、お客様から求められているもう 1 つの重要な機能は、API ゲートウェイのレイヤーで高度な変換を実行する機能になりますが、jq は、データ変換を簡単に行うためのフレームワークとして非常に人気があります。ついに、この jq が Kong Gateway 2.6 でサポートされます。
Jq を利用することで、Kong ユーザーはシンプルな Kong のプラグイン インターフェイスを通じて、無数の便利な既存の jq ライブラリを活用できるようになります。

さらに、Kafka プラグインを大幅に強化しました。イベント駆動型アーキテクチャが爆発的に普及している中、Kafka は企業内のストリーミング アーキテクチャを実現する最も一般的な方法になります。Kong Gateway 2.6 では、Kafka プラグインを使用しているユーザーが REST と gRPC を想定したエンドポイントでゲートウェイを使用して、保護および管理ができるようになりました。mTLS による強化された暗号化、合理化された AuthN と AuthZ により、Kong ユーザーは既存のアーキテクチャでよりシームレスに Kafka を使用することができます。

Kong Mesh 1.5 の発表 (近日公開予定)

Kuma と Kong Mesh の開発にあたっては、Kong Gateway で得たすべての知識を製品開発の最優先事項としました。Kong 社では、当初から、使いやすさ、複数のテクノロジに対してのサポート、カスタマイズのしやすさを優先し、簡単に実装できるサービス メッシュを提供していました。また、世界は Kubernetes で始まり、Kubernetes で終わらないと考えていたため、Kuma と Kong Mesh を仮想マシンにも対応させました。

Kong Mesh 1.5 では、Windows のサポートを追加し、コントロール プレーンとデータ プレーンの両方を Windows 上で展開することができるようになりました。これにより、Kong Mesh ユーザーは、Windows のワークロードを Kong Mesh 内で動作するすべての Linux やKubernetes のワークロードとシームレスに通信できる分散型メッシュの一部として実行することができます。
さらに、サービス メッシュの主な利点の 1 つであるセキュリティを考慮して、Kong Mesh 1.5 にロールベース アクセス制御 (RBAC) を追加したため、サービス メッシュのセキュリティと管理方法をより簡単に拡張できるようになりました。アップデートの詳細や、Kong Mesh がサービス メッシュの導入をどのように促進するかについては、是非お問い合わせください。

Insomnia Projects の一般提供を開始しました!

コラボレーションが API (開発) の中核になることは、API 開発者であればご存じかと思います。API は、自分のために設計するのではなく、他人に使用してもらうために設計します。API 設計は複数のチームで複数の人が行うことが多いため、チームや作業の範囲ごとにプロジェクトを整理することが重要です。Insomnia Projects は、API 開発者とデザイナーが共に仕様を考え、テストを行い、全体的に優れた API を設計するための真のコラボレーション エクスペリエンスを提供する第一歩になります。Insomnia Projects のドキュメントをご確認いただき、ぜひお試しください。また、今後さらに強化される機能に関するアップデートにもご期待ください。

WASMx (テクノロジ プレビュー)

API やマイクロサービスをベースとしたアーキテクチャは、イノベーションによって発展し続けています。今回、WASMx のテクノロジ プレビューを発表できることを嬉しく思います。WASMx は WebAssembly 標準の機能を Kong にもたらします。WASMx により、ユーザーはさまざまな言語を使用して Kong Gateway のデプロイメントを自由にカスタマイズすることができます。これにより、ユーザーは全く新しいユース ケースを開拓したり、カスタマイズされたポリシーをより簡単に作成し、高度な自動化を活用して、新製品の市場投入を加速化することができます。私たちは、このプロジェクトが今後どのような素晴らしいものになるのか期待しています。WASMx の利用をご希望のお客様は、是非お問い合わせください。

今回のさまざまな新製品の発表と、来年に向けて構築するKong 製品を考えただけで私たちはワクワクしています。Kong がエンタープライズ向けコネクティビティの構築にどのように貢献できるかなど、Kong Konnect Enterprise の詳細につきましては、お問い合わせください。


Kong Konnect Enterprise の概要、価格、およびライセンス体系などの詳細は、こちらを参照してください。


記事参照: 2021 年 9 月 28 日
Kong 
© Kong Inc. 2021
New Products at Kong Summit 2021 – Kong Istio Gateway, Kong Gateway 2.6, Kong Mesh 1.5 and More!